【キャンプ・車中泊向け】スアオキ(suaoki)のおすすめポータブル電源

ポータブル電源を探していたらスアオキ(suaoki)のポータブル電源が良さそうと感じましたか?

でも、あまり聞いたことが無いのでどんなメーカーなのか不安という方もいるかも知れません。

そこで今回は、スアオキ(suaoki)のポータブル電源の特徴やメリットやデメリットを調査しましたので、ご紹介します。

ヤマノ
ヤマノ

結論を先に言うと、
ピクニックやデイキャンプには「Suaoki S270」
車中泊やファミリーキャンプ用では「Suaoki G1200 」

ソロキャンプ用にはおすすめモデルなし。

この記事の結論
・スアオキの製品はデザイン重視やコンパクトさ、小型モデルで選ぶならおすすめ
 「Suaoki S270(40500mAh/150Wh)」は他社では展開が少ない小容量

・中容量モデルは性能で比較すると同価格帯のジャクリより低いので、
 性能重視ならあえてスアオキを選ぶメリットがない⇒ジャクリのポータブル電源を見る

・アウトドアでも災害時でも安心して使用可能

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

スアオキ(suaoki)とは?

suaokiはどこの国のメーカー?

スアオキ(suaoki)は、2015年に設立された中国のブランドです。

一時期は撤退や消えた?といった声もありましたが、現在は再開しています。

suaoki の製品の安全性と過去のリコール

過去にリコールが発生したことがありますが、現在のsuaokiの製品は「安全」です。

2017年、ポータブル電源「PS5B」の充電用のACアダプターに不備があり、経済産業省によってリコールにかけられたことがあります。

現在はPSE(電気用品安全法による認証)などの日本の基準を満たしているので、「安全」であると判断できます。

ヤマノ
ヤマノ

僕は一度リコールがあったところの方が改善されて、
良いものを作っているイメージです。

とはいえどうしても気になる人は他機種の方が安心できるでしょう。
>>【キャンプ・防災】選ぶべき最強のポータブル電

スアオキ(suaoki)のポータブル電源の特徴

シリーズ種類

suaokiのポータブル電源は、片手で持てるコンパクトなものから停電時も安心な大容量のタイプまでの全10種類があります。

現在購入が可能なのは4種類で、ソーラーパネルによる充電に対応しているのが特徴です。

電池容量(大容量 or 小容量)

電池容量は大容量の1200Whのタイプから、スマホやタブレットの充電には十分な100Whまでの小容量タイプがあります。

定格出力

ACコンセントで100Wから1000Wまで出力できるタイプがあり、純正弦波を出力できるタイプでは家庭用のコンセントと同じように家電製品を使用できます。

ソーラー充電

ポータブルソーラーパネルを接続してソーラー充電をすることができます。そのため、停電や災害などに備えることができます。

また、ソーラーパネルは別売りとなっていますが、ソーラーパネルとのセット購入もあるので、組み合わせに悩む必要はありません。

走行充電

車用電源ソケット(シガープラグ)からの充電が可能で移動中に充電できるため、連泊でキャンプする場合など、充電場所を探したり、充電するのを待つ時間は必要ありません。

寿命・耐久性

正式な寿命は販売ページに明記されていないようですが、使用頻度により変わってきます。

一般的なリチウムイオン電池の場合で500回程度の充電サイクルで寿命とされます。

「suaokiのポータブル電源」を選ぶメリット・デメリット

「suaokiのポータブル電源」のデメリット

「suaokiのポータブル電源」のデメリットは以下となります。

  • リコールがあったため信頼度が低い
  • 初期不良的な症状あるという口コミがある

リコールがあったため信頼度が低い

2017年に発生した事象ですが、購入を控える人もいるのではないでしょうか。

しかし、現在では日本の基準も満たした信頼度の高い製品の販売を行っています。

初期不良的な症状があるという口コミがある

初期不良はメーカーに連絡し対応して頂くしかありませんが、保障期間は1年あるため使い始めた際に動作不良などがあった場合は悩みこまずメーカーに連絡するのが良いでしょう。

「suaokiのポータブル電源」のメリット

  • 充電方法が複数ある
  • 出力ポートが豊富
  • 太陽光発電パネルとセットで使える

充電方法が複数ある

コンセントだけではなく、太陽光パネルやシガーソケットでの充電が可能なタイプがあり、便利です。

出力ポートが豊富

出力ポートは100Vのコンセントで正弦波出力のため、一般の家電製品でも使用可能であるほか、USBポート、QC、DCポートなど非常に豊富で、様々な使用方法に対応しています。

太陽光発電パネルとセットで使える

アウトドアでは、コンセントを常備していない場所でも電源を確保することが可能で、停電など停電時に備えることができ、安心です。

suaokiのポータブル電源の使用感・評判・クチコミ

悪い口コミ

ヤマノ
ヤマノ

口コミでやや気になるのは不良品率の高さです。
連絡すれば新品に交換してくれるようですが、検品の精度は高くないかもしれません。

届いたら初期不良がないかは必ずチェックするようにしましょう。

”0℃以下は使用不可!ご注意!0℃以下の環境では使えません。どこかの動画で使いやすさばかり宣伝してますが…

amazonレビューより引用

性能は良いのですが、品質は良くないです。このメーカーのポータブル電源は、何台か使っていますが、色々と問題があります。今回この製品を購入したのは、容量が大きいからです。性能的には良いのですが、やはり品質に問題がありました。充電中の音がうるさいのと充電アダプターが高温になるのは仕方ないにしても、充電機の接続部分の接触不良で充電できなくなり、返品しました。使用期間は5日ほどです。残念です。せっかく性能が良いのに、、、

amazonレビューより引用

良い口コミ

ヤマノ
ヤマノ

初期不良や誤った使用方法をした人以外は、
総じて高評価でした。

SUAOKIの500Gも持ってますが、イマイチ心配な点も感じてました
そこで、youtubeの「らんたいむ」さんの動画を観て購入を決意しました
何といっても1000Wの大出力

5月3日の車中泊(スズキエブリ)で電気敷毛布(70W)の使用してきましたが、20時頃から6時まで何の心配もなく暖かでした
扇風機や300Wのトラベルクッカーも使えそうです
また、ランタイムさんのテストで500Wのレンジの使用も可能でした
こうなると150Wのシーラーパネルも欲しくなります
できれば折りたたみ式の150Wが・・ホントは暖房用と調理用と各一台あれば鬼に金棒ですが、何せ金額と重量がチト多きすぎます
せめて10Kg以下で10万円以下になればありがたいです~

amazonレビューより引用

作業車での移動中などに各電動工具、バッテリー充電に使ってます。出先での充電切れのなどに困っていたので一台積んでおくと安心です。

電子レンジ500W○でした。(パナNE-MS263)電動かき氷機も問題なく使えたので次のアウトドアが楽しみです。

大容量で使える家電の幅も広がるので子供から大人まで楽しめる幅が広がると思います。

同社の製品は以前にも数点購入しましたがアフターサービスがよかったのでリピートしています。シガーソケットの充電がないのは容量ゆえに車への負荷を考えてなのかな?あればもっと便利だったかとも思います。

自家発電の響きに憧れてソーラーパネルの購入を検討中ですので購入したらソーラー充電もレビューします。

amazonレビューより引用

総評

「suaokiのポータブル電源」の選び方

おすすめのsuaokiのポータブル電源

(読者にはソロキャンプをする人、ファミリーの方、防災用に検討している方など様々な人がいます。目的別に何を選ぶのがベストなのか提示してあげて下さい)

Suaoki S270 ポータブル電源 40500mAh/150Wh

ヤマノ
ヤマノ

他社のポタ電ではこのくらいの少量モデルは出ていないので、
Suaokiで一番選ぶ価値があるモデルです。

一方で出力波形は修正弦波と記載があります。準正弦波や正弦波ではないので、pcなどの精密機器は利用できません。

使いたい家電が使えるかは事前にチェックしてから選びましょう!

電池容量       :40500mAh
ACポートの定格出力  :150Wh
出力波形        :修正弦波
ソーラーパネル充電対応:〇
防水機能       :なし
カーチャージ機能   :あり
パススルー充電機能  :?
ライト機能      :?
使用可能温度     :0~40度
保証期間       :2年間
重量         :約1.3kg
サイズ        :約 184(W) × 109(D) × 118(H) mm
入力ポートの種類・数 :DC×1,USB Type-C×1
出力ポートの種類・数 :AC×2,USB Type-A×2,USB Type-C×1,DC×4 カーソケット×

出力ポートも10個あるので、スマホやゲーム機などの充電にはピッタリなので、家族で一人ずつ持っても良いサイズです。
60W ソーラーパネル充電器をセットの場合折り畳み持ち運びにも便利なソーラーパネルとセットだと様々なところで、充電可能です。

amazonレビューより引用

Suaoki G100 ポータブル電源 27000mAh/100Wh

災害用として準備したいけど、バックで持ち歩くには大きすぎるのは困るといった場合に、簡易な携帯用として使用したい方にピッタリの電源です。

ヤマノ
ヤマノ

ポータブル電源というよりちょっと大きいモバイルバッテリーみたいなモデルです。

電池容量       :27000mAh
ACポートの定格出力  :120Wh
出力波形        :修正弦波
ソーラーパネル充電対応:〇
防水機能       :なし
カーチャージ機能   :あり
パススルー充電機能  :?
ライト機能      :?
使用可能温度     :0~40度
保証期間       :2年間
重量         :約1.27kg
サイズ        :約 185(W) × 165(D) × 55(H) mm
入力ポートの種類・数 :DC×1,USB Type-C×1
出力ポートの種類・数 :AC×2,USB Type-A×2,USB Type-C×1,DC×4 カーソケット×

Suaoki S200 ポータブル電源 54000mAh/200Wh

この容量で運搬しやすいタイプは少ないでしょう。ソロキャンプでも十分使用できる容量となっており、滑り止めハンドルも運搬しやすく便利機能の一つです。

電池容量       :54000mAh
ACポートの定格出力  :200Wh
出力波形        :純正弦波
ソーラーパネル充電対応:〇
防水機能       :なし
カーチャージ機能   :あり
パススルー充電機能  :?
ライト機能      :?
使用可能温度     :0~40度
保証期間       :2年間
重量         :約4.48kg
サイズ        :約 255(W) × 196(D) × 65(H) mm
入力ポートの種類・数 :DC×1,USB Type-C×1
出力ポートの種類・数 :AC×2,USB Type-A×2,USB Type-C×1,DC カーソケット×

ヤマノ
ヤマノ

suaokiは縦長でスマートなデザインが最大の魅力です。
主要性能に関しては同価格帯のジャクリのポタ電と比べると見落とりするので、
性能重視ならジャクリの方がおすすめです。

Suaoki S200
jackery:
ポータブル電源 240
  • 電池容量:54000mAh
  • 電力:200.9Wh
  • 重さ:約4.48kg
  • 価格:約2万円
  • 電池容量:672000mAh
  • 電力:241.9Wh
  • 重さ:約3.1kg
  • 価格:約2万円

Suaoki G1200 ポータブル電源 332000mAh/1200Wh

超大容量で、日常も災害時も安心して使用したい方におすすめです。

重さがかなりあるということと、電池容量はやや少なめであるというデメリットはありますが、1000Wh出力にしては価格が安いことが特徴です。

1円あたりのmAh容量は、
Suaokiの方は332000mAh/10万円=3.32mAh/円
Jackeryの方は426300mAh/14万円=3.05mAh/円 となるので、「Suaoki G1200 ポータブル電源」はコスパが高いと言えそうです。

ヤマノ
ヤマノ

「Suaoki S200 ポータブル電源」の場合はjackeryの方がコスパが良かったので、

「Suaoki G1200 」では逆転していますね。

Suaoki G1200
jackery:
ポータブル電源1000
  • 電池容量:332000mAh
  • 電力:1000Wh
  • 重さ:約12.6kg
  • 価格:約10万円
  • 電池容量:426300mAh
  • 電力:1000Wh
  • 重さ:約10.6kg
  • 価格:約14万円

電池容量       :332000mAh
ACポートの定格出力  :1000Wh
出力波形        :純正弦波
ソーラーパネル充電対応:〇
防水機能       :なし
カーチャージ機能   :あり
パススルー充電機能  :?
ライト機能      :?
使用可能温度     :0~40度
保証期間       :2年間
重量         :約12.6kg
サイズ        :約 290(W) × 160(D) × 360(H) mm
入力ポートの種類・数 :DC×1,USB Type-C×1
出力ポートの種類・数 :AC×2,USB Type-A×4,USB Type-C×1,DC カーソケット×

suaokiのポータブル電源 「g500」や「120000mah」モデルは廃版

suaokiの旧モデルには「g500」や容量記載だけのモデルもありましたが、現在は廃版となっています。

現在販売されているモデルの方が機能が新しくなっているので、最新モデルから選ぶようにしましょう

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、スアオキ(suaoki)のポータブル電源について、ご紹介してきました。

一時期リコールのあった製品もありましたが、現在ではスアオキの製品は安全です。

他社にない小型モデルとコンパクトさが魅力なので、ぜひ検討みてください。

また、太陽光パネルとセットで使えるため、アウトドアでも災害時でも安心して使うことができるので、利用してみてはいかがでしょうか。

【キャンプ・防災】選ぶべき最強のポータブル電源

キャンプ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました