寝袋

01.登山道具

シュラフの限界温度に挑戦!モンベル ダウンハガー 800 #3(快適温度:4度)で残雪期北アルプスでテント泊してみた

ヤマノ 誰もが持っている寝袋でどこまで行けるかは気になるものです さとし 真夏と厳冬期はわかりやすいですが、春秋は選択が難しいですね 残雪期の防寒について見なおしてみたくて、燕山荘の小屋開きの日にテント泊をしてみま...
01.登山道具

わかりにくい寝袋を解説!モンベルのダウンハガーシリーズの選び方

一口にモンベルの寝袋と言っても、対応温度や重量・形状・中綿素材・値段・羽毛のかさ高などで違いがあり、たくさんの種類があります。寝袋は、使用する季節や場所・持ち運びの有無・予算などで、選び方が変わってきます。ここでは、モンベルのダウンハガーの種類や特徴と、それぞれどんなシーンで効果を発揮するかをご紹介していきます。
01.登山道具

秋・春の初冬から残雪期の3シーズン用のおすすめ寝袋の性能比較

春や秋にテント泊登山や避難小屋泊をするときは、残雪期用の寝袋が必要となります。 もしあなたが冬用の寝袋を持っているなら、重さを我慢すれば代用できますが、体力に自信がなければ少しでも軽くしたいはずです。 キャンプでも使えますし、...
01.登山道具

【コロナ対策】 寝袋用おすすめインナーシュラフ(インナーシーツ)と登山の山小屋での利用方法

皆さんはインナーシーツ(インナーシュラフ)って聞いたことがありますでしょうか? 使用用途としては、このインナーシーツに入り、その状態で寝袋に入ったり、布団に入ったりします。肌ざわりが良い素材で作られているものが多く、睡眠を助けてくれます。
01.登山道具

登山用の寝袋(シュラフ) の選び方やおすすめ製品 これでテント泊もバッチリ

※春~秋用のシュラフを紹介しています。冬用シュラフはこちら シュラフって何? シュラフというのは、寝袋のことです。山小屋や非難小屋によっては持ち込みしないといけなかったり、 持ち込むことで値引きをしているところもあ...
01.登山道具

おすすめシュラフカバーの保温とコスパ・性能は?(イスカ・オクトスなど)

昨今は、毛織や化繊の寝袋もありますが、やっぱりダウンのものが多いと思います。 ダウンは濡れると極端に保温能力を失います。急な雨や天候の変化で寝袋が濡れたら、たとえ夏でも低体温症の危険が生まれます。そうした危険を避けるために、携行したい道具なのです。
01.登山道具

寝袋の圧縮 コンプレッションバッグの実力!!(イスカ・オクトスなど)

NANGAオーロラライト900DXレギュラーを、 イスカ:ウルトラライトコンプレッションバッグで 圧縮したものと、圧縮していないものを並べたものです。 2/3くらいの大きさになっているのがわかります。これならパッキングも楽になりますね。寝袋の重さが変わるわけではないのでその点は注意です。
タイトルとURLをコピーしました