テント

テント

人気のアライテント:エアライズ1・2の魅力とモンベル:ステラリッジとの比較考察

テントを作っているブランドといえばアライテント。 そう言っても過言ではないほど高い認知度を誇り、テント購入の際は必ず候補の一つとして上がるブランドです。 その中でもエアライズシリーズは、シンプルなデザインながら季節に合わせたオ...
01.登山道具

コスパ最強!?登山ブログがネイチャーハイクのコスパテントの種類と選び方を調べてみた

ネイチャーハイクとは、中国で2005年で創設されたアウトドア総合ブランドです。中国製と聞くと心配する方もいるかもしれませんが、ここ最近で日本にも正規代理店も誕生していて、品質も有名ブランドと比べても遜色なく、その上価格が安いと評判です。特に日本ではテントが高い人気を誇っているブランドなのです。
01.登山道具

【2021年】登山用山岳テントの選び方&おすすめ一覧 価値観に合わせた最強テントとは?

シングルウォールテントは、グランドシート+インナーテントというシンプルな構造になっています。シンプルな構造なので、重さはダブルウォールより軽いです。 快適性を求めるならダブルウォール、軽さを重視するならシングルウォールになります。テント選びで特に重要な要素は、「価格」、「耐久性」、「軽さ」になります。
01.登山道具

【登山用テント】ゼログラム エルチャルテント1.5Pと2Pの評価と使用感を調べてみた

本記事ではゼログラムの定番テント、テント2Pについてどのような性能なのか、使用感を調べてみました。興味を持ったきっかけは、友人で使っている方がいて魅力的に感じたことです。ゼログラムのテントはとても多いというほどではないですが、最近は使用者が増えているように感じます。
01.登山道具

【2021年版】テント泊登山の居心地を最適に!1kg以下の軽量チェア(ヘリノックス チェアゼロなど)

皆さんはテント泊をどのように過ごしますか?夏期のテント場では、チェアに座って優雅にコーヒーを飲んでいる方を良く見かけます。皆さんはテント泊をどのように過ごしますか?夏期のテント場では、チェアに座って優雅にコーヒーを飲んでいる方を良く見かけます。今回は定番のヘリノックスからMoon Lenceなどを比較してみました。
01.登山道具

【激安1万円以下】登山テントは安いものを選びたい!コスパ重視のおすすめ一人用テント

登山用テントは高いです。このページを見る誰もが気づいていることだと思います。なんとか安くできないかといろいろ調べた結果をまとめてみました。naturehikeやバンドックなど様々なメーカーを比較してみました。
01.登山道具

ツェルトの親戚!?冬でも使えるスノーピークテント セル2を選ぶメリット・デメリット

スノーピーク セル2(SnowPeak CELL2)とは、登山用のシェルターのことで広さは大人1~2人用です。天井の高さも1m以上あり、内部の広さはかなりのものです。軽量の登山用テントなので、登山に特化しています。設営方法は、2本のポールを使うか、ロープ(ガイライン)を張って設営します。テントと名がついていますが、ツェルトのようなものととらえておくと良いでしょう。
01.登山道具

【1kg以下】登山用テントは軽いものを!おすすめ軽量テント(ニーモ・ヘリテイジなど)

登山用テントを選ぶときに軽さというのは重要な要素になります。テント泊装備ではどうしたって荷物が重くなりますし、体力がなければ敬遠してしまうことも多いでしょう。
01.登山道具

2020年ニーモテントのおすすめ11選(アトム・ホーネットストームなど)!

ニーモのテントの魅力は設営の簡単さと耐風性がそこそこ高いことにあります。ホーネットストームという超軽量モデルは、爆発的な人気があります。
01.登山道具

【使用感レビュー】プロモンテのテント:VL26Tの(メリット・デメリット)

プロモンテのVL26T(二人用ロングサイズ)とVL27(二人用)は、特に初心者におすすめできるモデルです。私自身も愛用していますので、この記事ではそんなVL26Tのメリットデメリットをお伝えします。ぜひ使用感の参考にしていただけたらと思います。
01.登山道具

ツェルトを超える究極の軽量テント泊 ストックシェルターPROとヘリテイジ トレイルシェルター(旧ストックシェルター)

・ストックシェルターって何? ストックシェルターは、110cmnのストック2本で立てられる簡易テントです。 ツェルトよりも更に軽量で更に快適性が低いストイックなモデルと言えるでしょう。 軽さの反面、専門的な知識が求められ、知識なしでの使用は危険を伴います。
タイトルとURLをコピーしました