【1kg以下】山岳用の超軽量テント!軽量さで選ぶおすすめテント

登山用テントを選ぶときに軽さというのは重要な要素になります。テント泊装備ではどうしたって荷物が重くなりますし、体力がなければ敬遠してしまうことも多いでしょう。

昔は登山用テントで軽いものといっても2kg以下を指したりすることもありましたが、現在は技術の進歩で1kg以下のテントが出てきています。

今回はそんな軽量テントについてみてみましょう。

ヤマノ
ヤマノ

そんな私も始めてのテント泊では2人用で3kg近いテントと
キャンプ用のバカでかい寝袋をかついで歩いていました

想像以上にバテて帰宅後に買い替えましたね
軽さで選ばないとこのように失敗します

ヨメノ
ヨメノ

実際にテントを軽くしたらその分、ごはんや椅子を持って行ったり、
快適なテント泊ができるようになって良かったよね

・特に軽量な登山テントがわかる
・軽量なテントで注意することがわかる
・初心者が選ぶ軽量テントはニーモ:ホーネットストームで決まり
・insta映えする軽量テントはローカスギア:クフ

関連記事

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

山岳テントを軽さで選ぶメリット

軽いテントを選ぶメリットは移動力の向上させること消費体力を抑えることの2点があげられます。

なので、テント泊をしてみたいけど体力に自信がない方やウルトラライトハイクなど、軽量装備で一日に多くの山を縦走するような登山スタイルの方に非常に人気です。

重さがネックでテント泊に挑戦するのに迷っている方はぜひ選んでみてください。

POINT

・荷物を軽くして移動距離を伸ばすことができる。
・体力に自信がない人でもテント泊に挑戦できる

山岳テントを軽さで選ぶ時に注意すること

ここまでは軽量テントのメリットばかりをお伝えしましたが、ちょっと注意が必要な点もあります。それは、軽さを追求するために、生地の厚さは最小限になっていますので、耐久性は従来の重いテントに比べれば劣るという点です。

ヤマノ
ヤマノ

時には230gの超軽量ツェルトで山行をしている私が言うのもなんですが、
極端に軽いとその分デメリットも大きいので、極限を攻めたい変態の方以外は、
ほどほどに軽いものの方が満足度は高くなるでしょう。

>>【230g】初めてのツェルト泊 ULハイクやビバーク入門

耐久性は過度に恐れる必要はありませんが、丁寧に扱うように気を付けましょう。

もし破れたりした場合は、他社性ではありますが、ロゴスのリペアシートなどで補修をすると良いです。

おすすめの軽量山岳テント

画像 メーカー 商品名 重さ
ライペン トレックライズ 0 1250
ブラックダイヤモンド ディスタンスシェルター 725
ニーモ ホーネットエリート オズモ 2P 779
ヘリテイジ クロスオーバードームf 2G 690
ヘリテイジ ハイレヴォ 960
シートゥサミット スペシャリストソロ1 625
シートゥサミット スペシャリストソロ2 846
アウトドアリサーチ ヘリウムビビィ 448
3FULGEAR 青い山1Pro(ポールレステント) 690
シックスムーンデザインズ ルナーソロ 700

【725g】 ブラックダイヤモンド ディスタンシェルター

被らないモデル/価格○耐久性○/軽さ◎/快適さ○/見た目○

二人用 本体重量 725g

ブラックダイヤモンド・軽量部門の中でも驚異の軽さが特徴のテント。

トレッキングポールを、テントのフレームとして使えるようになっています。なので、移動中にフレーム分を背負わなくて済みます。布を広げてペグという大きな釘で四隅を固定し、ポールをひっかけて立てたら設営完了。よっこいせと力を入れなくてもいいので初心者の女性にも簡単です。

天井の一番高い所にポケットにヘッドライトを収納したら、夜間用のランタンに早変わり。

1つのアイテムを2場面で使えるのは、軽さを追求したいキャンプで嬉しい性能です。

重さは0.65㎏と、500mlペットボトルより少し重いくらい。ポールを入れても約1㎏です。本体を折りたたむと、登山家がよく利用する「ナルゲン」というボトルの、1リットルサイズに収納できます。

サイズは床面積が241cm×147cm、高さ104cmで、大人二人が休めます。

ヤマノ
ヤマノ

登山からソロキャンまで幅広く人気ですね
シングルウォールなので結露が多い点は注意しましょう

>>【口コミ・評価】ブラックダイヤモンドのおすすめテント

【779g】ニーモ:ホーネットエリートオズモ2p

人気モデル/価格○/耐久性△/軽さ◎/快適さ○

2人用 本体重量779g 

軽量テントとして最も人気なテントといっても過言ではありません。夏のアルプスにはこのテントを背面に入れて走っている軽装のハイカーをよく見かけます。

二人用でも1kg以下なので、初めてのテントなら一人でも二人用を選んでおくと快適に過ごすことができます。そしてダブルウォールなので、結露しにくく、耐久性以外はとても優秀なテントです。

ヤマノ
ヤマノ

ニーモ独自の開発素材なので、他社に真似できない軽さ
ぱっと見で軽さは中程度に見えますが、この軽さでテント内面積もそこそこ広いので、
快適性も悪くないです。

>>ニーモテントのおすすめ11選(アトム・ホーネットストームなど)!

他のテントならフットプリント(グランドシート)は必須ではないときもありますが、こちらのテントの場合は合わせて買っておいた方が長く使えます。

ちなみに見た目を気にしないのならグランドシートはタイベックと呼ばれる建設資材でも行けます。テントに合わせてはさみで切ればok

【690g】ヘリテイジ:クロスオーバードーム 2

DCIM\100GOPRO\GOPR5329.JPG

被らないモデル/価格○/耐久性△/軽さ◎/快適さ△

2人用 本体重量690g

耐水圧 1,000mm/cm²、透湿量 8,000g/m²/24hr
乾燥時平均重量: 本体、ポール、スタッフバッグ込 乾燥時平均

続いてヘリテイジのクロスオーバードーム2です。ニーモのテントと違うのは、こちらはシングルウォールテントということです。結露もあり、快適性は下がるので、初心者にはおすすめできません。

テントをもっと軽量化したい、でもツェルトはちょっとという人におすすめのモデルです。

旧モデルに比べ、耐水圧1.5倍 そして 透湿性1.9倍 さらに 軽量になったモデルです。

3人用として使うにはやや狭いので、2人用として使うと良いです。

>>【軽さ最強】ヘリテイジのおすすめ登山用テント

【940g】ヘリテイジ:ハイレヴォ

人気モデル/価格△/耐久性○/軽さ◎/快適さ◎
一人用本体重量: 940g

ベンチレーションが3か所あり、通気性が良いモデルです。こちも人気が高いモデルなので、選ぶ価値ありです。

Locus Gear(ローカスギア)Khufu HB クフ HBキット

被らないモデル/価格△耐久性○/軽さ◎/快適さ◎/見た目◎

二人用:シェルター本体 390g 、インナーメッシュ 360g

見た目のカッコよさを重視する方に人気の高い珍しいワンポールテントです。

インナーを使用せずに使うことがテントにできますので、テントに床はいらないという大胆な方にもおすすめです。

以上、軽量テントのおすすめでした。
他のテントも合わせてみてみたい人はこちらもご覧ください。

関連記事

テント泊装備についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました