【評判チェック 】コロンビアのおすすめレインウェア

コロンビアは山でも街中でも愛用者の多いアウトドアブランドなので、登山好きでなくてもご存じの方は多いでしょう。

アウターやフリースをファッションとして愛用しているけれど、レインウェアの性能ってどうなの?実際山でも使えるものなの?

コロンビアがファッションブランドとしても有名なだけに、そんな疑問を持つ人もいます。

結論から言えば、コロンビアのレインウェアは登山に対応できる十分な機能を備えたものもあれば、街中でさっと雨を避ける程度の性能のものもあります

用途によって選ぶ製品は分かれますので、それぞれのおすすめを紹介します!

ヤマノ
ヤマノ

この記事では、コロンビアのレインウェアの
・コロンビアの特徴と評判
・おすすめのレインウェアと選び方

・サイズを選ぶ時の注意点

を徹底解説します!

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

コロンビアのレインウェアの特徴

rain-wear

コロンビアはのレインウェアは数あるアウトドアブランドの中でもデザインに定評があります。

もちろん、かっこいいだけの軟弱ブランドではなく、老舗ブランドとしてのタフさや機能性も追求していますよ。

特徴はコロンビア独自開発のオムニテック素材。オムニテック素材は雨を防ぎながら動くための必須条件である、防水性と透湿性を備えています。

オムニテックは生地の組み合わせにより2層〜2.5層のタイプと3層のタイプがあります。

日帰り登山や旅行には2.5層までのタイプ、宿泊を伴うハードな登山には3層タイプがおすすめ。

同じような性能を持つ素材として有名なGORE-TEXと比較すると若干性能は劣りますが、そのぶんコストパフォーマンスの面では有利です。

軽い山登りなら、GORE-TEXほどの性能は必要ないですし、コロンビアのレインウェアは換気機能(ベンチレーション)がついているラインナップが豊富。

服の中に溜まった湿気をダイレクトに逃がせるので、山行にも十分に対応可能です。

また、ファッショナブルで街中でも使える汎用性も魅力。

山でもおしゃれを楽しみたい方や、家族でリンクコーデして映える写真を撮りたい方、タウンユーザーまで幅広く支持されているのが特徴です。

コロンビアのレインウェアを選ぶメリット・デメリット

そんな「コロンビアのレインウェア」ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット

・種類が多くて選べない
・(GORE-TEXと比べると)劣化が早い
・ものによっては登山には向かない

ヤマノ
ヤマノ

どれを選べばいいのか分からない…

ゆうや
ゆうや

登山にはベンチレーション(換気機能)つきがおすすめ!登山レベルによってオススメは違ってくるよ!

メリット

・性能の割に安い
・おしゃれなので山だけでなく街歩きにも活用できる
・アウトドアに必要な機能が備わっている

コロンビアのレインウェアの使用感・クチコミ

全般的なクチコミをまとめてみました。

悪いクチコミ

・登山中、動いていると風が通って快適だけど、立ち止まると少し蒸れる
・ワンサイズ小さめを買えばよかった(普段通りのサイズだと大きかった)
・思っていたより薄い

ヤマノ
ヤマノ

ジャストか大きめか、目的に応じてサイズは要チェック!

良いクチコミ

・寒さも防げて土砂降りでも濡れない!
・色が良くてデザインもかっこいい
・薄くて重ね着しやすい

ゆうや
ゆうや

農作業用に使っている人もいたよ。

ヤマノ
ヤマノ

動きやすくて蒸れないから、使い道は色々あるね

総評

コロンビアのレインウェアは用途に応じ使い分けるのが吉!機能が充実しているぶん価格にも幅があるので、メインで使いたいシーンに合わせて選びましょう。

街で使いたい人はもちろん、厳冬期の本格的な登山でなければ、十分に山で活躍するレインウェアがありますよ。

ヤマノ
ヤマノ

レインウェアにも適材適所があるからね

コロンビアのレインウェアのサイズ感

コロンビアのレインウェアは日本のブランドと比べると、袖が少し長めです。

モンベルのレインウェア「バーサライトジャケット」とコロンビアの「ライトクレストジャケット」をメンズのMサイズで比べると、コロンビアの方が裄丈(首から袖までの長さ)が3センチ長くなっています。

袖口を絞れるものは多少長くても気になりませんが、体型によっては普段よりワンサイズ下げた方がフィットするかも知れません。

コロンビアの公式HPでは、それぞれのウェアのサイズ感の目安が4タイプ記載されています。

レインウェアに限って言えば
・アクティブ(運動性を考慮した細めのフィッティング)
・レギュラー(通常のフィッティング)
が多いです。

サイズ感がアクティブのレインウェアは、関節などの可動部に動きやすい縫製を施し、動きの邪魔にならないよう全体的にほっそりとしたデザイン。

標準体型の人がフリースなどの上から着て、胴回りに少し隙間ができる程度です。

ストレッチ素材を使用するなど、より動きやすい工夫がされているものもあります。

反面、バックパックが背負いやすいよう肩回りにはあまり余裕がないので、街中で真冬のアウターとしても使いたい方は、中に着こみすぎると窮屈かも知れません。

サイズ感がレギュラーのレインウェアは、真冬の重ね着にも対応でき、撥水性のある防寒着としてアウターとして使えるものも。

使用素材によって登山対応のものからアウターとして活躍するものまで様々ですが、余裕のある分もたつくので、街中やキャンプ~低山向きとなります。

レインウェアは小さすぎてもいけませんが、大きすぎても動きにくいもの。
実際に試着ができる場合は少し厚着した上から着てみて、丁度よいものをおすすめします。

コロンビアのおすすめレインウェア

たくさんの種類があるコロンビアのレインウェア。「ハイキングでも街でも使いたい!」「がっつり登山用のものが欲しい!」など、使うシーンが違えば求められる性能は異なります。

ここからは、公式サイトで販売されているものから、公式サイトでの取り扱いがなくなった名品まで、おすすめのシーンとあわせて紹介します。

コロンビア:ライトクレストジャケット

ウィンドブレーカー代わりにもなる薄手&軽量タイプのレインウェアです。

オムニテック(2.5層)が使われていて、防水性を備えつつ雨でもサラッと快適に過ごすことができます。

少し細身のラインなのでスマートに着こなすことができる上、ストレッチ素材のおかげで動きの邪魔になりません。

肩やひじなどの動きが大きくなる可動部は立体裁断をしてより動きやすく工夫するなど、アウトドアブランドらしい気配りが。

ウェアの内ポケットに折り畳んで収納可能なので、バックパックに入れてもかさばらず、街歩きにも便利です。

動きやすいのでキャンプや買い物など、日常的に使えますし、寒い時に羽織りものとして使うなど、多彩な活躍を見せるレインウェアと言えるでしょう。

ただし耐久性はオムニテック3層のものには劣るので、宿泊登山などで重い荷物を背負ったまま使用すると劣化が早まります。

音楽フェスや近所の買い物など、「濡れたくないけど蒸れたくない」というシーンは意外と多いもの。日帰り登山と日常使いの兼用におすすめしたい一着です。

ジャケットのみの販売ですので、しっかり全身防水したい場合は別途パンツを用意して下さい。

重さ:非公開
サイズ感:運動性を考慮した細身のフィッティング
素材構成:30Dナイロンメカニカルストレッチリップストップ2.5L (ナイロン100%)
カラー展開:メンズ4色。・レッドスパーク・ブラック・サープラスグリーン・カレグレイトネイビー
ベンチレーションの有無:有(ポケットと兼用)
収納:ポケッタブル収納可能
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:登山、旅行

コロンビア:シンプソンサンクチェアリレインスーツⅡ

ジャケットとパンツ、上下セパレートタイプのレインウェアです。
こちらもオムニテックを使用しており防水、防湿性なので、急な雨でも安心。

サイズ展開が豊富でXS〜XXLまであるので、彼氏、彼女とリンクも可能です。

パンツの裾にはファスナーが付いていて、着替えも楽にできます。
足首部分にはさらにマジックテープがあるので、登山ブーツから普段靴まで調整可能です。

フードを襟に収納できるので、使っていないフードに雨が溜まってしまう心配もありません。

専用のスタッフバッグがついていて、コンパクトに収納できる点も魅力。

山では当日雨が降らないと思っていても、前日の雨で地面がぬかるんでいるということもあります。
パンツつきはいざという時の着替えにもなるので、山に持っていくには最適です。

ただし、オムニテックは2.5層。日帰りの登山やハイキングにおすすめです。
少しゆったりした着心地なので、サイクリングなどでも動きやすいと思います。

重さ:488g(Mサイズ)
サイズ感:通常のフィッティング
素材構成:ナイロンタフタ2.5L(ナイロン100%)
カラー展開:【メンズ】4色・メルティーブラック・ブラック・コロンビアネイビー・マウンテンレッド【ウィメンズ】3色・フラックス・サイル・ブライトローズ
ベンチレーションの有無:胸ポケットの開閉による衣服内の換気機能
収納:スタッフバッグ付きでコンパクトに収納可能
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:登山、旅行

コロンビア:シンプソンサンクチェアリレインスーツ

機能はシンプソンサンクチェアリレインスーツⅡとほぼ同じですが、少し安く買うことができます。

公式サイトでの取り扱いはなくなっており、通販サイトでもサイズによっては欠品しているので、サイズの合う方はお買い得です。

重さ:非公開
サイズ感:通常のフィッティング
素材構成:ナイロンタフタ 2.5L(ナイロン100%)耐久撥水DWR加工
カラー展開:パープル・ブラック
ベンチレーションの有無:ポケットの開閉による衣服内の換気機能
収納:スタッフバッグ付きでコンパクトに収納可能
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:登山、旅行

コロンビア:ピクシーサンクチェアリレインスーツ

オムニテック3層構造で、より耐久力のあるレインウェアです。

それでいて軽量で動きやすく、岩場でも活躍できるので登山向き。レインウェアにタフさを求めるならこちらをおすすめします。


パンツはチャック付きで着替えやすく、裾が絞れるなど、足さばきが良い点も見逃せません。こちらも専用スタッフバッグ付きで、コンパクト収納が可能。

今後登山をする機会が多くあるようなら、しっかりしたレインウェアは四季を通して重宝します。

上を見るとキリがありませんが、ピクシーサンクチュアリレインスーツは本格登山への入口として、過不足のないウェアです。

まずはここから、そして山が深くなるとともにギアの沼へとはまる気持ちのある方におすすめ。メンズのみの展開です。

重さ:437g(Mサイズ)
サイズ感:運動性を考慮した細身のフィッティング
素材構成:30d/ 7d ライトウェイト3L(ナイロン100%)
カラー展開:2色・アズール・ブラック
ベンチレーションの有無:胸ポケットの開閉による衣服内の換気機能
収納:スタッフバッグ付きでコンパクトに収納可能
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:登山、旅行

コロンビア:ウッドロードジャケット

公式サイトからの販売はなくなりましたがこちらもオムニテック使用で、別売りのインナーをファスナーで取り付けられるのが特徴です。

防水透湿に加え、防寒にも注目したレインウェアですが、欠品も多いので早いもの勝ち。

公式サイトで2022年2月現在発売中のウッドロードダウンジャケットなど、インターチェンジ対応のインナーを連結させることができます。

重さ:非公開
サイズ感:運動性を考慮した細身のフィッティング
素材構成:表/タスランナイロンプレーンウィーブ(ナイロン100%) 裏/メッシュ(ポリエステル100%) 耐久撥水DWR加工
カラー展開:3色・ブラック・ピートモス・アズール
ベンチレーションの有無:胸ポケットの開閉による衣服内の換気機能
収納:専用バッグなし
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:登山、旅行

コロンビア:ターミナルタックルレインシェル

コロンビアのフィッシング専用アイテム「PFGコレクション」から出ている、オムニテック2.5層のPFG防水ジャケット。

両手が使えるよう釣り竿を固定するロッドホルダーが付いていたりと、釣りに特化しているレインウェアですが、携行性の良さやデザインは見逃せません。

ベンチレーションがないので登山には向きませんが、少し街歩きをする程度なら問題ないので旅行好き、釣り好きにはおすすめ。

ジャケット本体についているポケットに、本体を収納できるパッカブルタイプなので、持ち運びに便利です。

重さ:非公開
サイズ感:通常のフィッティング
素材構成:ポリエステル100%
カラー展開:2色・ブラックカーボンファイバープリント・シティグレイカーボンファイバープリント
ベンチレーションの有無:なし
収納:ポケッタブル収納可能
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:釣り、旅行

コロンビア:グッドラックジャーニージャケット

グッドラックジャーニージャケットは、その名の通り旅行に便利なレインウェアです。

レインウェアというよりも、撥水性のあるアウターと考えていいでしょう。オムニテック2層構造です。

ポケットがたくさん付いていたり、防寒レベルを調節できたりと旅行に快適な機能を備えたジャケットで、ファスナーでインナーを追加できるので、オールシーズン着られます。

そのまま着用、フリースorダウン追加の3通りの着こなしができます(別売り)。

ポケットは一見スナップボタンに見えますが、右ポケットのみ内側にファスナーが付いていて、貴重品を落とさないようにするなど細かい工夫も。

秋口にロープウェーで山に登ると、意外と寒かったりします。北海道だと夏でも昼と夜で季節が変わったように冷えることもあるので、これ1着で厚着ができるのは便利です。

荷物が減らせて収納たっぷりなジャケットは、旅先での強い味方。

女性用はコートスタイルでゆとりがあるので、リュックを背負ったまま着ることもできそうです。

重さ:730g(メンズMサイズ)/774g(ウィメンズMサイズ)
サイズ感:通常のフィッティング
素材構成:表/ナイロン 裏/ポリエステル
カラー展開:【メンズ】2色・サイプレス・ブラック【ウィメンズ】3色・カモブラウン・サイプレス・アベス
ベンチレーションの有無:なし
収納:専用バッグなし
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:旅行

コロンビア:アンプライドライシェル

カッパ感ゼロなのにしっかり防水してくれるので、春秋のコーディネートに重宝します。

普段着として使用しつつ、たまに誘われる軽登山やキャンプでも使えるというタイプ。

とはいえオムニテック使用でしっかり防水してくれる上、ベンチレーション機能もついているので急な雨でも安心して着られます。

ストレッチが効いていて動きやすいので、通勤通学にも便利。登山用にあたためておくのはもったいない、日常で使い倒せるレインウェアです。

重さ:370g(メンズMサイズ)/306g(ウィメンズMサイズ)
サイズ感:通常のフィッティング
素材構成:ナイロン100%
カラー展開:【メンズ】5色・カレッジネイビー・ブラック・ストーングリーン・ブライトインディゴ・キャニオンサン【ウィメンズ】2色・ブラック・フォウピンク
ベンチレーションの有無:脇下のベンチレーションによる衣服内の換気機能
収納:専用バッグなし
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:旅行、ハイキング、フェス

コロンビア:ホライズンズパインインターチェンジジャケット

オムニテックに加えて、「オムニヒート」という保温機能を備えた防水ジャケット。防水防寒具とでも言いましょうか、寒さの厳しい季節でも暖かく過ごせるようになっています。

雨でも雪でもしっかり防水してくれるので、冬の旅行におすすめ。ハイキングや音楽フェスなどでも重宝します。

インターチェンジ対応で、中綿インナージャケットとのセット販売。インナージャケットだけで着ることもできます。

他のインターチェンジ対応インナーとの付け替えで、寒暖差の激しい季節にも対応できるので、これ1着でひと冬越せますよ。

本格的な登山には向きませんが、激しい運動はしないけれど外にいる時間が長い時に重宝するので、雪遊びや天体観測、イルミネーションイベントなどで活躍するでしょう。

重さ:1165g(Mサイズ)
サイズ感:通常のフィッティング
素材構成:表 ポリエステル100%、裏 ナイロン100%、ライナー表 ポリエステル100%、ライナー裏 ポリエステル100%、ライナー中わた ポリエステル100%
カラー展開:3色・カレッジネイビー・ブラック・デルタ
ベンチレーションの有無:なし
収納:専用バッグなし
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:旅行、ハイキング、フェス

コロンビア:ワバシュ II ジャケット

サラッとして着心地の良いレインウェアなので、夏の登山におすすめ。雨の日の夏フェスでのムレムレ状態を少しでも快適に過ごしたい方にもおすすめです。
おしゃれなので街でも山でも使えるオールマイティーなタイプ。

リバーアクティビティで濡れたくない時にも良いですね。特に冬カヌーは動きやすくて濡れないレインウェアは有難いです。

オムニテクニック2.5層使用でストレッチ素材使用。動きやすい立体裁断が肩や肘部分に施されているので動きやすく、スタッフバッグ付きで携行性も◯

サイズが豊富なので用途に応じて選びましょう。ウィメンズは公式サイトでの取り扱いが終了しています。

重さ:非公開
サイズ感:運動性を考慮した細めのフィッティング
素材構成:20Dナイロン2WAYストレッチプレーンウィーブ2.5L(ナイロン、ポリウレタンなどの素材配合はカラーにより異なる)
カラー展開:【メンズ2色】・ブラック・アベスヘザー【ウィメンズ3色】・アベスヘザー・ライトエルク・サイプラスグリーン
ベンチレーションの有無:胸ポケットの開閉による衣服内の換気機能
収納:スタッフバッグ付きでコンパクトに収納可能
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:旅行、ハイキング、フェス

コロンビアのレディース限定レインウェア

どちらかというとメンズアイテムが多いコロンビアのレインウェアですが、レディース専用のものもあります。

アウトドアブランドとしての優秀な機能をもたせつつデザインで魅せるところはさすがコロンビア。今後のデザイン展開にも期待したいです。

コロンビア:ウィメンズパストゥパスジャケット

「オムニシェイド」という紫外線カット機能が日焼けから肌を守ってくれます。

短め丈で着回しがきき、裾広がりなデザインなど見た目にもこだわりが。

それでいてオムニテック2層で防水性と透湿性はきちんと確保されています。スカートにもパンツにも合わせやすいので、街歩きに最適。

インにもアウターにも着られるので春先まで出番があり、軽いので旅行に持っていくにも良いでしょう。

現在発売中もので唯一「リラックス」サイズのレインウェアで、ゆとりのある着心地なので長旅でもゆったりと過ごせます。

旅先では両手をあけることのできるレインウェアは頼もしい味方。透湿性があるのでさらに快適に雨よけできます。

重さ:582g(Mサイズ)
サイズ感:ゆったりしたフィッティング
素材構成:表 2WAYストレッチナイロンタッサー2L(ナイロン100%)裏 ブラッシュドトリコットメッシュ(ポリエステル100%)
カラー展開:3色・サイプレス・ブラック・クルトン
ベンチレーションの有無:なし
収納:専用バッグなし
耐水圧:非公開
透湿性:非公開
利用場面:旅行

まとめ

snow mountain

コロンビアのレインウェアは使用するシーンによって選びましょう。
それぞれのおすすめはこちらです。

■街メイン&低山
・ライトクレストジャケット
・アンプライドライシェル
・ワバシュⅡ
・ウィメンズパストゥパスジャケット

街歩きがメインの方はパンツまで必要ないという人も多いので、上記の4つがおすすめ!
デザイン性が高く着回しもしやすいです。

別途パンツを用意すれば、軽登山にも対応できますよ。

■登山メイン&街歩き
・シンプソンサンクチェアリレインスーツⅡ

やはり登山用に用意するのであれば、上下セットがおすすめです。宿泊を伴う本格的な登山でなければこちら。初心者向きのエントリーモデルです。

■今後本格的な登山に挑戦したい
・ピクシーサンクチェアリレインスーツ

今は低山でも、ゆくゆくは富士山を目指したいなど、最終目標が高い人にはこちらをおすすめします。
耐久性があり、藪などでも破れにくいので安心です。

■防寒も兼ねたい
・ホライズンズパインインターチェンジジャケット
・ウッドロードジャケット

登山ではないけれど、雪山に行く機会の多いウィンタースポーツ愛好家や、夜デートにおすすめ。
デザインも良く、しっかり防寒&防水してくれます。

■旅行用
・グッドラックジャーニージャケット

ポケットが多く着回しやすいので、旅行に行く機会の多い人はこちら。もちろん普段は街着として使えます。

■釣り用
・ターミナルタックルレインシェル

釣りが趣味の方はこのレインウェアが便利です。街着にもできますし、あまり汗をかかないような低山なら対応可能です。


機能で細かく分けると上記のようになりますが、デザインの好みもあるので迷ってしまいますよね。

基本の防水、透湿はどれもしっかりしているので、迷った方はざっくりと「登山か?街か?」で考えてみましょう。

登山の機会が多い方はパンツつきのものがおすすめですが、街中で使いたい方は好みのデザインで選んでも大丈夫です。

お好みの一着が見つかるといいですね!

他の切り口で探したい方はこちらもチェック
【メーカ別】
ノースフェイス / ファイントラック /ミレー /ミズノ
 / モンベル /パタゴニア / オンヨネ

【アクティビティ別】
トレラン向け /沢登り向け

【選び方別】
価格の安さ重視のレインウェア
雨に弱いけど、快適性重視のウインドシェル

コメント

タイトルとURLをコピーしました