登山ブログが伝えるオールマウンテンジャケットの魅力(ノースフェイス)

ノースフェイスのオールマウンテンジャケットは一年を通して使えるとても人気なジャケットです。

あすか
あすか

オールシーズン使えるなんて凄いね!

さとし
さとし

お財布にも優しいので1着で済むのはありがいです

ヤマノ
ヤマノ

メリット・デメリットありますので、しっかり理解して選びたいですね

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

ノースフェイスのハードシェル オールマウンテンジャケットとは?

オールマウンテンジャケットは雪山で使うハードシェルジャケットとレインウェアジャケットを兼用で使いたい方におすすめです。

冬期登山で登る初級~中級までの山(例えば八ヶ岳~北アルプス唐松岳)まで対応でき、性能も高いハードシェルと言えます。

オールマウンテンジャケットを選ぶメリット

あらゆる季節で使用できる

オールマウンテンというのは、すべての季節で使えることを指しています。

春夏秋冬を1着で賄うというのはトータルで無駄がなく、安く済むのでレインウェアとしての選択としても良い方法かと思います。

耐水圧・透湿性が優れている

オールマウンテンジャケットは耐水圧・透湿性が高く、濡れにくいかつ蒸れにくいウェアです。

蒸れにくさに関しては、脇位置にベンチレーションもあるので、通気性管理もしやすいウェアです。

レインウェアとしてみた時に性能で不足することはないと言えます。

オールマウンテンジャケットを選ぶデメリット

春~秋:レインウェアとして使う場合

レインウェアとしてしか使えないモデルより重い

一般的な傾向として、レインウェアとハードシェルではレインウェアが軽いです。

特性上、1つのジャケットでオールシーズン使えると、どうしても重くなり、夏期の登山ではオーバースペック気味になることは許容する必用があります。

なので結局は価格で決めることになります。

予算が許すなら厳冬期とオンシーズン用と2着で分けることです。

但しこの場合10万くらいかかるので、そういった意味で半額の5万以下で押さえられるオールマウンテンジャケットはおすすめです。

冬:雪山登山用のハードシェルとして使う場合

上級者には性能不足

厳冬期の穂高地域や海外の山を目指す上級者には性能不足です。そういった方は、ワンランク上の「マウンテンジャケット」を選びましょう。

名前的にオールマウンテンジャケットの方が凄そうですが、マウンテンジャケットの方が性能も価格も重さも全部高いです。

価格差は約4000円なので重さが妥協できるならマウンテンジャケットを選ぶという選択もありかと思います。

好日山荘のオンラインショップでの売り上げ数では、マウンテンジャケットの方が3倍以上大きいので、人気度としてはマウンテンジャケットが上です。

個人的にはマウンテンジャケットは少し重すぎるので、同じく厳冬期の穂高まで対応できるミレーのカメット ライト(510g)の方がいいなと思います。

こちらの方が価格は高いですが、圧倒的に軽いからです。(というかamazonで買うならほぼ同価格だからです)

ただ透湿性はノースフェイスのハードシェルの方が優れているので、蒸れにくさを重視したいならマウンテンジャケットになります。

 オールマウンテンジャケットマウンテンジャケットカメットライト
価格
¥46,000(税込200円くらい)
50,000(税込200円くらい)
¥56,000(税込200円くらい)
耐水圧
ストレッチ性×××
透湿性
重さ490g(Lサイズ)880g(Lサイズ)510g

ストレッチ性は低い

オールマウンテンジャケットはストレッチ性が低いです。これは岩場や梯子など動きがあるときに動きにくいということです。

今回紹介したのはいずれも透湿性が高く、ストレッチ性が低いウェアでした。ハードシェル自体がストレッチ性が低いのが基本なので、仕方がないかもしれません。

ですが、少ないながらもストレッチ性が高い歩きやすいウェアもあるので、以下も合わせてみると良いと思います。

オールマウンテンジャケットのサイズ感

メンズのサイズ感

メンズのサイズ

SIZE:S ゆき丈:86cm 身幅:61.5cm 着丈:68.5cm
SIZE:M ゆき丈:89cm 身幅:63.5cm 着丈:71cm
SIZE:L ゆき丈:90cm 身幅:64.5cm 着丈:73cm
SIZE:XL ゆき丈:96.5cm 身幅:68cm 着丈:74.5cm

レディースのサイズ感

POINT

SIZE:S ゆき丈:78cm 身幅:54.5cm 着丈:66cm
SIZE:M ゆき丈:81.5cm 身幅:56cm 着丈:68cm

まとめ:オールマウンテンジャケットがおすすめなのはどんな人?

まとめるとオールマウンテンジャケットがおすすめなのは以下の人です。

POINT

・レインウェアとハードシェルを1着で賄いたい人
・厳冬期穂高など、上級者向けの雪山登山をしない人
・5万円以下でハードシェルを買いたい人

レインウェアを検討しているなら以下の記事も合わせて読みたいです。

ハードシェルを探しているなら以下もよく読まれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました