【評判・口コミ】コロンビアのおすすめ登山靴

アウトドアブランドのコロンビア。使うシーンに合わせて、最適な機能を持った靴がたくさんあります。

登山やトレッキング用に絞っても数があるので、今回はおすすめ登山靴を紹介します!

コロンブスには初心者用の登山靴がたくさんあるので、「始めて登山靴を買う」という人は必見です。

ヨメノ
ヨメノ

コロンビアの靴は岩場や岩稜帯を歩く上級者向けが少ない代わりに、
登山初心者に優しい靴が多いよ。
初めての登山靴にも使い易いものが多いからぜひチェックしてみてね!

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

コロンビアの登山靴の特徴

コロンビアの登山靴は防水性と透湿性に優れ、長時間の歩行でも疲れにくいよう設計されています。

地面の状態が悪くてもしっかりグリップの効くソールの評判が高く、デザインも豊富です。

山専用というよりも、山でも街でも使えるような、どこでも馴染むデザインで、しかも防水なので一足持っていると重宝します。

汚れがとても落ちやすいのでお手入れも簡単。それでいて機能の割に価格が抑えられているという嬉しい特徴もあります。

コロンビアの登山靴の靴底(ソール)

コロンビアの登山靴のソールには、「テックライト」や「テックライトプラス」という技術が使われているものがあります。

これは、クッション性と軽さを兼ね備えたソールで、汚れ落ちがいいのでメンテナンスも簡単です。

また、「オムニグリップ」は路面の状況を選ばず安全な歩行をサポートしてくれます。

街用、山用で底面のパターンを分けることで、より快適な歩行を実現するなど、歩きやすさにこだわった作りは口コミなどでも評判が高いです。

実際に、スニーカーと比べると山道での歩きやすさは感動もの。

特に下り坂では、スニーカーでは恐る恐る進んでいた道でもかなり安定するので、初めて登山靴を履く人は違いにびっくりすると思います。

コロンビアの登山靴を選ぶメリット・デメリット

コロンビアの登山靴を選ぶメリットやデメリットはどんなものがあるでしょうか。

デメリットとして、どれを選べばいいか迷ってしまうという人がいるようです。

コロンブスには、登山靴、トレッキングシューズのカテゴリーだけでも多くの選択肢があり、特に登山初心者は悩みがち。

その反面、選ぶ楽しみがあり嬉しいという人もいます。

メリットとしては価格以上の機能がある点が挙げられます。
防水や透湿などの機能面からコロンビアの登山靴を選ぶメリットは多いと思います。

コロンビアの登山靴を選ぶデメリット

ヤマノ
ヤマノ

コロンビアの靴はどちらかというと1足目におすすめ。
価格が安く歩きやすい一方で上級者が登る山向けの靴は少ない。

デメリット

・岩場で使うには強度不足なものも
・種類が豊富でどれを選べばよいのかが分かりづらい
・人気商品は在庫切れが多く、欲しいサイズやカラーがない

コロンビアの登山靴を選ぶデメリットとして、どれを選ぶのが正解が分かりづらいことなどがあげられます。

シューズによって性能が変わるので、目移りしてしまうことも。

使いたいシーンを明確にすれば数を絞ることができます。

コロンビアの登山靴を選ぶメリット

ヨメノ
ヨメノ

コロンビアの靴は街歩きからキャンプ・釣り・ハイキング・フェスという
幅広い範囲で使える汎用性が魅力。

デザインがおしゃれでファッションとしても取り入れやすいのも良いところだよ

メリット

・デザインが可愛い、かっこいい
・山道でも安定した歩行ができる
・防水性があり、雨でも安心

どの登山靴を選んでも優秀なので、難しい山を攻略するつもりがなければ機能的な問題はありません。

街でも使う場合はデザイン性の高さも評価できます。

コロンビアの登山靴の使用感・評判・クチコミ

口コミを見ると、売り切れなど、品揃えに対しての不満が見られる一方、機能面や価格では満足している人が多いようです。

悪い口コミ

・欲しいカラーが品切れで、別の色にした
・幅広足なので、巾が少しきつかった
・普段履かないミッドカットは、足首に当たるのが気になる

人気のあるものは売り切れてしまう場合も。
スニーカー派の人からは、ミッドカットは街中での履き心地が気になるという声もあります。

ただ、山で履けばミッドカットの安定感が頼りになることが分かると思います。

良い口コミ

・グリップが効いていて、ぬかるみでも滑らない
・しっかり防水してくれるので雨でも安心して履ける
・機能がしっかりしていてコストパフォーマンスが良い

値段のわりに機能的なのは、コロンブスのアイテム全体に聞かれる感想です。

実際に山で使用した時に本領を発揮しているのが分かる口コミですね。

総評

コロンブスの登山靴は、街でも山でも活躍します。

山には登らないという人にとっても雨の日など、一足持っておけば心強いです。

デザインが良くて機能的な防水シューズはなかなか見つからないので、一度チェックしてみて下さい。

使うシーンで靴の形を選びましょう。街歩きにはローカット、山で使うならミッドカットがおすすめです。

コロンビアの登山靴の選び方

ハイキング~低山低山~歩きやすい高山岩場、豪雪登山
足首の高さ ローカット  ミッドカット ハイカット
ソールの硬さ  柔らかめ  柔らかめ~中間  硬い

サイズはもちろんですが、登山靴は足首の高さとソールの硬さがポイントです。
登りたい山のレベルによって最適な靴が変わります。

ざっくりとですが、足首が高くなり、ソールが固くなるにつれ、険しい山道に適していると覚えていて下さい。

初心者~中級者が登る山であれば、ミッドカットまでの登山靴が最適です。

大は小を兼ねると言いますが、登山靴は険しい山用が日帰り登山用を兼ねるという事はありません。

それぞれに適した靴を履くことが重要ですので、どんな山をメインにするのかを考えて選びましょう。

コロンブスのシューズは、シューズの形状から予想される使い方によって、ソールの硬さが設定されています。

「NAVIC FIT」システムなど、かかとを固定し、つま先にかかるストレスを軽減するなど、より歩きやすい工夫がされているものもあります。

コロンブスのシューズは普段のサイズを選ぶと若干大きいという口コミがあるので注意して下さい。

登山用の靴下は分厚いものが多いので通常の靴下でピッタリの靴を選ぶと、いざ山に登る時にシューズが小さく感じる事があります。

試着をする時は、普段登山で使用している靴下を持参することをおすすめします。

この記事ではコロンブスのシューズの中でも、ミッドカットまでのおすすめシューズを紹介します。

用途に合わせて選ぶ

軽快な街歩きをメインに、たまにハイキングにも使いたい人は「ファセットシクスティーロウアウトドライ」など、スニーカーのように履けるローカットがおすすめ。

低山や、雪道や岩場のない高山に登りたい人は「セイバー フォー ミッド アウトドライ」のようなミッドカットが最適です。

アルプス縦走や急斜面を長時間歩くような登山にはハイカットシューズを選びましょう。

クッションは、柔らかい方が歩きやすいですが、山道を長時間歩く際は硬めの方が疲れにくいです。

インソールで調節することもできますので、まずは足首の形状で選んでみましょう。

コロンビアのおすすめ登山靴

街歩きから富士山登山まで、コロンブスのおすすめ登山靴を紹介します!

機能面でもデザイン面でも優れたコロンブスの登山靴は、長時間歩く時でも疲れにくいだけでなく、コーディネートの幅も広がります。

登山だけでなく、トレイルランニングをしてみたいという方に注目のシューズもありますので、チェックして下さい!

コロンビア:ファセットシクスティーロウアウトドライ

軽さに防水をプラスした高機能シューズ。

コロンビアらしくソールデザインにもこだわっていて、街で、アウトドアでと使い勝手の良いシューズです。

「NAVIC FIT」システムにより、より安定した歩行をサポートしてくれます。

ローカットはスニーカー愛用者でも違和感なく履きこなせる反面、登山でのガレ場など足場の悪い所には向きません。

ハイキングやキャンプ、街歩きにおすすめのシューズです。

長時間歩いても疲れにくく、スニーカーより暖かいので、冬の旅行でも重宝します。

重さ:385g(27cm/片足)
カット:ローカット
防水性:あり(防水構造:アウトドライ)
タイプ:ハイキング用

コロンビア:ファセット シクスティー アウトドライ

雨や雪でも快適に歩ける防水性と透湿性を備えたシューズ。
ミッドカットタイプなので小石なども入りにくいですし、登山途中の小川を通過する時なども安心です。

軽くて柔らかめのクッションが、長時間の登山での足の負担を軽減してくれます。

ハイキングにおすすめですが、整備された登山道に時折現れる岩場程度なら、十分対応可能かと思います。

こちらも「NAVIC FIT」により、快適さや安全性を向上しています。

重さ:397g(27cm/片足)
カット:ミッドカット
防水性:あり(防水構造:アウトドライ)
タイプ:ハイキング用

セイバー フォー ロウ アウトドライ・アウトドライワイド

日本人に多いと言われる幅広足に有難いワイドタイプのシューズです。

防水シューズの中には、性能にこだわった結果デザインが野暮ったい、というものも少なくないですが、これは機能とデザインを両取りしていますね。

釣りの時に愛用しているという人もいるようです。

ハイキングや、野外でのスポーツ観戦、街歩きまで、「雨の日=セイバーフォー」で間違いありませんが、本格的な山には心もとない面も。

あくまでトレッキングシューズですので、ガレ場や岩場で使用するのは避けましょう。

重さ:385g(27cm/片足)
カット:ローカット
防水性:あり(防水構造:アウトドライ)
タイプ:ハイキング、釣り用

コロンビア:セイバー フォー ミッド アウトドライ・アウトドライワイド

長年人気を博しているセイバーシリーズのミッドカットタイプ。

街ではゴツめの足元がアクセントになり、低山やハイキングでも活躍するという、「これ一足でいけちゃうんじゃね?」的なシューズです。

長時間登山や岩場には少し物足りないですが、それ以外での汎用性の高さが魅力。

重さ:421g(27cm/片足)
カット:ミッドカット
防水性:あり(防水構造:アウトドライ)
タイプ:ハイキング用

コロンビア:モントレイルF.K.T.

山道を走るために設計されたシューズ。

トレイルランニング初心者におすすめしたい一足です。
防水ではないので、基本は晴れた日のトレーニング用と考えて下さい。

ソールが若干固く、好みが分かれます。岩場でも使いたい、長距離を走りたいという人は、しっかり試着をしてから検討して下さい。

林道を短~中距離走りたいという方には、初心者から上級者までおすすめできます。

重さ:305g(27cm/片足)
カット:ローカット
防水性:なし
タイプ:トレイルランニング用

コロンビア:モントレイル F.K.T.アテンプト

モントレイルFKTをさらに軽くしたシューズです。

それでいて底面のグリップは優秀。代わりに足に対するサポートはモントレイルFKTほど手厚くないので、トレランに慣れてきた人におすすめしたいですね。

重さ:約279g
カット:ローカット
防水性:耐水
タイプ:トレッキング

コロンビア:ワイルドワンアンセム

泥汚れに強く、滑りにくいスニーカーです。街歩きにおすすめ。

キャンプなどのアウトドアでも活躍します。街中を長時間歩くのは意外と足に負荷がかかるんですよね。

デザインだけで靴を選んで後悔したことのある方は、一度機能性のあるシューズを履くと手放せなくなるかも。

こちらはデザイン+機能性のあるシューズですので、ファッションにこだわりつつ快適な歩行をしたいという方にピッタリです。

重さ:403g(27cm/片足)
カット:ローカット
防水性:あり(防水構造:オムニシールド)
タイプ:街歩き用

コロンビア:クレッセントピーク2 アウトドライ

クッション性がよく、登山道がある程度整備されている道なら標高が高くても使えるので、「いずれは富士山に登ってみたい」という方におすすめなのがこのシューズ。

もともと山道を走るために研究されたソールなので、長時間歩いても疲れにくいです。

グリップ力が優れていて滑りにくく、山歩きに慣れていない初心者に優しいシューズです。

重さ:491g(27cm/片足)
カット:ミッドカット
防水性:あり(防水構造:アウトドライ)
タイプ:トレッキング(岩場を除く)

コロンビア:メテオミッド3オムニテック

街歩きから山まで、幅広く使えるシューズです。

足首周りのパッドに厚みを持たせており、長い時間歩いた時の疲労を軽減してくれます。

クッション性がありながら通気性も確保されているので、足がムレずに快適。

ローカットシューズと比べると少し重いですが、タウンユースにも使えるデザイン性の高さも魅力!

カラーによって質感が違うので、強度を求める場合は010ブラックか439アベスを選んで下さい。

重さ:492g(27cm/片足)
カット:ミッドカット
防水性:あり(防水構造:オムニテックメンブレン)
タイプ:トレッキング用

まとめ

街歩きやハイキングには、軽くて動きやすい「ワイルドワンアンセム」や「ファセットシクスティーロウアウトドライ」など、ローカットシューズがおすすめ!

登山を楽しみたい方は、「メテオミッド3オムニテック」などミッドカットタイプを選んでおけば、登山のレベルがアップしても対応できます。

長時間歩く本格的な登山を目指すなら「クレッセントピーク2 アウトドライ」を選びましょう。
初心者は登山に向いた歩き方や筋肉ができていないので足裏が疲れやすいので、クッションで疲労を軽減してくれるシューズは頼もしい味方です。

コロンビアの登山靴は、街でさらっと履けるオールマイティーさを持ちながら、山に必要な機能も十分に兼ね備えています。

長年履いてもヘタりにくいですし、一足持っておくと何かと便利ですよ!


1-3.登山靴
ローレンジバナー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました