【使用感評価レビュー】スポルティバ トラバースTX4 を劔岳の岩場で検証

ヤマノ
ヤマノ

TX4は本当にカッコイイ!
登山が楽しくなる登山靴でした

スポルティバのTX4は似たモデルがたくさんあるので、特徴を理解して選ぶようにしましょう。

選ぶ時にはこれに注意しましょう。

ヤマノ
ヤマノ

ローカットとミッドカットモデルが出ています。
選ぶ時には好みに合わせて選ぼう!

ゆうや
ゆうや

スポルティバのアプローチシューズは、
最近人気が高いから店頭でもよく見かけるね

あすか
あすか

山雑誌に載ってるのを見たことあるよ

ヤマノ
ヤマノ

この記事では岩場向きと言われている
TX4を岩場の代表格である劔岳で検証した結果をまとめているよ

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

スポルティバ TX4 の基本性能と位置づけ

スポルティバTX4
・ローカット(くるぶし丈の人気モデル)
・岩稜帯が組み合わさる稜線などでの長時間歩行向け

スポルティバ TX4 の外観(横からの見た目)

スポルティバ TX4 の底面

スポルティバ TX4を選ぶメリット

そんな「スポルティバ TX4」ですが、実際に使ってみて見えてきたメリット・デメリットを整理してみます。

メリット

・メガグリップという特別グリップ力が高く、滑りにくい
・岩場歩きがしやすい
・デザインがカッコイイ
・人気モデルで多くの人にサイズが合い易い

ヤマノ
ヤマノ

使ってみてわかったのは、
軽く滑りにくいという点

劔岳の岩場歩きも全く問題ありませんでした。

スポルティバのサイズ感(ヤマノの所感)
スポルティバ:アカシャ UK7 1/2
スポルティバ:TX4   UK7 1/2
スポルティバ:TXガイド UK7 1/2 (つま先は少し細い)
(スポルティバはトランゴシリーズはフィット感は少し異なる印象)

岩場歩きの靴と言われる通り、鎖場が多い岩場でも歩きやすい

スポルティバ TX4を選ぶデメリット

TX4はとても人気な登山靴ですが、デメリットもあります。

デメリット

・ソールが減りやすく、耐久性が高いとは言えない
・ソールが減ってもソール交換ができない
・岩稜帯以外を歩くなら、TX5の方が向いている
・人気すぎて実店舗で売り切れていることが多い

ヤマノ
ヤマノ

耐久性の低さは唯一の欠点

グリップが高く滑りにくい靴ほど、靴底はすり減りやすいので注意

友人は2年使ったところで靴底の一部が剥がれていました。

実店舗でサイズがないのも悩みものです。私の場合、売り切れが多くて4店舗も探しました。

サイズがわかっているなら、ネット注文の方が良さそうです。

けんた
けんた

日帰り登山で使いたいなら、もう少し軽いこちらと合わせて検討しよう

総評

スポルティバのTX4は軽く歩きやすいローカットの登山靴。

amazonであればゴアテックスモデルもあるので、できればゴアテックス素材の方がおすすめです。

滑りにくい靴があることで救われることも多い

デメリットとして靴底が減りやすいという点はありますが、登山中滑りにくいことで命を守る場面もあります。

耐久性の低ささえ目をつぶればこれ以上の靴はないと思います。

【初心者必見】登山ブログが伝える「おすすめの登山靴」と選び方
登山を始めようと思ったら最初に選ぶ道具の一つが登山靴です。ステップアップするときにも登山靴の見直しをすることも多いです。そんなすべての始めの一歩になる登山靴についてまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました