【雪山登山】グリベルのおすすめピッケル

これから雪山登山を始めてみよう!と考えている方なら、グリベルというメーカー名は聞いたことがあるのではないでしょうか。日本ではアイゼンで有名なメーカですよね。

そんなグリベルは、初心者用から上級者向けまで、幅広いピッケルを扱っています。今回はグリベルのピッケルについて解説しますので、ピッケル選びの参考にしてくださいね。

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

グリベルのピッケルの特徴

初心者向けのGゼロというモデルは4色のカラーがあり、ウェアと合わせたい方や、女性にも選びやすいモデルとなっています。

一方で見た目から堅牢性も重視していることが伺えます。

一般的な雪山で使用するモデルでは、ヘッドやアッズと呼ばれる雪や氷をカットする時に使用する部分が肉抜きされていることがありますが、グリベルのピッケルは、そのような肉抜きが無いか最小限に抑えられています。

初心者向けのモデルでもピッケルとしての基本的な機能は妥協しないのが、グリベルのピッケルの特徴ということができます。

グリベルのピッケルの選び方

グリベルのピッケルは、一般的な雪山向けのモデルから、アイスクライミングと呼ばれる垂直に近い斜面を登攀する為のモデルまで幅広くラインナップされており、用途によって形状や長さが様々です。

ここではシャフトの形状や長さについて解説するので参考にしてください。

ストレートタイプ

シャフトがストレートのタイプは、一般的な雪山登山で杖と使用しても、斜面での登攀で使用しても使いやすい、オールマイティな形状です。

初めて購入するピッケルとしておすすめできるタイプです。

ゆるいカーブタイプ

シャフトがゆるくカーブしているモデルは、一般的な雪山登山から、ピックと呼ばれる斜面に突き刺して使う部分を雪面に突き刺して使用する場合など、少し急な斜面でも使いやすいモデルです。

杖としても使えるモデルから、50cm程度と短くて、斜面で使うことを主とするモデルがあります。シャフトが長めのモデルは、ストレートタイプと同じ様に使えるので、初めの一本目としてもおすすめできます。

角度の急なカーブモデル

グリベルでエクストリームライン、と呼ばれるシャフトの角度が急なモデルは、アイスクライミングやドライツーリングと呼ばれる岩壁を登攀するための形状です。

垂直の斜面でも握りやすいように、持ち手がついているモデルもあります。また、ピック部分を取り外して交換することもできます。

最適な長さ

初めてピッケルを選ぶときは長さに迷いますよね。

目安はスパイクと呼ばれる雪面に突き刺す部分が、立った状態でピッケルのヘッドを持った時に、くるぶしの少し上に来るくらいがおすすめです。

私の使用しているピッケルは、上記の状態でスパイクがくるぶしの上7cm位です。グリベルのピッケルには色々なタイプと長さがあるので、以下に一覧表にしましたので参考にしてみてください。

単位はcm

ストレートタイプ

ゆるいカーブタイプ

角度の急なカーブモデル

Gゼロ

モンテローザプラス

G1 SAプラス、ネパールSAプラス

エアーテックシリーズ

ジョラス2.0G、ゴーストEVO

ライトマシンV、ノースマシンV、ノースマシンVカーボン、ダークマシン

58、66、74

58、66、70

53、58、66、74

48、53、58、66

45、50、53、58

47、50

表の右側に行くほど、急な斜面や垂直の斜面で使用することを想定したモデルです。角度の急なカーブモデルは短く、おだやかな斜面で杖として使うには、あまり向いていないことがわかります。

また、66cmと74cmどちらにしようかな、と迷うこともあると思います。そんな時は短い方のモデルを選んだ方が、斜面で雪面に突き刺して使う際に振るいやすく、使いやすいようです。

グリベルのピッケルが合わない人

シャフトにメーカー名やモデル名が大きな文字でしっかり記載されているので、このような見た目が苦手な方には向いていないかもしれません。

グリベルのピッケルが向いている人

ストレートモデルのGゼロはシャフトカラーが豊富で、ウェアに合わせやすいです。

また、ヘッド部分など肉抜きが少ないので、堅牢な見た目が好みの方や、グリベルのアイゼンと合わせたい、という方に向いています。

グリベルのおすすめピッケル

おすすめのピッケルはゆるいカーブモデルのG1 SAプラスです。ゆるいカーブモデルは初めて雪山に行く方から、慣れて急な斜面のある雪山でも使いやすいので、長く使うことができます。

また、リーシュがついて14.850円(税込)と、リーシュが着いていないブラックダイヤモンドのレイブンプロ14,740(税込)やペツルのサミット17,600(税込)と比べて、購入しやすい価格です。

初めての雪山におすすめなストレートタイプ

グリベル:Gゼロ

グリベルGゼロは、最も基本的なモデルで、選べる長さが58、66、74cm多く、またカラーもブラック、グリーン、ブルー、ピンクの中から選べる、種類が豊富なモデルです。

リーシュやヘッドプロテクターという、ヘッド部分を持った時に手の冷えを防ぐプラスチックのカバーもついています。

また、価格が10,890円(税込)となっており、ブラックダイヤモンドのレイブンウィズグリップ13,530円(税込)や、ペツルのグレイシャー11,660円(税込)と比べて購入しやすい金額になっています。

グリベル:モンテローザプラス

このモデルもリーシュが付属しています。Gゼロとの違いは、シャフトのスパイク付近がラバー付きになっており、ピッケルを振るったときに滑りにくくなっています。

初めての雪山から傾斜のある山でも使えるカーブタイプ

グリベル:ネパールSAプラス

モンテローザプラスのシャフト部分をカーブさせたようなモデルです。リーシュが付属しており、長さが53、58、66、74cmと豊富です。

価格は14,630円(税込)とブラックダイヤモンドのレイブンプロ14,740円(税込)や、ペツルのサミット17,600円(税込)と比べて購入しやすい価格です。初めて買う一本目にもおすすめできます。

グリベル:G1 SAプラス

ネパールSAプラスよりも45g軽量で、こちらも長さの種類が、53、58、66、74cmと豊富です。リーシュが付属しています。ヘッド部分が小ぶりで、手が小さな方にも握りやすくなっています。

価格は14,850円(税込)です。ヘッド部分が小ぶりのため、ネパールSAプラスよりも45g軽量で、こちらも初めての一本目としてもおすすめです。

クライミング用のアイスアックス

グリベル:ライトマシンVハンマー、アッズ

ヘッド部分のピックと反対側にある部分が、氷や雪を切り出すアッズになっているモデルと、ハーケンと呼ばれるロープを固定するくさびを打ち込むハンマーになっているモデルです。

長さは50cmと短く、急峻な斜面で使用することを想定したモデルです。価格は22,500円(税込)です。

グリベル:ノースマシンV、アッズ、ハンマー

斜面にピッケルを打ち込む時に持ちやすいように、シャフトに持ち手がついています。

ヘッド部分は、ハンマーのモデルとアッズのモデルのほか、どちらもついていないピックのみのモデルもあります。

長さは47cmとライトマシンよりも更に短いモデルです。価格は22,500円(税込)から23,500円(税込)です。

グリベル:ノースマシンVカーボン、ハンマー、アッズ

ノースマシンVのシャフト部分が、カーボンになったモデルです。

アルミシャフトのノースマシンより、20gほど軽くなっています。価格は31,680円(税込)から33,000円(税込)です。

グリベル:ダークマシン、ダークマシンX

ダークマシンはアイスクライミング用のピッケルで、持ち手が握りやすいようにコの字形状になっています。

シャフトはカーボンで、価格は45,100円(税込)です。ダークマシンXは、ドライツーリングと呼ばれる岩壁にも対応したピッケルです。

持ち手はダークマシンよりもさらに深いコの字形になっています。価格は47,300円(税込)です。

グリベル GRIVEL ダークマシン GV-PIMACDAR.ISV

まとめ

一般的な雪山登山での使用を想定したグリベルのピッケルは、ストレートモデルからゆるいカーブが付いたモデルまで、多くのモデルにリーシュが付属しており、ブラックダイヤモンドやペツルと比べて買いやすい価格になっています。

初めてピッケルを購入する方におすすめできるメーカーなので、グリベルのピッケルを購入して、冬山を楽しみましょう!

ピッケル全般はこちら
>>積雪期登山 おすすめのピッケル ブラックダイヤモンドやグリベル

02.雪山登山道具
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました