楽天で年末年始前の駆け込みセール開催中

2021年最後の楽天スーパーセール

今すぐ見てみる

【雪山登山】アークテリクスのおすすめハードシェル アルファとかSVとかの記号って何?

あすか
あすか

アークテリクスのジャケットって
アルファとかSV,ARとか名前についてるけど、
あれってどういう意味なのかな?

ゆうや
ゆうや

ああ、あれね
確かに知らないとわかりにくいよね。

一度整理して必要なウェアが何かチェックしてみよう!

ヤマノ
ヤマノ

この記事ではアークのウェアの選び方と
雪山登山で使えるウェアを説明します。

アークテリクスのハードシェルはざっくり4択
・悪天に強い「ベータ SV」
・全天候型の「アルファAR」
・クライミングにも対応できる最強ウェア「アルファSV」
・バックカントリー用「セイバー AR」

アークテリクスのハードシェルはアウトドアだけでなく、通勤・通学やタウンユース、ウィンタースポーツなど、幅広く使用できる万能ウェアです。

詳細は記事をご覧ください。

そもそもハードシェルって何に使うの?という方は以下の記事から確認しましょう。

>>冬期雪山登山のおすすめハードシェル 性能比較や特徴について

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

アークテリクスのウェアの見方

シリーズ別着丈の長さの差異

あすか
あすか

この記事で紹介するウェアは、
アルファとベータの2つのシリーズが出てくるよ

ヤマノ
ヤマノ

街着でも兼用するなら、
着丈が長い「アルファ」の方がおすすめ

さとし
さとし

通勤で自転車に乗るなら、
着丈は短めの方が邪魔にならないな

アークテリクスのハードシェルの選び方

しんご
しんご

ゼータSL・ベータSL・ベータLTあたりの
ジャケットはレインウェアとして人気だから、
持っている人も多いね

ヤマノ
ヤマノ

ハードシェルそのものに保温性能があるわけではないけど、
強い風雪を防ぐには、SLやLTのモデルでは物足りないんだ

特に初心者は過剰なくらいの性能は用意しておいた方が安全です。

4種類のウェアを整理してみよう

ゆうや
ゆうや

このウェア、
どれが一番性能が高いかわかるかな?

あすか
あすか

えっと、SVが一番高性能だから、
アルファSVとベータSVが凄いってことかな

ゆうや
ゆうや

その通り!
アルファAR≒セイバーAR<ベータSV≒アルファSVと
表わすことができるね。

・悪天に強い「ベータ SV」
・全天候型のクライミングにも対応できるウェア「アルファAR」
・悪天に強く、クライミングにも対応できるウェア「アルファSV」
・全天候型のバックカントリー用「セイバー AR」

ヤマノ
ヤマノ

アルファかベータかは、
クライミングをするかによって決めて良いよ。

実際のところは、着丈で決める人の方が多いけどね

アークテリクスのハードシェルを選ぶデメリット

そんな「アークテリクスのハードシェル」ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

あすか
あすか

わかりました!
アークテリクスのハードシェルは、
SVを選んでおけば間違いないんですね!

ゆうや
ゆうや

それであってるよ。
でもちょっと待って。アークテリクスのウェアの値段って知ってる?
デメリットも知った上で検討しないとダメだよ

デメリット

・価格が高い
・中古品の購入では偽物が多い

悪いクチコミ

・接着部分が剥がれやすい
・購入ショップが少ない

ヤマノ
ヤマノ

ひとりの方から、
ベータSVで接着部分の剥がれは経年劣化で起きたという情報が届きました。

何年使ったかは聞けませんでしたが、登山でもバックカントリーでもハードに使い倒していたそうです。

アークテリクスのハードシェルは価格が高い

ゆうや
ゆうや

アークテリクスの価格は高いよ
アルファSVなら11万、
アルファARなら7万7千。

あすか
あすか

じゅ、11万!?
学生にはちょっと厳しいかも

ゆうや
ゆうや

そうだね。学生には価格の安い
ミレーのハードシェルの方がおすすめだね。

でも逆に考えるとこれだけ高くても売れてるのって、
性能と信頼性の高さの証
とも言えるよね。

長く使うなら損にはならないよ。

アークテリクスの中古品購入は偽物が多く、避けた方が無難

ヤマノ
ヤマノ

これは本当に許せないです。
メルカリやヤフオク等でもアークテリクス製品は偽物が出回り、
年々巧妙なつくりになっています。

素人が見分けるのは難解なので、避けた方が無難です。

さとし
さとし

偽物だと本来の性能はないだろうから、
下手したら命にかかわるよ

ヤマノ
ヤマノ

実はちょっと見分けられないか調べてみましたが、
製造年によって販売代理店が変わったり、タグの仕様が変わったり、
製造国も変わっているので、見分けるのは厳しいという印象でした。

アークテリクスのハードシェルを選ぶメリット

メリット

・街着として兼用しやすく、おしゃれに着こなすことができる
・ブランドイメージから、上級者に見られる(あと男性はモテるかも)
・高性能で長く使うことができる

ヤマノ
ヤマノ

特にストレッチ性の評価は高いですね。
ハイシーズンは一時的に売り切れになりがちなので、早めにチェックです

良いクチコミ

・価格はそこそこしたが、街中でもおしゃれに着れるので、愛用品になりました
・登山やバックカントリーでどんなに悪天候で使用しても壊れることがなく、耐久性が高い

ヤマノ
ヤマノ

購入された方に選んだ理由も聞いてみましたが、
ダントツ1位の理由は「見た目のかっこよさ」でした。

男女問わず高い人気があることが確認できました

街着として兼用しやすく、おしゃれに着こなすことができる

シンプルで着た感じもスマートに着られるものが多いので、アウトドアの派手な感じが嫌いな方に向いています。

シンプルなので、カップルで着たいといった女性意見も多く見られました。

読者からは、完全に同じものというより、2人で色違いで着てる方が良いといったコーデの意見も寄せられました。

りお
りお

アークテリクスのウェアは
やっぱりカッコいいね!

けんた
けんた

登山を全く知らない友達も着てたよ
街着でも使えるなら、別々に買うよりずっといいね

ブランドイメージから、上級者に見られる(あと男性はモテるかも)

しんご
しんご

アークテリクスと言えば、
高性能・高価格というのは登山者の常識
そうなると着ている人は「わかっている人」に見られることも多いよ

りお
りお

確かにアークテリクスは女性評価が高くなるかも
でも見た目だけじゃなくて、中身も伴わないとダメだよ

高性能で長く使うことができる

アークテリクスは高性能で耐久性が高く、長く使うことができます。

総評

アークテリクスのウェアは、価格が高いのが難点ですが、シンプルでカッコよく、登山だけの枠にとらわれない万能ジャケットと言えるでしょう。

所持するハードルは高いですが、長く使えるウェアなので、じっくり検討してみても良いでしょう。

アークテリクスのおすすめハードシェル一覧

りお
りお

レディースはamazonは在庫がないことが多いので、
楽天がおすすめ

悪天に強いアークテリクス ベータ SVジャケット

購入した方からのクチコミ(悪い点)

・重さはバリオの方が軽いので、重さが気になる

購入した方からのクチコミ(良い点)

・値段は高いですが、アウトドアに必要な性能はしっかりしているので、
 とても心地よく着られます。
 長く愛用できるので、そう思うと値段もそれなりなのかなと思います。
 デザインもシンプルで、着た感じがかっこよくきまりますよ。

・いつもハイキングや登山でソフトシェルを着用しますが、まず軽いので着心地が良いです。
 途中汗をかいて暑くなる時もそうなる前に中にこもった湿気を逃してくれるのでいつでもサラッとしていて汗冷えがないところが気に入っています。
 防風もしっかりしているので頂上や休憩中も寒くなく快適に過ごせるところが強みです。
 あと、あんまり人と被ることがないブランドです。

購入した方からのクチコミ(どんな風に使っているか)

・いつもハイキングや登山でソフトシェルを着用しますが、まず軽いので着心地が良いです。
 途中汗をかいて暑くなる時もそうなる前に中にこもった湿気を逃してくれるのでいつでもサラッとしていて汗冷えがないところが気に入っています。
 防風もしっかりしているので頂上や休憩中も寒くなく快適に過ごせるところが強みです。
 あと、あんまり人と被ることがないブランドです。
・性能がいいので、自分が着ていて楽なので、さらに何アイテムか欲しくなりました。
 ただ値段が高いので、毎シーズン何か一つ買えるといいなという感じですが、
 新しいものをチェックするのが楽しいです。
 レディースがもっと増えてくれるとさらに嬉しいです。

全天候型のアークテリクス アルファARジャケット

アルファARはロングセラーで雪山登山もタウンユースも1着で対応することができるのが、魅力です。

ヤマノ
ヤマノ

・最新のゴアテックスプロ素材が使用されている
・雪崩時の遭難救助システムRECCOも搭載
・街着から高山アルパインまで対応できる

ゆうや
ゆうや

SVシリーズより悪天候には弱いけど、
それでも十分な天候変化に対応できるかた、雪山登山でも大丈夫

クライミングにも対応できるアークテリクス アルファSVジャケット

アルファSVはクライミングまで対応できる最も性能が高いジャケットです。

クライミングまでしない人なら過剰ともいえる性能ですが、性能も見た目も拘る方におすすめです。

(取寄)アークテリクス レディース アルファ SV ジャケット – ウィメンズ Arc’teryx Women’s Alpha SV Jacket – Women’s Dynasty

バックカントリー対応モデル アークテリクス セイバー ARジャケット

セイバーARジャケットは、バックカントリーに適したハードシェルジャケットです。

ヤマノ
ヤマノ

実のところ、バックカントリー向けのウェアは、
セイバー以外にもありますが、まずは一番メジャーなこちらを検討すればOK

他のハードシェルも合わせて検討するならよく一緒に読まれている記事もご覧ください。

>>おすすめの冬山のハードシェルパンツ 取り入れるメリットと選ぶポイント
>>みんな知ってる!?パタゴニアのハードシェルの選び方・特徴をまとめました

コメント

タイトルとURLをコピーしました