11/27-12/1 amazon大規模セール開始

amazonブラックフライデーに備えて準備しよう

今すぐ見てみる
 

わかりにくい登山の用語集(カール・取り付きなど)

登山雑記
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

わかりにくい登山の用語集(カール・取り付きなど)

この記事でわかること
・わかりにくい登山用語の意味がわかる

・わかりにくい登山用語

登山用語ってわかりにくくないですか?私は登山を始めたとき聞きなれない用語に度々戸惑いました。なので今回は知っておきたい登山用語をまとめてみました。

すべて書き並べると逆にわかりにくいので、聞く機会が特に多いものをまとめています。

・登山道具

・ヘッドライト、ヘッドランプ、ヘッデン

頭に固定して使う照明器具です。ヘッドランプと呼ぶことが多いですが、ヘッドライトやヘッデンと呼ぶこともあります。どれも同じものを指します。

関連記事
登山用 安い軽量なヘッドライト

・アイゼン(クランポン)・ピッケル(アックス)

アイゼン(クランポン)は靴の下につけるトゲトゲの道具です。陸上のスパイクのようなイメージになります。雪山に登らないなら気にしなくて良い道具です。

ピッケルも同じく雪山で斜面から落ちてしまったときに、安全に停止するための道具です。雪山で滑ると本当に止まらないので必要なんです。

関連記事
積雪期登山 おすすめのピッケル ブラックダイヤモンドやグリベル
登山用アイゼン(クランポン)の選び方やおすすめモデル

・シュラフ/寝袋

袋状の中に入って寝るための道具です。キャンプで使われるものに比べ登山用のものは軽く値段も高いです。

関連記事
登山用の寝袋(シュラフ) の選び方やおすすめ製品 これでテント泊もバッチリ

・コッヘル、コッフェル

登山用鍋のことです。軽量化されているものが多く、コンパクトに持ち運べます。

関連記事
登山のクッカー 何が最適?メスティンなどのおすすめのクッカー

・武器(ぶき)/カトラリー

知らないと全くわかりませんが、カトラリーのことでフォークやスプーン、箸を指します。定かではありませんが、登山中の食事は戦いだからなどと言われています。

関連記事
山ご飯の楽しみ倍増!!登山のおすすめカトラリー(箸・スプーン・フォーク) 

・場所・地点名・地名

・地点名

いっぱいあるので合わせて記載します。地図にのっている名称に多いです。

鞍部(あんぶ)/コル:稜線上( 山の一番高いところがつながっている部分 )の凹地のことや窪んだ場所を指します。

乗越(のっこし):峠のこと。乗越と鞍部(あんぶ)が同一の場所になることが多い

尾根(おね)/稜線(りょうせん)/山稜(さんりょう):山の一番高いところがつながっている部分。山脈部分を指します。開けていて日差しが強く、風も強い場所がほとんどです。景色もきれいなので尾根伝いに歩くことも多くなります。

カール/圏谷 (けんこく) :大昔の氷河が山肌を削ったような地形でスプーンでえぐったような地形と呼ばれます。冬には雪崩が発生しやすくなります。

有名なのは、千畳敷カールや涸沢カールなどがあげられます。

キレット、キレト、切戸:v字にへこんでいるところ、難しいルートに多い。特に一般登山道の中で最難関である大キレットは有名です。

ゴルジュ/廊下:両岸を急な岩壁に挟まれた細い谷。滑り落ちる危険が高い地形です。

関連記事
黒部渓谷 下ノ廊下の紅葉 滑落事故の注意とそれでも登山者が絶えない魅力とは?

・状況を指す用語

浮き石(うきいし):安定していない石のことです。 乗った際に転倒したり落石を引き起こす危険 があります。〇〇のルートは浮き石が多いと聞いたら歩きにくいので歩くのに時間がかかることがわかります。

ガレ、ガレ場(ガレば):石や岩が積み重なっていて歩きにくい場所。川沿いに歩くルートに多いです。大きい岩が積み重なったところはゴーロと呼び、野口五郎岳や黒部五郎岳など山名の語源となったりもしています。

ザレ場(ザレば)/ 砂礫地 :ガレ場が石に対してザレ場は砂が広がっている場所です。

鎖場(くさりば):安全のために鎖やロープが取り付けられている場所です。事故があった場所などに取り付けられることが多いので、特に注意が必要です。初心者あのうちは鎖場がないルートを選ぶと良いです。

雪渓(せっけい):夏期に溶けずに残っている雪の谷です。雪の下には見えない穴がある場合もあるため、上を歩くのは危険です。夏の雪に感動して歩かないようにしましょう。

雪庇(せっぴ):強風により稜線に張り出した雪の塊。土があると思って乗ると雪の塊ごと滑落する事故も起きます。雪のある時期に登るなら知っておきましょう。

・全般

取り付き:登山口の意味合いで使われることが多い。地図にないルートで取り付き地点は、〇〇など。平野部から登り始める地点。

ケルン:正しい登山ルートを示す意味で小石を円錐型に積んだものです。山によっては正しくないルートにもおいてあったりするので、目安程度に考えておきましょう。

縦走(じゅうそう):山頂から次の山頂へ稜線を伝って歩くことです。1泊以上の長い行程となることが多いです。

トラバース: 斜面や岩壁を横に移動すること。

バリエーションルート:整備されていない登山道以外のルートで難易度が高い。上級者は地図に載っていないルートを歩くことも多いです。山によっては冬にだけ登れるバリエーションルートもある。

ピストン:登りのルートと下りのルートが同じこと。初心者のうちはピストンルートが安全です。

モルゲンロート:朝日により山肌や雲が赤く染まること、朝焼けを指します。夕焼けの場合はアーベントロートといいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました