山ご飯の楽しみ倍増!!登山のおすすめカトラリー(箸・スプーン・フォーク) 

山ご飯の楽しみ倍増!!登山のおすすめカトラリー

本記事ではカトラリーについてご紹介します。結論から言うと、カトラリーは必ずしも必要な道具ではありません。
でもあれば山ご飯のモチベーションが上がりますし、写真にも映えます。

どんな選択肢があるかだけでも知っておいて欲しいなと思って調べました。

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

カトラリーはどう選ぶ?

素材から選ぶ方法が有名です。

でもやっぱり一番が自分が気に入るものを選んだ方が愛着もわき、登山が楽しくなります。

近年では、木製の方が自然と溶け込み料理の写真も映えるので、人気を博しています。実用性だけで言えばチタン性が軽く使いやすいです。

八ヶ岳(天狗岳)の黒百合ヒュッテなど、山小屋の売店で木製のカトラリーを見かけることも多いので、山に行って探してみるのも良いかもしれません。

チタン

チタン

・丈夫で壊れにくい
・熱伝導率の低さから熱さで火傷しにくい
・重さが軽く登山向き
・値段は高価

アルミ

アルミ

・強度はチタンに劣るので、薄すぎるものは避けましょう
・熱伝導率の低さから熱さで火傷しにくい
・やや重いが値段が安い

ステンレス

ステンレス

・やや丈夫で錆びにくく長く使える
・熱にも強く、値段は普通

シリコン

シリコン

・柔らかく、カレーやシチューなども綺麗に食べることができます
・慣れないと使いにくいですが、食器の片付けやすさはバツグンです
・食器を傷つけたくない人にもおすすめです

樹脂製

樹脂製

・軽く、様々な形、色の製品あ多いので、デザインで選びたい人に向きます
・熱に弱いものもあるので、選択時には要チェックです
・油が落としにくいものもあるので、洗物は少し大変です

木製・竹製

木製・竹製

・軽く、山にもっていくにはおしゃれなデザインが多いです
・強度は金属に劣りますが、軽く使いやすいです

おすすめのカトラリー(セット)

私がおすすめするのは、プリムスのLWトレイルカトラリーです。

スプーン&フォーク&ナイフで26g、私はナイフは使わないので、スプーンとフォークで軽量化しています。

個人的にとくに気になったのは、
チタン製なのに値段が安く、スプーンとフォーク合わせて33gのEPI チタンカトラリーセット 2 と、
スプーンとフォーク合わせて26gのユニフレーム(UNIFLAME) カラカトグリーンです。グリーンだけ何故か安いのでねらい目かなと感じました。

デザインでよいなと思ったのは、 TO-GO WARE(トゥーゴーウェア) クラシック バンブー カトラリー です。木製で選ぶならこちらですね。

プリムス LWトレイルカトラリー

耐熱温度が100℃とやや低めなのが難点ですが、3点セットで26gなので、かなり軽いです。

これより軽量化したものは使いにくさも目立つので、ちょうど良い使い心地かつ、安い。

TO-GO WARE(トゥーゴーウェア) クラシック バンブー カトラリー

TO-GO WARE(トゥーゴーウェア) クラシック バンブー カトラリー

竹製:ナイフ・フォーク・スプーン 総重量59g
味のあるカトラリーでおすすめです。
難点として、ナイフの切れ味はよくないので、厚い肉を切るのは難しいです。
魚やパンを切るのには使えます。

金属製では味気ないと思いキャンプ用として購入しました。

竹製で意外と高温に強いので調理にも使用しています。しなやかで軽く使い勝手が良いです。

折りたたみではないのでそこまでコンパクトにはなりませんが、金属製には無い暖かみがあり気に入っています。

amazonレビューより

ナイフ・フォーク・スプーン・箸のセット

キャンピングチタンカトラリー 5点セット [ナイフ・フォーク・スプーン・箸のセット

チタン:ナイフ・フォーク・スプーン・スプーン(先割れ)・箸

持ち手は穴を空け軽量化を図っています。総重量71.5g

商品が届いた時、薄くて大丈夫なのかな?と言うのが、最初の印象でした。

しかし使用してみると、強度も有り軽くていい感じです。

現在は、三種とも研いでますます持って使い心地がいいです。

カチカチに凍るアイスも軽くすくうことができます。

amazonレビューより

スノーピーク ワッパー武器

チタン:スプーン・フォーク

ワッパー武器って何?と思った方も多いでしょう。
昔から登山をしてきた人の中ではカトラリーのことを武器と呼ぶ人たちがいます。

ロシア語のフォーク(ビューキ)が語源と言う説もありますが、そういった昔からの風習がそのまま商品名になったようです。

何より 軽い アレルギーなども起こらない 形がシンプルで洗いやすい。

これを使いだすと ステンの重いスプーンは使えない。

amazonレビューより

EPI チタンカトラリーセット 2

EPI チタンカトラリーセット 2

素材:チタン
重量:スプーン:17g フォーク:16g

非常に評価が高いカトラリーセットです。それなのに安いので、迷ったらこれでいいと思います。難点はケースがメッシュでスプーンやフォークが飛び出してしまうことです。

私ならケースは持ち歩かず、クッカーにそのまま突っ込むと思います。

他社の重ねて収納できるタイプや折りたたみタイプも使ってみたが手や指に違和感を感じたり痛かったりして使い勝手が悪かった。

本製品は普段使うのに近い形状的なので使い易さは申し分なく、シンプルである良さを実感する商品となった。収納性で劣ると思ったが、余計なギミックがないぶん手間もなくシンプルな形状ゆえ隙間に入れやすく問題にならなかった。網状の袋も最初は「これに入れるのか」と思ったが、アルコールティシュで拭いて入れておけば乾くし、袋自体に水分が残らないので清潔ではと思っている。

amazoレビューより

ユニフレーム fanカトラリーセット ( スプーン・フォーク・箸を各4人分 )

ユニフレーム fanカトラリーセット ( スプーン・フォーク・箸を各4人分 )

スプーン・フォーク・箸を4人分ということなので、まとめ買い向けです。
グループ・家族登山やキャンプにいいですね。

みんなで揃ったカトラリーで山ご飯を楽しみましょう

商品は非常に良いもので満足しています、ただアウトドアで使うには入れ物(筒状の)が立派すぎて重さもあり、出来れば布製のものにして頂ければと思います、あと価格を安くして頂ければ星5つです。

amazonレビューより

おすすめのカトラリー(個別)

Boundless Voyage アウトドアキャンプ超軽量チタン製 カトラリー

Boundless Voyage アウトドアキャンプ超軽量チタン製 カトラリー

片方がスプーン、もう片方がフォークと言う面白い商品。今までは折りたたみのスプーン・フォークを使っていましたが、イマイチ使いづらいのでこちらを購入。使ってみると使いにくいことは無く普通に使える、(・∀・)イイ!!お箸について要望するなら、お箸が丸いのでテーブルの上でコロコロ転がってしまうこと、角型にしてもらえると良いかと思います。(キャンプでの使用なので)

amazonレビューより

MAGNA(マグナ) 折畳式 シングル カトラリー

MAGNA(マグナ) 折畳式 シングル カトラリー 
ステンレス

トータルで考えると、良いです。ケースがメッシュなので、洗った後の濡れた状態でも入れられる。カラビナ付きなのも地味に便利。スライド式ロックは普通に食事に使う分には問題なく機能します。分割箸のネジ部分に補修用Oリング内径3.8mmを嵌め込んだら、緩みは解消しました。だが、しかし…太さが1.9mmのリングなので、著しくはみ出てますが…

amazonレビューより

CAMPING UTENSILS 4本セット キャンピングユテンシル

CAMPING UTENSILS 4本セット キャンピングユテンシル

木製カトラリーセット スプーン フォーク 箸

木製カトラリーセット スプーン フォーク 箸

ロゴス 食器セット

ロゴス 食器セット

UNIFLAME(ユニフレーム) fanカトラリー

UNIFLAME(ユニフレーム) fanカトラリー

ユニフレーム (UNIFLAME) FDスプーン Ti + FDフォーク 

ユニフレーム (UNIFLAME) FDスプーン Ti + FDフォーク 

ユニフレーム(UNIFLAME) カラカトグリーン

ユニフレーム(UNIFLAME) カラカトグリーン 

キャプテンスタッグ チタン製 箸

キャプテンスタッグ チタン製 箸

スノーピーク 和武器

スノーピークといえば値段は高いですが、
長年使える品質の高さから大きな人気を持つブランドです。

登山からキャンプまで長く使うならカッコイイものを

おすすめのカトラリー(一体型)

スノーピーク チタン先割れスプーン


チタン製

ヒューマンギア ゴーバイトUNO

Hovome,多機能フラットウェアセット

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) アルファライトセット(ナイフ/スポーク)

以上、カトラリーのご紹介でした。

皆さんもぜひ快適な山ご飯を味わってください。

この記事の続き

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました