「登山者100人アンケート」最適な車種と車の選び方

あなたは「車があればあの山に行けるのに」とか、「車があればもっと早く登れるのに」と悩んだことはありませんか?

ヤマノ
ヤマノ

登山ではやっぱりマイカーが便利です。

山によってはタクシーすら呼べないところもありますし、
公共交通機関で行けない登山口もたくさんあります。

けんた
けんた

確かに車は必要だよね。
でも車は高いし手が出ないよ

登山に向いた車を安く買う方法ってないのかな?

ヤマノ
ヤマノ

そうですね。
それならこの記事では「登山に適した車種の選び方」と
「失敗しない車の選び方」について説明しましょう!

この記事の結論
・100人にアンケートで聞いた結果、登山に最適な車種はSUV・クロカン
・安く車を購入するなら中古車を上手く活用する
・知識がないなら丁寧に相談に乗ってくれる業者を活用すると失敗しにくい

>丸投げできる車探し「SUV(ランドクルーザー)、ミニバン(ハイエース)」の相談ならFLEX

ヤマノ
ヤマノ

細かいアンケート結果の詳細と合わせて見てみましょう!

参考
この記事を書くヤマノ家では、この4つのパターンを経験しています。
・車を持たないカーシェア
・登山の時だけレンタカーを使用
・中古車を購入
・新車を購入 

※この他にもリース契約の手段もありますが、長距離運転が多くなりがちな登山者では、割増料金となることが多く、アウトドア派の人には不向きと考えています。

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

登山でマイカーを持つメリット

メリット

・出発時間や下山時間をバスや電車の時間に合わせずに済む
・車でしかアクセスできない登山口にも行ける
・重い荷物を運ぶのもラクチン
・下山後の温泉や食事に立ち寄りやすくなる

出発時間や下山時間をバスや電車の時間に合わせずに済む

マイカーを持つ最大のメリットは計画の自由度が格段に増すということ。

特に登山では車がないとバスや電車の時間に合わせて行動しなければならないので、移動日が余計に必要になることも少なくありません。

自由な登山計画をするためにはマイカーが重要になるのです。

車でしかアクセスできない登山口にも行ける

登山を始めると行きたい山はどんどん増えていきます。

人気の山であればバスが出ていることもありますが、ハイシーズンのみの運行であったり、コロナ蔓延の影響でツアーが中止されることもあり、登山口まで車がないとたどり着けない場所もあります。

車があれば、好きな山の好きな登山口を選び、自由に登山を楽しむことができるのです。

重い荷物を運ぶのもラクチン

公共交通機関を利用して登山を行う場合、登山道具と下山後の温泉用具など、多くの荷物を徒歩で運ばなければなりません。

登山口につくまでにへとへとになるようなことは避けたいもの。車があれば大荷物を運ぶのも苦になりません。

特に天気が怪しい場合や雪の状況が分からない場合など、現地の状況を見て道具を使い分けたい場合に、予備の道具を持っていくことができるのが重要です。

ヤマノ
ヤマノ

私はテントをたくさん持っていますが、
雨の時はダブルウォールの快適なテントの方がいいですし、晴れなら軽くて持ち運び易いシェルターが好きです。

車があれば、状況によって選択できる楽しみを味わうことができます。

けんた
けんた

忘れ物もしにくくなるよね。
僕は毎回割りばしを忘れるから車のサイドポケットに入れてるよ

登山でマイカーを持つデメリット

維持費がかかる

当然ですがマイカーを持つと維持費がかかります。

特に駐車場料金はお住まいの場所によっては大きく変わるので、都市部に済む方は相場を確認しておくと良いでしょう。

地方であれば数千円程度の駐車場が多いです。

・駐車場料金:都会は高い:数千円/月~
・自動車税・軽自動車税 :25,000円~/年   (排気量による)
・オイル交換      : 3,000円~10,000円(走行距離3,000km~5,000km毎)
・車検         :70,000円~(新車の車検は登録日から3年後、それ以降は2年ごと)

ヤマノ
ヤマノ

維持費はかかりますが、車を持つ便利さを考えたら、仕方ありません。
自分にとっての経験のための投資と考えましょう。

駐車場争いがある

登山口によっては車を止めることができる台数が数台だけということもあります。

人気の山では深夜に出発しないと登山口に近い駐車場に停められないこともあるので、登山時は駐車場の情報も事前に良く調べておくことが重要になります。

登山に中古車をおすすめする理由

ヤマノ
ヤマノ

これは私の主観ですが、登山頻度が高い人は中古車を選んだ方が良いと思います。

山によってはこれ本当に道なの!?と目を疑う道を走ることもあるので、傷むのが早いのです。

傷つけたくない新車を買ってしまうと、登山を思う存分楽しめなくなってしまいます。

・荒れた登山道を走ると傷や汚れが付きやすい
・長距離を移動することが多いので、新車でもすぐに値下がりしてしまう
・シェアカーは街中を15分~数時間程度なら安いが、長時間借りるほど割高になる
・カーリースは走行距離が規定を超えると割増料金となることが多い
・レンタカーは大人数の利用なら割安だが、返却時間や予約ができなかったり、制約も多い

登山におすすめな車種とは?

ヤマノ
ヤマノ

アンケートでざっくりな車の人気タイプを調査してみました
上位3位をチェックしてみましょう!

カテゴリごとの車種例
SUV・クロカン⇒ランドクルーザー、RAV4、フォレスター、エクストレイルなど
ミニバン   ⇒ヴェルファイア、ハイエース、アルファード、セレナ、ノアなど
コンパクト  ⇒アクア、カローラ、ジャスティ、フィット、スペーシアなど
ワゴン    ⇒レヴォーグ、カローラ フィールダー、など
セダン    ⇒プリウス、MIRAI,インプレッサなど
軽自動車   ⇒ピクシス N-BOX、タント、スペーシア、ジムニーなど

登山におすすめな車

SUV・クロカン(ランドクルーザー・エクストレイルなど)

アンケートを見ると、最も人気だったのはSUV・クロカンでした。

SUVは「Sport Utility Vehicle」スポーツ用多目的車を指すので、まさしくアウトドア用の車として特化している車のことです。車高が高く荷物がよく積めるので、大荷物になりがちなアウトドアでも使いやすいのです。

クロカンはクロスカントリー車のことで悪路走破性に優れている点がアウトドアで人気な理由です。

特に登山では登山口までに道があっているか不安になるほどの不整地道路を走ることもあるので、クロカンが人気となっているのでしょう。

ヤマノ
ヤマノ

長野の八ヶ岳周辺の登山口は車高が低くてわだちにハマって詰んでいる車を良く見かけます。
マイナー山の登山口も破天荒な道が多いですね。

軽自動車(ジムニー・タントなど)

人気二位は軽自動車です。軽自動車は4WDで雪にも強く小回りが利きやすいことから、狭い道も運転しやすいことが人気の理由です。

荷物をたくさん積めないことや事故時の安全性は下がりますが、維持費も安く済むことが嬉しい点です。

ヤマノ
ヤマノ

軽自動車が良いと考える人は大きい車の運転が苦手と考える人が多い傾向がありました。
デメリットが気にならないなら軽自動車も選択肢となります。

ミニバン(ハイエース・ヴェルファイアなど)

ミニバンは積載量が多く、予備の道具を積んで現地で判断できることが大きなメリットです。

大人数でのお出かけが多い方やペットを飼われている方も安心して使用できる広々空間が特徴です。

悪路走破性は少し劣りますが、舗装されている道を走る方が多いので気にならなかったという声もありました。

ヤマノ
ヤマノ

ミニバンを選ぶ人は車中泊や社内での着替えの快適さを重視している傾向がありました。
実際に私がハイエースで登山に行った時はマットレスと布団を積んで超快適に車中泊ができて驚きました。

お得に車を探すなら中古車がおすすめ

登山好きに中古車がおすすめな理由
・走行距離が多くなりがちで新車でもすぐに乗り潰してしまう
・悪路で状態の悪い道を走ることが多く、車が傷みやすい

ヤマノ
ヤマノ

登山でハードに使い倒すなら車選びは中古車がおすすめです。

あまり乗らない人なら新車でも値下がりしにくいので良いのですが、
登山で新車を使って傷つけたくなくて乗る機会が減ったら挑戦機会を逃してしまいます。

とにかく安くが良い方は以下のサイトから目安を把握できます。細かに相談したい方は下で紹介していますFLEXがおすすめです。

ハイエース・キャンピングカーのドリームドライブ

丸投げできる車探しのFLEXを利用してみた

ヤマノ
ヤマノ

そんな中古車選びはノウハウなしに無作為に探しても割高な車しか見つかりません。
今回はSUV・クロカンに強いFLEXという会社の車探しの相談を利用してみました

ヤマノ
ヤマノ

中古車選びをいきなり近くのカーショップで探すと、
狭い地域の中で探すことになるので、良い条件の車が見つかりにくいです。

ネット社会の現代では、知識豊富な専門店に相談して全国的な在庫を確認してもらった方が、
お探しの車に出会える可能性が高いのです。

>丸投げできる車探し「SUV(ランドクルーザー)、ミニバン(ハイエース)」の相談ならFLEX

相談はメール・LINE・電話の3パターン

ヤマノ
ヤマノ

我が家でも次回買い替えの車をどうしようか迷っていたので、
相談してみました。

やっぱりアウトドアに便利なランクルはいいなあと思いますね

FLEXより
ヤマノ
ヤマノ

私の場合は仕事のメールが多い都合上、メールが気づきやすいので、
メールで問合せしてみました。

急ぎなら電話、気軽に相談ならLINEが便利だと思います。

ヤマノ
ヤマノ

問合せの際はなるべく具体的にどんなモデルを検討しているのか、
何を重視しているかを伝えると意図が伝わりやすいです。

私はランクル200系かランクルプラドの少し古いけど安いあたりが良かったので、
そのあたりを後から連絡しました。
最初から記載しておいた方がスタッフの方にも手間がかからなそうでした。

FLEXに相談するメリット

FLEXに相談するメリットは3点。
日本最大級のランクル・ハイエース在庫数
・無理な勧誘がない
・店舗に行かなくても相談できる
・時勢に合わせた中古相場感が聞ける

普通の乗用車を探すなら他でもいいけど、
アウトドア向けのランクル・ハイエースを探すならFLEXがおすすめ。

無理な勧誘がない

私にとって無理な勧誘がないのは一番の驚きでした。

相談に抵抗感を感じている人にもおすすめできる対応でとても良かったです。

ヤマノ
ヤマノ

無料相談は勧誘が強いのではないかと不安だったのですが、
全く勧誘はなく、知りたかった情報を教えてくださったので、とても助かりました。

店舗に行かなくても相談できる

FLEXで相談する良いところは、ネット上で完結できることです。

特に空いている時間を伝えて電話をすると短時間で必要な情報が得られます。

忙しい社会人の方におすすめです。

ヤマノ
ヤマノ

メールやラインで相談でき、こちらから要望しなければ店舗に行く必要がないので、
時間がない方や人が集まる場所への外出を控えたい方でも気軽に相談できます

けんた
けんた

良い車が見つかれば全国のFLEXの店舗に来店すれば良さそう!

時勢に合わせた中古相場感が聞ける

ヤマノ
ヤマノ

私の場合は、都合の良い時間を聞いてくださったので、
電話で中古車価格の相場と用意できるモデルの年式や価格を確認しました。

ランクル200は前期、中期、後期の年式別に走行距離に合わせた中古価格となっていました。
ランクルプラドは300万~でも結構あるようです。

けんた
けんた

ランクルは輸出も多い車だから、
中古車価格は世界情勢や経済の状況に合わせて相場が変わるから、
最新の情報が聞けるのは他にない魅力だね

登山におすすめ1位「SUV・クロカン」はお得に選ぼう

登山人気一位のジャンルは「SUV・クロカン」でした。

その中でも特に人気なランドクルーザーは、モデルや年式、オプションが複雑で、専門店に相談なしに決めてしまうと失敗しやすい車になります。

個人的には街でもオフロードでも強いランクルプラドが魅力的に感じましたが、車に何を求めるかは人によって異なります。

無理な勧誘もなく、一人ひとり異なった要望に合わせたモデルを提案してもらえますので、ぜひサービスを活用してみてください。

>>丸投げできる車探し「SUV(ランドクルーザー)、ミニバン(ハイエース)」の相談ならFLEX

07.登山雑記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました