おしゃれに着こなす登山のスカート&キュロットコーデ

近年のアウトドア人気で、登山やキャンプなどアウトドアを楽しむ女性が増えています。

そんな山ガール達に大人気のファッションと言えば、山スカートです!

スカートでの登山については、反対する意見もあり、非常識だと言う人もいます。

スカートでの登山は本当にダメなのでしょうか?

山スカートで登山する際のメリットや注意点について見てみましょう!

あすか
あすか

登山にスカートってありなのかなぁ?

りお
りお

うん、登山にスカート?って思うかもしれないけど、動きやすいし私は好きだよ!

色々なアウトドアブランドからも登山用のスカート・キュロットが販売されているんだよ!

ふたば
ふたば

この記事を読むと以下がわかるよ
・おしゃれに見られる登山のスカートコーデ
・スカートコーデの際に気を付けること
・男女ともに評価されるスカートの魅力
・おすすめのスカート&キュロット

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

山スカート&キュロットコーデの魅力

PexelsによるPixabayからの画像

近年、女性のアウトドア人気で山ガールたちのファッションにも、スカートやキュロットが多くみられるようになりました。

山スカートやキュロットがなぜ山ガール達に人気なのでしょう。

やはり、女性らしく可愛くオシャレに見えるということに尽きるのではないでしょうか。

女性ばかりでなく、男性から見てもスカートコーデはウケが良く人気があります。

可愛くオシャレに見えて、なおかつ動きやすいとなれば、取り入れない手はないでしょう。

今、様々なアウトドアブランドから、山スカートやキュロットが販売されています。

アウトドア仕様ならではの機能性と機動性があり、それも魅力の一つになっています。

りお
りお

動きやすく機能性が高いのに、可愛くオシャレだから、私も大好きなの。

タイツやレギンスとコーディネートするのが楽しいんだ!

山スカートコーデで注意すること

山スカートコーデはとてもオシャレで魅力がありますが、注意しなければならない点がいくつかあります。

実際に登山にスカートなんてと批判的な意見があるのも事実です。

そこで、注意したいのは、「山スカートのインナーにはタイツやレギンスを着用しようということです。

登山インナー用に専用の登山用タイツ・登山用レギンスというものが販売されています

厚手で、透けて見えることもなく、見えても全く問題のないものです。

また、山スカートについても、アウトドアブランドから販売されている機能性に優れたものを着用することで、安全に登山を楽しむことができます。

あすか
あすか

なるほど!注意点をよく理解して山スカートを着用するのが大事なんだね!

山スカートにチャレンジしてみたいな!

「山スカートに反対します」というのは極端な意見

PexelsによるPixabayからの画像

山スカートはとても人気がありますが、「山スカートに反対します」という批判的な意見があるのも確かです

なぜ、反対なのでしょうか?

「露出部分が多いから危険?」「坂道ではスカートの中が見えそうで困る?」「登山にスカートなんて」と言いますが、それは極端な意見と言えます。

山スカートやキュロットは露出部分が多くはなりますが、そこはインナーに登山用のタイツを履くことで解消できます。

長ズボンに比べると薄手なので、ケガにつながりやすいかもしれませんが、男性でもショートパンツの下にタイツを履くので同じことでしょう。

「坂道で後続の人からスカートの中が見えそう」と言えばそうかもしれませんが、これもインナーにタイツやレギンスを履くので問題ないと言えます。

中に履く登山用インナータイツは透けるようなものではないので、見えてもなんら問題のないものなのです。

色々と反対意見もありますが、着用するものに登山専用のものをチョイスすれば、山スカートでの登山でも問題ないと言えます。

注意点に気を付けて、安全にかつオシャレに登山を楽しみたいですね。

りお
りお

きちんと注意ができていれば、登山にスカートでも問題ないよ!

専用のものを着用して、安全に登山を楽しもうね!

登山用スカートの基本コーデ

登山用スカートの基本コーデは、やはりスカート+タイツ、スカート+レギンスパンツです。

基本コーデをオシャレに見せるには、カラーに統一感を持たせるのがポイント。

スカートとハットのカラーを合わせてみたり、レギンスとTシャツやアウターを同系色にしたり、小物に差し色でワンポイント派手カラーを持ってくるのもおすすめですよ!

スカートの丈の長さによっては足長効果も期待できます!さらにスカートに多機能ポケットがあれば、機能性+スタイルアップで言うことなしですね!

りお
りお

登山する時は動きやすいのが一番だよね。

でもオシャレにも気を使いたいって人が多いんじゃないかな?

そんな時には山スカートがおすすめだよ!

おすすめの登山用スカート

登山用におすすめのスカートをブランド別に紹介します。

参考にしてみてくださいね。

ノースフェイスの登山用スカート

アウトドア派の女子に絶大な人気を誇るノースフェイスからも、登山用スカートが販売されています。

ノースフェイスの登山用スカートの魅力は、その機能性です。

ポケットが多いことから、行動食や小物などを入れたり、痒い所に手が届くちょっとした工夫がされているのが良いところです。収納が多いのは嬉しいですよね。

ポイント
  • 収納多めで高い機能性
  • デザインも老若男女問わず人気
  • アウトドアシーンからタウンユースまで選ばず使える
  • 価格は高め

ザノースフェイス フライトスピードスカート

インナーパンツ付きの軽量ストレッチランニングスカートです。

インナーパンツも付いているので、一枚でコーデの完成する夏向けスカートです。

  • カラーはブラックとスレートローズの2色。
  • サイズはややスリムな仕様で、S(ウエスト60cm)、M(ウエスト63cm)、L(ウエスト66cm)、XL(ウエスト69cm)の4種類。

ランニングシーンとしておすすめですが、登山スカートとしてもおすすめです!

はっ水加工した素材を使用しているので多少の雨にも安心で、ポケットも5個あり小物などをウエスト周りに収納できます

ザノースフェイス クラスファイブラップスカート

クラスファイブラップスカートはアウトドアスカートの欲しい機能を兼ね備えた万能スカートです。

そのままショートスカートとしてはもちろん、レギンスパンツの上にエプロン風にも使用できます。正面・左右サイド・右ヒップに大小のポケットがあり収納力が抜群です。

ラップスカートなのでスナップでサイズ調節可能なのも嬉しいポイントです。

耐久性の高いコーデュラナイロンとストレッチ性の高いポリウレタンを混紡した素材を使用しています。

  • カラーはコーディネートしやすい、ブラックとニュートーブの2色展開。
  • サイズはM(ウエスト74cm・脇丈39cm)とL(ウエスト80cm・脇丈40cm)の2種類。

シンプルな形状と合わせやすいカラーリングのため汎用性が高く、タウンユースにも重宝します!

タウンではシンプルに、アウトドアではレギンスに派手カラーなどを着用して、他のキャンパーと少し差をつけたオシャレを楽しむのもおすすめですよ!

コロンビアの登山用スカート

コロンビアは誰もが知るアウトドアブランドの一つです。

そんなコロンビアも機能性に優れたアウトドアスカートを販売中。

登山向けというよりも、キャンプやフェス向けスカートが多く見受けられます。

ポイント
  • 独自の優れた機能性
  • わりとリーズナブル
  • 登山向けよりキャンプやフェス向けが多い
  • キュロットも多数販売

コロンビア ウィメンズアメノヒスカート

その名の通り、雨の日でも安心して使えるロングスカート「アメノヒスカート」。

撥水加工‘OMNI-SHIELD‘機能により、水をはじいて油からもプロテクトします。

裏メッシュ採用で足さばきも良く、横へのストレッチ機能もあり動きやすいのが魅力です。

ウエストはゴムでベルト調節も可能です。

  • サイズはS(ウエスト68cm~96cm)・M(ウエスト72cm~100cm)・L(ウエスト77cm~105cm)
  • カラーはDark Stone(グレー)とSafari(若草)

「アメノヒスカート」はどちらかと言えば、登山よりキャンプやフェス向けスカート。

ですが、その撥水加工から急な雨でも安心なので一枚あると便利なのでおすすめです。

Tシャツとキャップにスニーカーでラフに着てもシンプルで可愛く決まります。

アウトドアでは、カラーソックスにカラーのバケットハットを合わせてもオシャレですよ。

ワークマンの登山用スカート

近年、ワークマンではアウトドア用品を多数発売し、注目を集めています!

中でも、女性向けアパレルはワークマン女子とも呼ばれ大変人気があります。

ワークマンの「FieldCore」は、作業着メーカーならではの品質と機能性をそのままに、普段でも着られるようなデザイン性を実現したPBブランドです

ポイント
  • とにかくリーズナブル
  • 作業着メーカーならではの高品質・高機能
  • PBブランド「FieldCore」が熱い
  • タウンでも使えるデザイン性

ワークマン 撥水ライトプリーツスカート

ワークマンの「撥水ライトプリーツスカート」は撥水加工された生地を使用したプリーツスカートです。

突然の雨にも安心のスカート。

ウエストはゴム仕様です。さらに右ファスナーポケットに収納可能でコンパクトになるのが特徴です。

持ち運びに便利なので、キャンプや登山の予備スカートとして一枚あると重宝します。

登山後の温泉などの着替えにも、ロゴTシャツなどと合わせて楽チン&オシャレで◎。

  • サイズは、M(ウエスト66cm~67cm総丈80cm)とL(ウエスト70cm~82cm総丈85cm)
  • カラーはベージュ・ブラック・ピンク・ブルーグレーの4色展開

「とりあえずアウトドア用品を揃えたい」「キャンプデビューに低価格で揃えたい」「普段アウトドアはあまりしない」「ハイブランドには手が出ない」といった方に特におすすめです!

ワークマンでは、登山向けスカートはもちろん、キュロットやショートパンツ・防水アウター・レインウェア・ハットやシューズまで全身リーズナブルに揃えることができますよ!

クリフメイヤーの登山用スカート

クリフメイヤーは‘家族で着られるアメリカンカジュアル‘をコンセプトとした日本のアパレルブランドです。

ファミリーキャンプ向け商品が多く、家族でコーデを揃えることができるのが魅力です。

ポイント
  • ファミリー向けが多く、親子ペアルックが楽しめる
  • 値段がわりとリーズナブル

クリフメイヤー クライミングスカート

クリフメイヤーのクライミングスカートは、登山女子に嬉しい機能と多彩なカラーが魅力のスカートです。

ストレッチ性も高く、ウエストもゴムとウェビングベルトで調節できるのが嬉しい。カラビナを付けられるループもついて機能性も良好です。

丈も短すぎず長すぎずの膝上丈で、レギンスとの相性も抜群です。

人気のアースカラーも多いので柄レギンスや派手カラーハットなどを合わせてもオシャレに決まりますよ!

  • サイズはM(ウエスト70cm、ヒップ93cm、総丈49cm)とL(ウエスト71cm、ヒップ100cm、総丈51.5cm)
  • カラーは7色展開(オレンジ・ブラック・ブルー・ベージュ・カラフル・カーキ・ライトブルー)
りお
りお

色々なアウトドアスカートが販売されているね。

手持ちのハットやキャップ、レギンスなどのカラーをベースに選ぶと統一感が出てオシャレに決まるよ!

参考にしてみてね!

おすすめの登山用キュロット

PexelsによるPixabayからの画像

登山にはキュロットもおすすめです!

スカートに少し抵抗のある方は、是非、キュロットを試してみてください!

スカートほど足元を気にせず、アクティブに動くことができますよ。

ポイント
  • スカートが苦手な人にもおすすめ
  • スカートよりアクティブに動ける

コロンビア ウィメンズスプリングクリークキュロット

登山スカートのラインナップがあまりないので、コロンビアでチョイスするなら登山にはキュロットがおすすめです。

「スプリングクリークキュロット」はコロンビアの定番キュロット。

UVカット機能(UPF50)とはっ水加工機能(オムニシールド)という、女子には嬉しい機能が備わっています。

Primeflexの生地を使用することで、縦横2方向への高い伸縮性を実現させているので動きやすさ抜群です。

  • サイズは、S(ウエスト68cm~86cm、ヒップ97cm、股上33.4cm)とM(ウエスト72cm~90cm、ヒップ101cm、股上34.5cm)とL(ウエスト77cm~95cm、ヒップ106cm、股上36.1cm)
  • カラーは、ライトエルク・サイプレス・アビスの3色展開です。

3色ともシンプルなカラーで柄はなく無地なのでコーデしやすいです。

帽子やシューズ・ソックスなどの小物に同色系のものを取り入れると、統一感が出てオシャレ度がアップしますよ!

無地のトップスをあわせるのも可愛いですが、柄物のトップスとも相性が良いので是非試してみてくださいね。

あすか
あすか

キュロットも可愛いね!

とても動きやすそう!

スカートもキュロットもどっちも欲しい!

冬のキャンプや散歩で暖かい防寒用巻きスカート

PexelsによるPixabayからの画像

山スカートの魅力は夏山での使用だけでとどまりません!

冬のキャンプでもスカートは大活躍なんです!

冬山では立派な防寒着になるのです。

冬用の山スカートは、中綿仕様でとても暖かいものや、巻きスカートになっており、ひざ掛けにもなるものもあります。

一枚あると重宝すること間違いなしなので、冬のキャンプや登山では用意しておくことをおすすめします!

ポイント
  • 秋冬の防風・防寒着になる
  • 羽織やひざ掛けにもなり便利

ザノースフェイス  W’S バーサタイルスカート

ボタンを外して、ひざ掛けとしても使用できる巻きスカートです。

長めの膝下丈なので、いざという時の防風・防寒に重宝します。

カラーも合わせやすいベーシックカラーが多く、ポケットのロゴもオシャレ。

  • サイズはS(ウエスト65cm、総丈76cm)、M(ウエスト70cm、総丈77cm)、L(ウエスト75cm、総丈78cm)、XL(ウエスト80cm、総丈79cm)
  • カラーはダークシャドウ・グレー・ダークオリーブ・ダークカーキ・ジャングルグリーンの5色展開
あすか
あすか

寒さ対策に何を持っていこうか、いつも迷ってしまうんだ。

巻きスカートタイプなら、いろいろ使えて便利かも!

りお
りお

うん、秋冬のアウトドアは、昼夜の寒暖の差がけっこうあって、急に寒くなったりするんだよね。

いざという時に便利なので、防寒用に一枚巻きスカートを用意するのもおすすめだよ!

 

まとめ

山スカートやキュロットは、年代問わず男女に人気のアイテムです。

一部、批判的な意見もありますが、注意点を守ることで、山スカートでも安全に登山を楽しむことができます。

批判的な意見を気にするよりも、自分らしいアウトドアスタイルを見つけて、登山を思い切り楽しんでもらいたいです。

山スカートコーデはタイツと合わせることで、コーデの幅が凄く広がり人と違った個性的なファッションをすることも可能です。

山で目立ちたい!という人は、派手カラーや柄物のタイツをチョイスすると他の人と差をつけることができます!

ベーシックなタイツを合わせればタウンユースも可能です!

何パターンにも着られる山スカート、是非、コーディネートに加えてみてくださいね!

きっと定番アイテムになるはずですよ!

1-5.服装
ローレンジバナー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました