【比較表】JAFのレッカー代ってどのくらいかかる?

車の走行中のトラブルはつきものです。

バッテリー上がり、キーとじ込み、脱輪など。

車の走行が困難になったときにはレッカー移動が必要になってきます。

多くの方はとりあえず車のトラブルがおきたらJAFか契約している任意保険に真っ先に電話するでしょう。

ではJAFのレッカー代とはいくらぐらいなのでしょうか?

非会員でもレッカーサービスは受けられるのか?

任意保険のもので対応できるのか?

以上を解説していきます。

ヤマノ
ヤマノ

この記事では

「車の走行が困難な時、任意保険ではなくJAFだと安心な理由」

「JAFのレッカー代はいくらかかるのか?」

「任意保険とJAFの上手な使い方」
を紹介しています。

この記事の結論
・JAFのレッカーサービスは回数制限なしで無料!
・JAFなら任意保険にはないうれしいサービスが充実
・自動車保険+JAFで無料範囲が広がりさらにお得に

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

JAF会員になるとレッカー代が無料になる

任意保険にはロードサービスが付帯しているものとそうでないものがあります。

仮にロードサービスがついているものでも一般の任意保険では回数制限がついているものがほとんどです。

ですがJAF会員であれば回数制限なしでレッカー代が無料になります。

一般的な任意保険との違い

JAF会員の他の任意保険との違いを下記の手順でお伝えします。

①JAF会員であれば回数制限がなくレッカーサービスを受けることができる

②JAF会員なら契約車以外も対応

③一部の任意保険との提携で無料の範囲がさらに広がる

①JAF会員なら回数制限なしでサービスを受けることができる

通常車の任意保険でもバッテリー上がりや故障など幅広くロードサービスがついているものが多いですよね。

特によくある走行困難な車のトラブルとしては

・タイヤのパンク

・故障

・脱輪

などがあります。

「任意保険があるからだいたいの車のトラブルは大丈夫だよ」

って思う方がほとんどだと思います。

ですがそのロードサービス、ほとんどに回数制限があるんです。

2回目以降から有料になることがほとんどなため保険に加入していても無料でサービスを受けることができないのです。

もしかしたらすでにロードサービスを使用している方もいるかもしれません。

JAF会員であればほとんどのロードサービスを回数制限なしで受けることができます。

画像出展:JAF公式サイト
画像出展:JAF公式サイト

②JAF会員なら契約車以外も対応

自動車保険は「車両」JAFは「人」にかかるサービスです。

通常自動車保険は契約車にしか対応していませんので契約者以外の車にロードサービスを使うことはできません。

ですがJAFは「会員本人」にかかるサービスの為、

例えば、旅行で友人の車で複数人で旅行に行くとしましょう。

山道を走行中車がパンクしてしまい走行困難に。

友人の車両保険にはパンク修理のロードサービスがついていない。

そういった時にあなたがJAF会員であれば友人の車でもロードサービスが受けられます。

もしくは会社の車を運転しているときにトラブルに遭遇しても問題なくロードサービスを受けることができるのです。

③任意保険との提携でレッカー無料距離UP

 JAFのロードサービスは幅広く充実していますがレッカー移動の無料範囲15㎞までになっています。

一般の自動車保険では100㎞まで、またはそれ以上の距離を無料でサービスを受けることができます。

回数制限がないのはうれしいですが、家族旅行などで遠出したときに万が一トラブルにあった場合費用がかかりますよね。

JAFは他の自動車保険と提携することでよりサービスの範囲が広がります。

※写真はJAFより引用

保険とかけあわせれば自動車保険のレッカー無料距離+JAFで+15㎞のサービスを受けることができます。

さらに上記の写真のようにパンク修理、自然災害に起因した事故、故障など一般の保険では対応していないサービスもあるんです。

提携している損害保険会社の一覧になります。

あいおいニッセイ同和損害保険(株)
イーデザイン損害保険(株)
AIG損害保険(株)
共栄火災海上保険(株)
JA共済(全国共済農業組合連合会)
セゾン自動車火災保険(株)
全国自動車共済共同組合連合会
全日本火災共済協同組合連合会
損害保険ジャパン(株)
大同火災海上保険(株)
日新火災海上保険(株)
三井住友海上火災保険(株)
三井ダイレクト損害保険(株)

いかがでしたか?任意保険とは違いJAFでは何回もロードサービスを無料で受けることができます。

また任意保険と合わせることでより充実したサービスを受けることができます。

これを機にJAFと提携している保険に切り替えるのも一つの手ですね。

あわせれば鬼に金棒ってもんです。

JAF会員になった場合と非会員の料金の比較

JAF会員と非会員の料金の比較をしてみましょう。

場所・時間帯に分けて表でまとめました。

一般道路でのレッカー費用

【午前8時~午後20時までの料金】

JAF会員非会員
基本料金無料8,380円

作業料

無料
4,750円吊り上げ作業の場合9,500円
合計無料13,130円
移動距離15㎞まで無料(1㎞超につき730円)1㎞につき730円

【午後20時~午前8時までの料金】

JAF会員非会員
基本料金無料10,480円

作業料

無料
4,750円吊り上げ作業の場合9500円
合計無料15,230円
移動距離15㎞まで無料(1㎞超につき730円)1㎞につき730円

高速道路でのレッカー費用

【午前8時~午後20時までの料金】

JAF会員非会員
基本料金無料16,770円
作業料無料4,750円
合計無料21,520円
移動距離15㎞まで無料(1㎞超につき730円)1㎞につき730円
その他救援車の高速料金

【午後20時~午前8時までの料金】

JAF会員非会員
基本料金無料19,900円
作業料無料4,750円
合計無料24,650円
移動距離15㎞まで無料(1㎞超につき730円)1㎞につき730円
その他救援車の高速料金

バイク(2輪車)も対応している

JAFのサービスが利用できるのは一般車両だけではありません。

バイクも対象なのでツーリングが好きな方、原付免許取り立ての高校生の方でも利用できます。

対象車種

   大型二輪車                普通二輪車              

  

    小型二輪車              原動機付自転車

自宅からの場合はどうなる?

JAFは自宅から公共の駐車場でも駆けつけてくれます。

ただし周辺環境によっては救援車両が限定される事があります。

例えば、自宅までの道のりで大型車が通れないような細い道がある

といった場合には他の場所とは同じようにサービスが受けれない事もあります。

JAFに連絡する際は自宅までの経路をしっかりと伝え、スムーズにサービスが受けられるように準備しておきましょう。

実際にレッカーが必要な場合はある?

当サイトに寄せられた口コミをまとめました。

hamchan0813さんの事例

運転中に運転中の車からガチャンという爆音がし、車が走行不能となり、ファンベルトが切れていました

片側一車線の道で走行不能でした。近くのGSで頼んでゴム、タオルで縛りましたが動かず、JAFを呼び、レッカー移動で私の自宅のディーラーまで運んでもらいました。

距離的に名古屋縦断の距離のレッカー移動でした。一人で焦って何もできない時のレッカー移動でしたが、助かりました。

kojikoji0912さんの事例

パンクを起こしたときにレッカー車で運んでくれたときにも助かりました。何キロかわすれましたけど無料で運んでくれたのは助かりました。

pinokonさんの事例

仕事の帰り道に事故に遭ってしまい、ぶつかってきた相手側が何も動いてくれず私がいろいろと動いていてJAFにも連絡をいれたら即座にレッカー車を手配してくれて迅速な動きをしてくれて事故に遭った車を持って行ってくれました。

okamoto05157188さんの事例

東北の雪道で事故にあった際に、JAFに非常に助けられました。その日は大雪で、山道の山頂付近で自損事故を起こしてしまいました。JAFにレッカーをしてもらい、本当に助かりました。険しい道もスイスイと運転するJAFは、本当に頼もしかったです。

youkenさんの事例

実家へ自動車にて帰省中、深夜帯に高速道路を運転していたところ、エンジントラブルで車が動かなくなりJAFを呼びました。

電話連絡後、想像以上に早く来て頂き、レッカーにて修理工場へ運んでもらい非常に助かりました。

shibazoさんの事例

高速道路を走行中水漏れでオーバーヒートしとまってしまった時にレッカーで車屋さんまでスムーズに運んでもらえました。

また、事故をした時にも同様、修理工場までスムーズに運んでもらえました。旅行や観光へ行った時に、ロープウェイでJAFカードを提示すると乗車賃が数百円安くなりありがたかった。

coffeegoodさんの事例

仕事が終わったので、帰ろうとしたときのことでした。エンジンをかけても車が動きません。とてもあせりました。

職場の方で、車に詳しい方がいて、色々と見てもらったのですが、うんともすんとも動かなくなってしまいました。

最終的にJAFを呼びました。JAFのレッカー車に、私の車を乗せディーラーまで運んでくれました。とても助かりました。

mamanokatsuさんの事例

電気自動車なのですが電欠になった時にJAFを呼んで最初は最寄りの充電スポットまで送ってもらうことにしてたのですが、19キロ以内だったら無料なので結局家まで送り届けてもらい家で充電ができた。レッカー移動がタダになるのは安心です。

JAF入会に必要な費用

JAFに入会する際に必要な費用です。

・入会費2000円

・年会費4000円

また、まとめて支払うことで年会費がお得になります。

入会費+年会費入会割引
1年+自動振替5,500円6,000円→500円割引
2年一括9,500円10,000円→500円割引
3年一括13,000円14,000円→1000円割引
5年一括20,000円22,000円→2000円割引
1年6,000円割引なし

※JAFのサイトを参考にしています。

まとめ

レッカーでのけん引が必要になった時にはまず契約している自動車保険かJAFに電話しましょう。

場所によってはレッカーの侵入が困難な場合があるので必ず経路の詳細を隊員の方に伝えてください。

よりスムーズに作業が進みます。

今の任意保険のサービス内容に満足されてる方は無理に加入したほうがいいとは言いません。

ロードサービスとは意外と緊急時に本当に必要だったかそうでなかったかわかるのだと思います。

そうした事態に備え、前もって準備をしておけばそうした事態にもスムーズに対応することができます。

JAFであれば任意保険と違い回数制限なしでサービスを利用することができます。

これを機に自分の保険を見直し今一度ロードサービスの内容を確認してみてください。

内容に少しでも不安がある方はJAFと提携している保険に加入してJAFに入会するのもいいと思います。

特にパンク修理なんかは一般の自動車保険では対応しているところは少ないので。

幅広いロードサービスを使ってより充実したカーライフを楽しみましょう。

07.登山雑記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました