【1万円以上お得】jafでバッテリー交換を無料で行う裏技

画像出展:JAF

車のバッテリー交換ってやけに高いと思いませんか?

私の場合、ディーラーで交換したら5万を超えたこともあります。

安くても3万くらいはかかることが多いです。

ですがこの方法を使えば通常の方法でバッテリー交換をするより1万円以上お得にバッテリー交換を行うことができます。

この記事の結論
・JAF会員なら持ち込みバッテリーを無料で交換できる
・ネット購入+JAFのバッテリー交換はJAF会費を含めてもお得
・JAFはロードサービスも充実している

  • 後悔する前に入っておきたい

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

バッテリー交換に必要な費用

バッテリー交換に必要な費用は以下の通りです。

・バッテリー代

・工賃

・廃バッテリーの処理

バッテリー交換は主にバッテリー代と工賃で値段がかかる傾向が高いです。

バッテリー代はおよそ¥5,000~¥50,000と価格の幅が広く、ハイブリッド車や電気自動車などの車種や性能によっても価格が変わってきます。

工賃はショップに依頼した場合、こちらも車種によって価格がかわりますが

¥500~¥3,000ほど。

バッテリー廃棄については基本的に専門業者に回収してもらうかカーショップで回収してもらう方法があります。

有料の場合¥500~¥1,000ほどかかります。

業者、店舗によっては無料で引き取ってもらうこともできます。

ディーラーでのバッテリー交換は高い

ディーラーはおよそバッテリーと工賃込みで¥20,000~¥30,000ほどかかります。

また車種によって価格は異なるため、電気自動車だと¥30,000~¥35,000

ハイブリッド車だと¥35000~¥40000にもなることも。

プロに依頼することで安心感は得られますがディーラーでのバッテリー交換は人件費がかかるため工賃も高くなっています。

安く済ませるのであればお近くのホームセンター、

ネットで購入すれば¥5,000ぐらいから購入できたりもします。

※金額はおおよその目安です。

バッテリーの価格は規格、サイズによって異なります。

また、ディーラーによっても工賃の価格も違います。

私独自の調査によるものなのでご了承ください。

JAF会員ならバッテリーを無料で交換できる

自分で交換するのも手ですが電源のバックアップや感電、ショートなどに気を付けて作業しなければいけないこと、

電気自動車、ハイブリッド車になると駆動用バッテリー補機バッテリーの2種類のバッテリー交換が必要になることなど素人がやるには難しい作業もあります。

ここはプロに任せて交換するほうがより安心を得られます。

さらにJAF会員であれば無料でバッテリー交換をしてもらえます。

事前に登録して準備をしておきましょう。

持ち込みでバッテリー交換をする手順

手順で費用が掛かるポイントは3つありますが、

それらを合計してもディーラーでバッテリー交換するよりも安く済みます。

①JAF会員になる(有料)

②バッテリーを購入(有料)

③JAFに救護要請する

④JAFスタッフにバッテリーを交換してもらう

⑤廃バッテリーを処理する(一部有料)

バッテリー交換の詳細な手順

①JAF会員になる(有料)

事前にJAFの会員登録をしておきましょう。

JAFに入会するのに必要な費用は

・入会費2000円

・年会費4000円

最初に入会費2000円が必要になります。

「いや、お金かかるんかい」

って思った方ちょっとまってください。

この方法で1万円以上お得になるネット購入+JAFとディーラーでのバッテリー交換のコスト比較してみた

を以下で解説します。

②バッテリーを購入(有料)

バッテリーは車種によって適合するバッテリーが異なります。

たとえば、トヨタのハイブリッド車アクアであれば走行用の駆動用バッテリーとシステムの電源やコンピュータなどの機能装備に電力供給を行う補機バッテリーの2種類の専用バッテリーがあります。

通常バッテリーは充電中に水素ガスを放出します。

補機バッテリーにはこれを車の外に逃がす専用のホースがついているため通常のバッテリーでは代用することができないのです。

このように車のバッテリーには車種によって合うもの、合わないものがあることを覚えておきましょう。

バッテリーの購入はネット購入がおすすめです。

上記でも述べましたがネットであれば¥5000~¥7000ぐらいから購入できます。

同じものでもカーショップ、ディーラーだと3~4倍の値段だったりすることも・・・。

なるべく出費はおさえて自分の車にあったサイズのものを選びましょう。

あなたの愛車がどのバッテリーが適合するかは、以下より確認してください。

【激安バッテリー市場】

③JAFに救援要請する

バッテリーを購入し手元に届いたらあとは車に取り付けるだけです。

準備ができたらJAFに電話しましょう。

準備するもの

・JAF会員証

・購入したバッテリー

④JAFスタッフにバッテリー交換してもらう

あとはバッテリーを交換してくれるのを待ちましょう。

⑤廃バッテリーを処理する(一部有料)

廃バッテリーの処分は市区町村の資源ごみや粗大ごみとして出すことができません。

バッテリーの処分にはいくつかの方法があります。

・カーショップにもっていく

・ガソリンスタンドにもっていく

・不用品回収業者に依頼する

・バッテリー回収業者に依頼する

価格については以下の表をご覧ください。

オートバックス無料
ガソリンスタンド店舗によっては一部無料
不用品回収業者¥500~¥1,000
バッテリー回収業者¥800~(一部無料)

引き取りは業者によって値段は違いますがオートバックスであればバッテリー交換をお店でしなくても無料で引き取ってもらえます。

これはうれしいですね。

近くにお店がない場合業者に依頼するのも手です。

バッテリー専門の回収業者でバッテリーを購入しておけば廃バッテリーは無料で回収してもらえます。

以下のバッテリー専門通販サイトがおすすめです。

サービス内容を確認してみてください。

>>廃バッテリー回収を見る

ネット購入+JAFとディーラーでのバッテリー交換のコスト比較してみた

ネットで購入+JAFでバッテリー交換

¥5,000~¥12,000(バッテリー代)+¥6,000( JAF入会費+年会費)+¥0(工賃)=¥11,000~¥18,000

ディーラーでバッテリー交換

¥20,000~¥30,000(バッテリー代)+¥2000~¥3000(工賃)=¥22,000~¥33,000

JAFに入会してバッテリー交換をするとディーラーで交換するより1万円以上お得なことがわかりました。

今回は一般の乗用車で比較したため、これが電気自動車やハイブリッド車で試算した場合さらにお得になることもあります。

また、JAF会員だけが利用できる会員優待割引施設が存在します。

さて、今回紹介させていただいたネット購入+JAFをつかったバッテリー交換を無料で行う裏技でしたがじつはこのJAF、ロードサービスが非常に充実しています。

※写真はJAFより引用

一般の自動車保険では対応していないような事例でも幅広く対応してくれるロードサービスなのです。

その施設の数なんと約47000カ所。

遊園地、ショッピング、グルメ、ガソリンスタンドにも!ジャンルもさまざまです。

お買い物、外食が好きな方もこの割引を使えば年会費4000円以上の割引が受けられると思います。

あなたが普段利用するお店にも優待サービスがあるかも!

詳しくはJAFナビで検索してみてください。

また継続せずに最初の1年間だけ入会し、過ぎたら退会する方法もあります。

余計な年会費を払わずにJAFのサービスを使うことが可能です。

まとめ

ディーラーやカーショップでは持ち込みNGのところもあるのでJAF会員であればお得にバッテリー交換が行えます。

自分でバッテリー交換をするより安心して作業を終えることができますよ。

ネット購入+JAFで交換の場合、バッテリー購入費と廃棄費用はかかりますがJAF会費を含めてもディーラーで交換するより圧倒的にコスパがいいですよね。

バッテリーはネットで購入しJAFに頼んで無料で交換してもらえば1万円以上お得になります。

さらにJAFはロードサービスも充実しています。

一般の自動車保険では対応していないような故障にも対応しているので気になった方は公式サイトで確認してみてください。

それではネット購入+JAFでバッテリー交換をぜひお試しください。

  • 後悔する前に入っておきたい

07.登山雑記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました