花が咲き乱れる白山登山へ (登山口へのアクセスや登山ルートなど)

山域:両白山地
オススメコース:砂防新道(登り)・観光新道(下り)
レベル:初級者向け
タイプ:1泊2日 歩行時間(休憩なし時):9時間
山頂の広さ:広い 車でのアクセス:名古屋から3時間30分
電波:ドコモ回線は登山口4G
この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

白山ってどんな山?

白山は北陸有数の高山です。その名前の由来は標高の高さゆえに、雪が残りやすく、周辺が雪が溶けても白山だけは白く見える山です。

山頂近くには透き通った池が広がり、池巡りが楽しい山です。

また、花の百名山にも選定されており、色鮮やかな高山植物を見ることができます。

一ノ瀬ビジターセンターでは、白山で見ることができる高山植物が紹介していますので、立ち寄ってみるとより楽しめます。

登山ルート

本記事では石川県側の3ルートと岐阜県側の1ルートを紹介します。

石川県側

・アクセス
一ノ瀬ビジターセンターからはバスでアクセスする必要があります。
白山では登山ピーク時の交通混雑の緩和、安全確保及び自然保護のため、週末、休日を中心に、市ノ瀬から別当出合間(約6km)のマイカー規制を行っています。

・ルートのご紹介

砂防新道・観光新道お池めぐり1泊ルート

のぼり4時間、くだり5時間
個人的に一番おすすめのルートです。

https://ichirino.jp/enjoy/hakusan/
https://ichirino.jp/enjoy/hakusan/

ホテルろあんに行く楽々新道・加賀禅定道

のぼり6時間、くだり9時間
歩く距離は長めですが、のぼりと下りで別の道を通ります。
マイカーを道の駅瀬女に停めて、登山シャトルバスで別当出合まで
帰りはろあんの送迎バスで

https://ichirino.jp/enjoy/hakusan/
https://ichirino.jp/enjoy/hakusan/

岩間温泉山崎旅館に行く新岩間温泉ルート

のぼり6時間、くだり10時間

https://ichirino.jp/enjoy/hakusan/

岐阜県側

大白川ダム(平瀬道登山口)

宿泊施設

白山雷鳥荘(完全個室) 全シーズン予約制

白山雷鳥荘(完全個室) 全シーズン予約制
2名、3名、4名用の個室があります。
お値段高めですが、個室でゆっくり過ごせます。
収容人員:6室21名※(完全個室・火気厳禁・自炊不可)

<営業期間>
○夏山 6月25日(予定) ~ 8月31日
○秋山 9月 1日 ~ 10月 5日 (予定)

有料水洗トイレ(男子・女子) 
コインシャワー(2室)    
洗面所 ドライヤー        
衣類乾燥室(1室) 

6畳4名で1室51,000円~2名1 室 33,700円

白山室堂  全シーズン予約制  

白山室堂  全シーズン予約制  
750名
<営業期間>
5/1~10/15(5/1-6/30素泊りのみ)
1泊2食8100円/素泊り5300円

南竜ヶ馬場野営場

南竜ヶ馬場野営場
2019/9/13より熊の目撃により、利用不可です。

7月1日〜9月30日
・7〜9月以外は無料。
1人1泊 大人300円 中学生以下150円
※毛布等の貸出等あり:要予約
・敷板料(1枚)300円
・貸毛布料1枚200円

岐阜県側の登山口「 大白川ダム(平瀬道登山口) 」を利用するなら、
その近くに評判の高い温泉があるので、ぜひ寄りましょう。

大白川温泉 営業期間: 6月上旬~10月下旬頃まで

砂防新道・観光新道お池めぐり1泊ルートで白山室堂に泊まってみた

【ルート】
砂防新道・観光新道

【登山時間】
のぼり4時間、くだり5時間

【宿泊施設】
白山室堂 素泊まり
個室を希望される方は、白山雷鳥荘という宿もあります。
今回は山ごはんの練習も兼ねて山小屋素泊まりで

【登山口まで】
一ノ瀬ビジターセンターの駐車場に車を停め、登山バスの別山出合へ
1台:500円

【スケジュール】
1日目
5:00 名古屋駅発
9:30 一ノ瀬ビジターセンター
10:00 別山出合 砂防新道で室堂へ
13:00 室堂
16:00 お池巡り、山頂
17:00 夕食
20:00 就寝

2日目
3:00 起床 天気が悪いため、日の出は断念
5:00 朝食
7:00 出発
9:00 観光新道で別山出合へ 一ノ瀬までバス
14:00 大野市で昼飯
18:00 名古屋

名古屋から市ノ瀬ビジターセンターを目指して出発。途中で九頭竜湖も見れます。場所は忘れましたが、道路沿いに恐竜がいたりします。

市ノ瀬ビジターセンター から別山出合へ
白山の動物や植物の展示がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで悲劇。車酔いで激しい気持ち悪さが訪れました。寝不足で山道のバスはまずかったようです。とはいえ、美しい景色ですぐに元気を取り戻しました。

道中には水があふれ、花や植物があちこちに見えます。

室堂に到着すると、荷物を置いてお池めぐりに出発します。白山奥宮もここにあります。売店ではビールなんかも売っています。

この白山の池はとても綺麗で、湧き水のように透き通っていました。

暑い登山中の冷たい水は癒されます。

夕方に室堂に戻ったら、夕食のカレーうどんを作ります。食べるのに夢中で写真を忘れる痛恨のミス。山小屋は布団は1人1つあったので、快適に過ごすことができました。

元々翌日朝はご来光を見るよていでしたが、あいにくの雨でおとなしく下山
ハクサンマイマイという固有のかたつむりも見られました。
1日目が晴れてよかったです。お池めぐりは本当に景色が綺麗なので、ぜい訪れてみてください。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました