秋の千畳敷カール(木曽駒ヶ岳) 紅葉の見頃と混雑状況

9月末に千畳敷カールの紅葉登山に行ってきましたので、紅葉の状況や混雑状況をお伝えいたします。

・紅葉の状況

紅葉の見ごろ状況としては、9月末だと6割程度でしょうか。10月上旬がベストタイミングとなりそうです。広葉樹が多いのはハイキングコース、特に剣が池周辺になります。

・駐車場の混み具合

平日の朝8:30に訪れたところ、駐車場は混み始めているところでしたが、停める場所に困るようなことはありません。
駐車料金800円

・登山者

池を見て帰る人が多いため、池回りのハイキングコースは混雑していました。。平日ということもあり、年配の団体さんや外国から観光にいらっしゃる方が多く見られました。
ハイキングコース 45分
千畳敷駅→(19分)八丁坂分岐点→(14分)剣が池→(12分)千畳敷駅

ツアーの団体さんは、木曽駒ヶ岳山頂に向かうグループも多数あり、かなり賑わっていました。

・注意点

ロープウェイは一便、60人が上限、バスは40人が上限となりますので、1回では乗れない可能性を見越して計画をたてましょう!臨時バスは駐車場には向かいますが、駅までは向かいませんので、電車でお越しの方は注意が必要です。

ロープウエイは外の空気が循環するようになっていますので、9月末となると、中につめたい風が入ってきてそれなりに寒いです。半そで短パンでは快適ではないので、上着を羽織ってから乗車されることをオススメします。

・スケジュール例

朝6時に名古屋を出発し、菅の平バスセンターに8時半に到着、バス、ロープウェイで千畳敷駅へアクセス。

登山道を進み駒ヶ岳山頂で昼飯、下山して剣が池に寄り、 千畳敷駅 より下山

千畳敷駅→(50分)乗越浄土→(20分)中岳→(40分)駒ケ岳 →(35分)中岳→(15分)乗越浄土→(30分)八丁坂分岐点→(14分)剣が池→(12分)千畳敷駅

関連記事

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました