期間限定

amazonで63時間のタイムセール祭り開催中

今すぐ見てみる

【使用感レビュー】モンベル バーサライトパンツを選ぶメリット・デメリット

ヤマノ
ヤマノ

バーサライトパンツは本当に軽いレインウェアです

▼この記事の動画版もあるので、もし良かったら流し聞きでどうぞ!▼

完全初心者向けの内容としています。

Youtubeの方では登山道具の選び方に役立つ情報をまとめていますので、
もし興味があったら登録して頂けると最新情報をお伝えできます。

→チャンネルを登録して登山道具選びを一緒に楽しむ

この記事でわかること
・バーサライトパンツを選ぶメリットがわかる
・バーサライトパンツの気になる点がわかる

・登山初心者が買ったレインウェアモンベル バーサライトパンツ

私が初めて買った登山用レインウェアパンツは、バーサライトパンツでした。

バーサライトパンツをひとことで説明すると、軽さに重点を置きつつもある程度の防水性能を確保したレインウェアです。

■耐水圧30,000mm以上、透湿性43,000g/m²・24hrs(JIS L-1099B-1法)

■重さ:83g
■収納サイズ:6×6×9cm

mont-bell モンベル バーサライトパンツ男性用
mont-bell モンベル バーサライトパンツ女性用

・バーサライトパンツを選んだ理由は?

私が初めて買ったレインウェアは、6年以上前のワークマンの重いレインウェアでした。今はかなり軽量なものが出ていますが、当時は登山用レインウェアに比べてかなり重いものが多かったです。

レインウェアは日帰り登山でも持ち歩くものですから、重量があると毎回負担になります。そういった思いから軽いレインウェアを探しており、バーサライトパンツに注目しました。

同じモンベルのストームクルーザーパンツが195gであることを考えれば半分以下の重さになります。

初心者であったため、雨が予想される可能性がある場合にはそもそも登山に行きません。レインウェアのジャケットはある程度防水性があるものを選びたいと考えていましたが、レインウェアパンツは軽量さだけを見ていました。

そうした理由からバーサライトパンツを選びました。

・バーサライトパンツ使ってみての感想

・メリットに感じた点

メリット

・収納性にすぐれている
・とにかく軽い
・登山時の動きを妨げない

収納性にすぐれている&とにかく軽い

バーサライトパンツはとにかく軽いです。しかもかさばらずしまう場所に困りません。ポケットに入れられるくらいです。収納面で不満は全くでないでしょう。これを買ったことで荷物が重くなるという悩みからは解放されました。

晴れの日の日帰り登山を安心して楽しむためにとても役に立ちました。

登山時の動きを妨げない

膝部分の立体裁断もされていますので、登山時レインウェアパンツをはいていることで動きにくく感じるようなことはありませんでした。

・ちょっと気になる点

POINT

・生地は薄く、耐久性は高くない
・撥水性能の低下が早い
・靴を履いたままの脱ぎ着はできない
・ポケットはない
・本格的な雨登山には性能不足

生地は薄く、耐久性は高くない

バーサライトパンツは軽量さを得るために極限まで生地は薄くなっています。そのため、ペラペラで耐久性は高いとは言えません。

私は5年使って穴が空いたり等はありませんでしたが、足元は擦れが多く、このまま使っていたらいずれ破れがおきそうです。ハードに使うようなレインウェアパンツではないことは認識しておきましょう。

撥水性能の低下が早い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同時期に購入したモンベルのトレントフライヤージャケットに比べて撥水性の低下が激しい印象を受けました。ジャケットとパンツなので、そのまま比較はできませんし、パンツの方が摩耗しやすいものですが、5年使うと洗濯しても撥水性は回復しにくくなりました。

以下の記事でハードシェルやレインウェアジャケットと洗濯で撥水性が復活するか実験していますので、参考にしてみてください。

レインウェアの洗濯と洗剤、適切な洗い方

靴を履いたままの脱ぎ着はできない

これは一部のレインウェアパンツには、ファスナーが付いていて、靴を脱がなくても着脱ができるものがありますが、このパンツでは軽量化のためにそういった機構はありません。

ポケットはない

個人的にこれが一番の難点です。軽量さのためには仕方ないとはわかってはいますが、ポケットがないというのは思いのほか不便でした。

本格的な雨登山には性能不足

私はそもそもの前提として積極的な雨登山はしないという前提の上でバーサライトパンツを購入しました。ところが登山を続けていると雨でも登山がしたいという気持ちが強くなってきました。

そうしたときにバーサライトパンツは軽さ重視で雨に対する性能が高いとは言えないので、小雨ならともかく、本格的な雨では履いても履かなくても濡れ具合が変わらないといった事態に陥ります。なので雨でも登りたい人は、別に性能が高いものを持った方が良いです。

雨リスクが高いときは重くても防水性能がたかいものを、雨リスクが低いときは防水性が低くても軽いものを選ぶのがおすすめです。

このあたりは安全マージンをどこまでとるかの好みになりますので、好きな選び方をしてくださいね。

・バーサライトパンツはULハイク時のレインウェアにおすすめ

ここまで説明した内容をまとめますと、バーサライトパンツは初心者におすすめできません。

性能が偏っていて、気になるところが多かったからです。

最初のレインウェアには汎用的な性能を持ったレインウェアパンツを選び、軽いものがいいなとかもっと防水性が欲しいなとか、自分の好みを見つけた方が登山道具選びを楽しめると思います。

・初心者~長期縦走におすすめなレインウェアパンツ

具体的に言うと、以下のレインパンツは価格に対して性能が高く感じますので、特におすすめです。

いやいや高すぎると思った方は以下もご覧ください。コスパで選ぶレインウェアについて考えたものです。ジャケットについてが多いですが、パンツも考え方は同じなので、参考まで

登山レインウェア最も安いものはこれだ!

他レインウェアパンツとの比較を見たい人は以下もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました