【2022年版】テント泊登山の居心地を最適に!1kg以下の超軽量チェア(ヘリノックス チェアゼロなど)

テント泊では日帰り登山とは違い、のんびりとした時間を過ごすことができます。

登山は不自由を楽しむアクティビティでもありますが、その中で快適なチェアに腰掛け、絶景を見たり、コーヒーを飲むような過ごし方も良いものです。

あすか
あすか

テント泊でチェアを持っている人はおしゃれに見えるよね

さとし
さとし

のんびりとごはんを作ったり、読書をしてみたり想像が広がります

この記事でわかること
・登山でのチェアの活用がわかる

登山にチェアを持っていくと快適に過ごせる

皆さんはテント泊をどのように過ごしますか?

夏期のテント場では、チェアに座って優雅にコーヒーを飲んでいる方を良く見かけます。

無駄なものを持たず、ウルトラライトな登山も良いですが、快適なテント泊登山も楽しいものです。

そんなテント場での快適性を支える道具にチェアがあります。皆さんも山にチェアをもっていってみませんか?

登山に椅子は必要!?いらないという意見があることは理解しておこう

ただ山頂を目指すだけなら、正直椅子は要りません。

でも山での時間を快適に優雅に過ごすなら、椅子があると世界が変わります。

ヤマノ
ヤマノ

登山に慣れたベテランほど、テントの近くで絶景をチェアに座って眺めながら、
お酒やコーヒーを楽しむ姿も見ることができます。

あなたもそんな山での過ごし方を試してみませんか?

おすすめチェア

  ヘリノックス チェアゼロ ヒルサウンド BTRスツール ヘリノックス 
チェアワン
Moon Lence アウトドアチェア ANCHEER アウトドアチェア KVASS アウトドアチェア
軽さ ◎490g ◎346g 〇890g 〇907g 〇900g ◎500g
背もたれ あり なし あり あり あり なし
価格
座り心地 × ×
収納サイズ ◎ 

見てわかるのは背もたれのあるチェアでは、ヘリノックスのチェアゼロ圧倒的な軽さを誇っているということです。

難点は価格が高いことと、座った時の安定性がやや劣るところですが、あまりにも軽いので、登山という用途ではこれ一択です。

重いチェアは使用用途が限定されてくるからです。

実際にハイシーズンの北アルプスのテント場をのぞいてみるとわかりますが、チェアゼロを持っている人が多いことに気づくはずです。

軽さと快適性のバランスが最も良いのは、「Helinox(ヘリノックス) チェアゼロ」

重量:490g、スタッフバック込重量510g

ポールにしなりがあるので、座り心地がとても良いです。

また、耐久性も高めなので、長く使いたい方にも向いています。

何より軽く、ある程度の座り心地の良さがあるので、登山だけでなく、キャンプやピクニック、お子さんの運動会など使用できる場面が多いのがおすすめできる理由です。

長時間を過ごすテント泊では、この背もたれの安定感が魅力的です。

背もたれありで500g以下のチェアは他にないので、ダントツでこちらがおすすめです。

ヤマノ
ヤマノ

やっぱり一番売れているのはこちらですね。
皆さん迷いなく選ぶのがチェアゼロです!

>>テント泊登山の椅子は「ヘリノックスのチェアゼロ」以外ありえない

チェアゼロの唯一の欠点は軽すぎることです。なのでアンカーを付けて風で飛ばないようにした方が安全です。

高いものなので、紛失したらショックです。

以下のチェアアンカーを使うと飛ばされにくくなるので、合わせて買う人も多いです。

軽さだけを重視するなら、ヒルサウンドのBTRスツール 346g

とにかく軽いとう1点だけを重視するならヒルサウンドのチェアが良いでしょう。

背もたれがないので快適性はチェアゼロに劣りますが、軽さはこちらが上です。

日帰り登山で簡易三脚代わりに使うこともできると思います。

ただこちらも価格は高いので、どうしても価格が気になるなら、KVASS アウトドアチェアが格安でおすすめです。

重さは500gと増えますが、価格はとても安いです。

KVASS アウトドアチェア 500g

安いものがいいけど、軽さも欲しいという方にはこちらの激安軽量モデルがあります。

難点は座り心地の悪さです。

以下の動画がわかりやすく解説しており、多少の性能の悪さが気にならないなら十分候補になると思います。

今回比較した他のチェア

Helinox(ヘリノックス) チェアワン

890g(960g)※()内はスタッフバッグ込みの重量です。

チェアゼロより安いですが、重さが増します。

キャンプとかならこちらの方がおすすめですが、登山という重量に限られる環境ではチェアゼロに劣ります。

Moon Lence アウトドアチェア

本体の重さは907g

座り心地はヘリノックスと大差なく、ポケットもあって機能性も良いです。良く壊れたという声もありますので、耐久性は低めです。

ですがそういったデメリットが気にならないくらい安いです。買い替え前提で買うならありです!

以下の動画も参考になります。重さについては言及していませんが、座り心地や組み立て方がわかりやすいです。

足部分を外してポーチも除けば、かなりのローチェアとなり、重量は816gとなります。

背もたれありでこの軽さ、安さは他にないです。

アウトドアチェア 折りたたみ 

重量:900g

Moon Lenceと同じく安価でお求めやすいチェアです。耐久性の低さをカバーするために1年保証がついています。

ANCHEER アウトドアチェア

900g。こちらも安価なチェアです。性能としては大差ないので、カラー展開など見た目の好みで選択しましょう。

テント泊装備の見直しはこちら

コメント

  1. isosi より:

    チェア選びには悩みます。
    価格と軽さと座り心地と耐久性
    紹介されていたチェアは参考になりました。

    • ヤマノ より:

      そうですよね。どれが良いのかいろいろ比べてみないとわからないので、参考になったと言ってもらえると、とても嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました