バックカントリーのおすすめスノーボード

まず結論からお伝えしますと、おすすめは軽くて取り回しのしやすいパウダーボードがおすすめです。

なぜなら、バックカントリーでは圧雪されておらず、新雪を滑るので、パウダー用のボードを選んでおいた方が滑りやすいのです。

バックカントリーはパウダーをメインに滑るために、山を登って滑り降りますが、

自然の山を滑ることになるのでゲレンデと違い、山の状況が様々です。

本記事では取り回しがしやすくて、パウダーを滑りやすいスノーボードをおすすめしますので、
ぜひボード選びの参考にしてください。

この記事を読めば、バックカントリーでスノーボードに必要とされることがわかります。

この記事の結論

・カービングが好きな人には「シックスティック

・新雪に特化したパウダー向けで選ぶなら「K2: Cool Bean スノーボード

・技術に自信がない人には「パウダースノーボード

・フリースタイルで自由な滑りが好きな人なら「リブテック:レトロリッパー」

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

バックカントリー専用のボードを用意するメリット

画像出典:amazon SALOMON 公式オンライン

バックカントリーはスキー場で楽しむ方と比べるとマイナーなので、板の生産量は少なく、どうしても価格は高価になります。

しかし、バックカントリー専用のボードがあれば、ゲレンデでは体験できないディープなパウダーでもスピード感と浮遊感を味わえます

パウダーを滑ることの楽しさを実感できるので、たくさん滑りたいと思うようになり、自然と技術も向上していきます。

ボードの長さ(レングス)

スノーボードは長い方が安定感が増します。

ボードの太さ(ウエスト)

スノーボードの幅があると浮力と安定感が増します。

軽さ

山を登った後に滑るので、スノーボードは軽い方が体力的にも安心です。

新雪への強さ(ロッカー(雪接点)の有無)

画像出典:amazon SALOMON 公式オンライン

キャンバーだと新雪に入ったとたんに雪の中へ沈んでしまうことが多いです。

しかし、ロッカーだと新雪にうまく乗れるので滑るのが楽になります

セットバック

重心がテールに寄るので、ノーズが浮いてパウダーが滑りやすくなります

あまりセットバックを入れすぎると減速の要因になるので、使用するスノーボードがどんな構造をしているのかを理解してからセットバックを入れると良いです。

バックカントリー用のスノーボードはみんなどうしてる?

バックカントリーをしたくても、どんなスノーボードにしたらいいのかわからない方も多いと思います。

スノーボードショップでバックカントリーのツアーを企画しているところもあるので、そういったショップに相談をしてみるといいと思います。

おすすめのバックカントリーのスノーボード

6種類の有名ブランドから厳選したバックカントリーに向いているスノーボードをご紹介します。

スノーボード用語

画像出典:amazon SALOMON 公式オンライン

キャンバー

スノーボードのセンターの反っている部分のことです。

反りを反動として使いジャンプやトリックに活かすことができます。

ロッカー

キャンバーとは逆の形状をしていて、センターが地面に着いていてノーズとテールが浮いています。グランドトリックやパウダーに向いている形状です。

現在はハイブリットのスノーボードが多く、部分的にキャンバーやロッカーなどの形状が使われています。いいとこどりをしていると思ってもらえば良いと思います。

フレックス

スノーボードのしなりのことです。

反発が強いほど硬く、反発が弱いほど柔らかいです。

サロモン:シックスティック

板のフレックスが硬めで重心移動が適切にできないと曲がりにくいので上級者向けになりますが、乗り出すとターンのキレが良く、一番のおすすめです。

カービングを気持ちよく滑ることができます。

性能が高く製品として素晴らしいだけでなく、廃棄物の削減にも貢献しているから、評価の高いモデル。

良い点
悪い点
  • ターンのキレが良い
  • キャンバーも入っているので、ジャンプもできる
  • チューニングが丁寧に施されている
  • スピードが出やすいので慣れが必要
  • フレックス硬め
  • WAXのメンテナンスが必須 

K2: Cool Bean スノーボード

浮力があり、取り回しが良いので、思い描いたラインに近づけます。

新雪のパウダーが多いバックカントリーの場面に特に向いたモデルと言えるでしょう。

良い点
悪い点
  • ノーズが広いので浮力が良い
  • 切り返しが良い(取り回しが良い)
  • WAXが良く浸透するソールなので滑走性、耐久性が高い
  • フレックスが硬めなので脚力がある人向け
  • テールの形が変わっているので慣れが必要
  • 少し短め 

ナイデッカー:パウダースノーボード

初心者向けで安定感抜群です。板のフレックスが柔らかいので、重心移動のテクニックが未熟でも曲がりやすく操作性に優れているためです。

一方でスピードを乗せた滑りには向かないので、スロースペースでの安全なライドを心がけましょう。

良い点
悪い点
  • フレックスが柔らかめで初心者向けに設計されている
  • ノーズが広いので浮力が良い
  • 幅があり安定感がある
  • カーブでグリップがかかりやすい形状
  • 柔らかいのでスピードが出るとバタつきやすい
  • 初心者向けなのでカバー力が少ない 

 

モス:スノースティック

硬すぎなくて扱いやすいですが、足の小さな方には不向きな傾向です。

バックカントリー向けでパウダーに強い形状をしているので、慣れが必要ですが、使いこなせば自在に新雪を楽しむことができるでしょう。

良い点
悪い点
  • 取り回しが良い
  • ノーズが広いので浮力が良い
  • フレックスが硬すぎない
  • 小柄な人には不向きな大きさ
  • テールの形が変わっているので慣れが必要
  • チューンナップが必要 

RIDE:バーサーカー

浮力良し、安定感良し、価格良し、足の大きな方は注意です。

ウエストが太く新雪が多いバックカントリーのフィールドでマッチする板です。

良い点
悪い点
  • ノーズが広いので浮力が良い
  • 幅が広めなのでどんな地形にも対応しやすい
  • リーズナブルな価格
  • ウエストが狭いのでブーツが大きい人はワイドサイズにする必要がある
  • フレックス硬め
  • 幅が狭い 

サロモン:ダンスホール

地形遊びやジャンプなど、チャレンジしたい方向けです。

ヤマノ
ヤマノ

ジャンプしたり後ろ向きで滑ったり、回転したり、
フリースタイルで滑りたい人向けの楽しい板です。

カービングなどのシンプルな滑りだけを追求したい人は避けた方がいいかも

良い点
悪い点
  • スイッチでも滑りやすい
  • キャンバー、ロッカー、フラットのいいとこどり
  • エネルギーをいろんな形で表現できる
  • 遊び心がある人に向いているが、中~上級者向け
  • 様々な要素が入っているが、使いこなすのが難しい
  • 変わった形状なので慣れが必要  

リブテック:レトロリッパー

独特のかっこいいデザインが特徴のブランドです。

どんなところでも楽しめますが、フレックスが硬めです。

スピード感が楽しめるモデルなので上級者向けになります。

ヤマノ
ヤマノ

バックカントリー自体上級者向けの遊びなので、
これが良さそうと感じる人も多いはず

良い点
悪い点
  • デザインがかっこいい
  • 圧雪もパウダーも楽しめる
  • クルーズしやすい
  • 価格が高め
  • テールの形が変わっているので慣れる必要がある
  • フレックスが硬め 

まとめ

画像出典:amazon SALOMON 公式オンライン

バックカントリーは人工的なゲレンデと違い、自然の山を滑ります。

雪の上を歩いて登るのはとても疲れます。

できるだけ装備は軽いものにしましょう

自然の山は、日々変化をしているので、急に悪雪になることもあります。

それに常に対応しながら滑ることのできる取り回しの良いスノーボードが必要です。

パウダースノーを楽しむためには、良く浮いて良く進むスノーボードが必要です

100点満点のコンディションには、なかなか出会えませんが、道具によって楽しみ方を増やすことはできます。

ぜひ、参考にしてみてください。

ヤマノ
ヤマノ

他の装備は大丈夫かな?

装備一覧を見て再確認してみよう

関連記事:
>>バックカントリーの始め方 必須装備一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました