冬の雲取山 日帰り~1泊2日 東京都最高峰 鴨沢ルート

山域:奥多摩
オススメコース:鴨沢ルート~山頂ピストン
レベル:中級者向け
歩行時間(休憩なし時):9時間半(積雪5cm以上なら1.5倍~2倍)
独標の広さ:広い(ベンチあり)
電波:全般で圏外
車でのアクセス:名古屋から1時間

・雲取山ってどんなところ?

雲取山は東京都最高峰の百名山で、年間を通してとても人気の山です。
2020年1月19日時点で山頂の積雪は20cm、登山道にはちらほら雪があるので、アイゼンは必要です。

雪が中途半端な量なので、チェーンスパイクも必要です。

雪山登山の必要な装備はこちら
雪山登山を実際に揃えるのにいくらかかったかはこちら
雪山テント泊の必要な装備はこちら

積雪期は無理な日帰り登山で滑落事故が相次いでいます。初心者や体力に自信のない方は無理なく1泊2日で計画しましょう。
それでも日帰りで計画したい方は、直近の滑落事故の事例は確認しておきましょう。

アイゼンは軽アイゼンでも良いので必ず携行しましょう。

アイゼンの選び方はこちら
アイゼンケースについてはこちら

最低気温は氷点下(-5℃以下)になります。 十分な防寒装備を用意しましょう。

ホッカイロの活用についてはこちら
使い棄てじゃないホッカイロについてはこちら

足用のカイロがあると足先が冷えずに過ごせます。
つま先の下じゃなく、上に張りましょう。

雪山登山ならハードシェルは着用しましょう。

[ホグロフス] SPITZ JACKET MEN

・登山ルート

鴨沢コース・三峰神社コース・三条の湯コース があります。

本記事では、鴨沢コースをご紹介します。

画像出典:ヤマプラより

・登山口へのアクセス

電車

鴨沢コースの登山口へは、奥多摩駅からのアクセスがおすすめです。
始発が6:05で夕方17:18まで1時間おきにバスが出ています。
(乗車時間は34分)

コースタイムが長めなので、日帰りならタクシーやマイカーでのアクセスになります。

マイカー

駐車台数は15台(無料)
・鴨沢バス停前の無料駐車場(10台)
・鴨沢小学校跡地の登山者用駐車場(5台)

・スケジュール例

日帰りは積雪状況によって1.5倍~2倍くらいかかる可能性があるので、マイカーかタクシーで登山口にアクセスしないと厳しいと思います。

【日帰りスケジュール】 4:50 村営駐車場 出発 5:55 水場 7:00 七ツ石小屋、休憩 8:00出発 9:05 雲取山頂、休憩 (休憩1時間半) 12:00 七ツ石小屋下 12:40 水場 13:30 村営駐車場 着 【1泊2日スケジュール】 8:00 鴨沢 出発 8:30 小袖乗越(権現平) 10:15 堂所 11:05 七ツ石小屋 2日目 5:00 七ツ石小屋 6:00 七ッ石山 7:00 小雲取山 7:40 雲取山 (休憩1時間) 10:00 七ッ石山 10:50 堂所 12:30 鴨沢

・周辺施設

七ツ石小屋の情報はこちら

●台風19号の影響
・鴨沢〜雲取山頂は通行可能です。
ただし七ツ石小屋下分岐からの巻道は橋が崩落していますので
小屋前を通り、小屋上の水場のある分岐を経由してください。
・奥多摩駅〜日原の道路崩落のため、日原方面へ続く登山道は通行止めです。
・その他の登山道情報は奥多摩ビジターセンターのHPをご覧ください。

12月〜3月はテント泊の予約は不要です。
ただし狭いテント場ですので、
6名様以上の団体はかならず事前にご連絡ください。

七ツ小屋ホームページより

コメント

タイトルとURLをコピーしました