開聞岳テント場 かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場 攻略情報

開聞岳テント場 かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場)攻略情報

この記事でわかること
・かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場の利用方法がわかる

かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場は、開聞岳の目の前にあるキャンプ場で、遊ぶ施設や軽食等が豊富で家族連れのファミリーキャンパーと、開聞岳登山目的の登山者がどちらも多い珍しいキャンプ場です。

登山で利用してもキャンプで利用しても楽しめるキャンプ場なので、ぜひ訪れてみてください。

登山情報はいぶすき観光ネットがわかりやすいです。

・基本情報

幕営数:記載なし。数百は張れるくらい広い。繁忙期でもスペースあり(フリーキャンプ場)
予 約: 不要。特定日は必要(9月: 9/19、20、21)
料 金:1,870円/張
土曜日・日曜日・国民の祝日、4月29日~5月5日(ゴールデンウィーク)、7月21日~8月31日(夏休み)、12月29日~1月3日以外は930円
水 場:あり
トイレ: あり
シャワー:あり
コインランドリー:あり
電波:電波4G(ドコモ携帯で検証)
風: やや強い
ハンモック泊:不可

フリーサイトはオートキャンプ場の奥にあり、丘のような高台と平地があります。芝生でペグも効きやすく、テントを設営するのに困ることはないでしょう。

・施設情報

ドコモ回線で4Gでした。街中から近いので電波は問題ありません。

・アクセス情報

駐車場があり、駅からも比較的近いので、車でも電車+徒歩でもアクセスが可能です。

徒歩の場合は駅からずっと登りなのでその点は覚悟しておきましょう。私は実際に電車+徒歩でアクセスしたとき、かなり暑く、のどが渇いて自販機を探しました。

下の写真のように開聞岳を見ながらキャンプ場への道を登っていきます。

・施設情報

キャンプ場内には子供が楽しめるゴーカートが走っています。ミニゴルフやパークゴルフの道具のレンタルが可能で家族で楽しむ方も多いです。

公園と名がついているほどですので、遊具も豊富で子供たちも飽きずに遊ぶことができます。

利用の際は利用券を購入して受付に持って行きます。

入り口すぐに受付があり、その横にはコインランドリーがあります。自販機もその前にあるので、登山前の飲み物補給に便利です。

文字がかすれていますが、登山口から山頂までの案内図があります。

徒歩だと少し遠いですが、農協が近くにあるので、地元の食材を使ってごはんを作るのもおすすめです。

・受付方法

キャンプ場の入り口入ってすぐに受付があります。その奥にオートキャンプ場、さらに奥にフリーサイトのキャンプ場、その奥に登山口があります。

受付は、申込用紙を記入して料金を支払い、説明を聞きます。

チェックイン :午後1時から
チェックアウト:翌朝午前11時まで

・水場

炊事場があり、蛇口から水を利用できます。生水で飲んでも問題なしでした。

水を運ぶときはプラティパスがあると便利です。

・トイレ

綺麗なトイレです。フリーサイトからは少し離れています。

・テントを張るべき場所

芝生で平なサイトなので、どこに設営しても困りません。木に近すぎると落ち葉があったりすることと、丘のような高台は風が強いので避けた方が良いということくらいです。

微妙な傾斜があると雨天時は水が溜まるので、そういった場所も避けた方が無難です。

【実体験】寝袋浸水に凍える夜 失敗から学ぶ雨登山のテント・ツェルト泊の注意点

コメント

タイトルとURLをコピーしました