【使用感レビュー】最大94日間持つオーライト:Baton 3 Premium Editionライト[53g]

オーライトの人気ライトの中でワイヤレス充電ケース付きで小型かつ高照度まで対応できる「Baton 3 kit」というライトがあります。

オーライトのEDCライト人気売れ筋ランキング1位でライト単体で最大20日、ケースで充電しながらなら最大94日とランタイム時間が非常に長いのが最大のメリットです。

今回はそんな「Baton 3 Premium Edition」を紹介します

ヤマノ
ヤマノ

この記事は「オーライト」のライトである「Baton 3 Premium Edition」についてのレビューです
・ライト本体は最大1200ルーメンの高照度でありながら53gと超軽量
 (充電ケースは114g)
・IPX8で防水性が高く、雨や水辺での使用でも安心できる
・高級感溢れるメタリックなケース
(記事後半では無料プレゼントキャンペーンの小型ライトも紹介します)

Baton 3 Premium Editionをチェックする


【ご提供品】
本記事は商品を提供いただき、レビューしています。

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

「オーライト:Baton 3 Premium Edition」の基本性能

ヤマノ
ヤマノ

特に53gという軽さと製品保証が5年という安心感、
高級感のあるカラーケースが魅力的です。

オーライトのライトはカラーリングがカッコイイものが多いのですが、
その中でも特に気に入っています!

1200ルーメン&100m照明範囲
 1200・300・60・12・0.5ルーメン
●53g (電池含む)+114g(充電ケース)
●バッテリー:IMR16340リチウム電池3.7V 550mAh
●製品保証:5年保証
●耐衝撃 1.5m
●防水  IPX8(潜水状態の使用に対して保護)

商品が届いて驚いたのは、箱にもマグネットが使われていて開閉がスムーズに行えるようになっていました。

ヤマノ
ヤマノ

随所にプレミアム感が出ていて高級感を意識しているのが伝わります。

オーライト:Baton 3 Premium Edition

そんな「オーライト:olight Baton 3 Premium Edition」ですが、実際に使ってみて見えてきたメリット・デメリットを整理してみます。

メリット

・明るさは、超低(ムーン)・低・中・高・ターボの5段階+SOSモードと多機能
・ザック内の誤点灯を防ぐロックモードがついている
type c ケーブルでの充電に対応

ヤマノ
ヤマノ

特にロックモードは登山で使うなら必須です。
ザックの中で誤って点灯してしまうと、気づかないうちに電池がなくなるので、
上手く活用するようにしましょう!

typec-cケーブルでの充電可能という点も私にとって嬉しい点でした。

これまで充電式のヘッドライトは、ブラックダイヤモンドの旧リボルトを良く使っていましたが、こちらはケーブルタイプが古い「micro USB」タイプだったので、最近のスマホ等の給電とケーブルが別で困っていたのです。

デメリット

・最大94日間持つというのは0.5ルーメンで使用した際のランタイム時間。
 (災害時に明かりとして利用する用途として備えたい)

ヤマノ
ヤマノ

登山ライトとして300ルーメンで使うならメインライトとして使うと持続時間は「95min・82m」。やや持続時間が短いので登山用ではなく、キャンプ・釣り・サバゲー等に用いる方が合っています。

もし登山で本格的に利用するモデルも合わせて検討するなら、以下の記事も合わせて見た方が良いでしょう。
>>登山用ヘッドライト(ヘッドランプ)の用途別おすすめランキング

ヤマノ
ヤマノ

なるべく肉眼での見え方に近い写真を撮ってみた。
0.5ルーメンは足元を照らすくらいで遠くを照らすと暗く見える。

テント内や手元を照らすくらいなら十分だろう!

けんた
けんた

充電ケース込でも167gだから、重さが気にならないならケースも持ち歩いても良さそうだ

モード選択

主な操作は以下の通りです。

ライトの点灯:オフ/オン:スイッチ を押すと点灯/消灯します。
モード変更:スイッチを押したままにすると、明るさが次々に変化します。
      好みのモードになったら指を離して決定します。
SOSモード:素早くスイッチを3回押すとSOSモードになります。
      スイッチを押すとSOSモードが終わります。

ボタンは1つしかないので、感覚的に操作できます。

付属のバンドにクリップでつければ、頭に固定することができます。

ベルトも調節しやすく、頭の形やヘルメットの上から着用するのにも調節しやすかったです。

角度調整も問題なく、重さが軽いので負荷も少なく感じました。

充電は付属ケースに入れるだけです。

ヤマノ
ヤマノ

購入直後は安全のために、ライトの内部に絶縁体が入っています。

これを外さないと電源は入らないし充電もできないので、忘れずに外しておきましょう

perun mini kit」のライトは底面がマグネットになっています。

充電ケースの底部分はマグネットになっているので、カチっと音がしてライトが固定されます。

充電端子はタイプCで付属ケーブルも付いています。

イト本体と充電ケースも同色なので、統一感がありかなりカッコイイです。

ヤマノ
ヤマノ

夜間の使用時もかなりの明るさなので、困ることはありませんでした。
キャンプでは300ルーメンか0.5ルーメンのモードの使用頻度が高かったです。

総評

ヤマノ
ヤマノ

Baton 3 Premium Editionは性能抜きにしても
見た目のカッコよさがずば抜けて優れているので、見た目で決めても良いライトです。

実際に口コミを見てみると、私と同じように見た目の虜になっている方も多く見られました。

とても美しく見とれてしまいます。まさかライトがこんなにも綺麗でながめたくなるなんて、予想をはるかに超えてます。baton3プレミアムシリーズの中でもこのレッドが最も美しいと私は思います。このサイズなのに明るいだけでなく、美しさも兼ね備えるなんて反則です。私は心を持って行かれるぐらい気に入ってます。この気持ちを多くの人と共有したいです。きっと気に入るでしょう。ぜひ手にとってみて下さい。

オーライトレビューより引用

まずは、関係各位謝申し上げます。 はい、ぶっちゃけデザインだけで買いました。  細かな機能とか、明るさだとか、大きさとかはあまり気にしないで、カッコエエ!!!からの衝動買いです。  届いてからの驚きは予定外でして、レビューを書かせて頂く事にしました。 まず、すごく小さい からの、めっさ明るくできる けど、程よい明るさに調整可 そんでもって、バッテリーの持ちが良い  ケースに入れると磁気の影響が減るっていう事に気付いてはしゃいでます。  カバンに入れてもかさばらないし、地下鉄通勤の私の相棒になりましたね。   たまのキャンプにも持ち出しますかね。

オーライトレビューより引用

また、ライト本体が53gと軽量で高い防水性と明るさを持つことから様々な場面で利用できます。

一方でケース付きだと167gとヘッドライトとしてはやや重く、フラッシュライトとして考えると軽いという印象でした。

登山のヘッドライトとしてはやや重いので、利用するならキャップに着けてライト本体のみ利用することになります。

それ以外の用途であれば、ぜひケース付きで持ち歩いて欲しいセットです

Baton 3 Premium Editionをチェックする

無料プレゼントの充電式軽量ライトが使い易い

セールの中で特に個人的にとてもおすすめなのが、ログインしただけで入手できる90ルーメンの照度を持つ小型軽量ライトです。

「送料:4999円以上のお買い上げで送料無料」になるので、Baton3購入時と同時なら完全無料でゲットできます。

アクセサリーカラビナで付けても邪魔にならない軽量ライト

ヤマノ
ヤマノ

写真は別のミニライトですが、
大きさや操作の仕方は同じですので、参考まで

ヤマノ
ヤマノ

左右に回すことでON/OFFを切り替えできるので、
シンプルなライトです

ヤマノ
ヤマノ

まだ暗い時間に登山口に到着することも多いので、
車のサイドポケットに入れておきたいです。
よくものを落とすので、足元を探すときにこういったものがあると便利なんです

超軽量のミニライトが無料プレゼントのキャンペーン中

オーライト製品をまとめてみたい方は以下をご覧ください。
>>オーライトの評判と選ぶべきヘッドライト&フラッシュライト

ヘッドライト全般の検討をされている場合は、下記になります。

関連記事:ブラックダイヤモンドの登山用ヘッドライトのおすすめ 

オーライトの評判と選ぶべきヘッドライト&フラッシュライト

コメント

タイトルとURLをコピーしました