富士山に行くなら登山用具はレンタルで!格安登山のススメ

登山道具って高い!格安登山ってできないの?

富士山に行くなら登山用具はレンタルで!格安登山のススメ

まず始めに1回きりの富士登山、屋久島など、お試しで登山をしたいなら、道具を一度に揃える必要はありません。
レンタル品の活用を考えましょう。

レンタル品の利用方法については、こちら

登山道具のレンタル

1度きりの登山しか考えていない方はここから下は見なくてOK。
1度きりの登山ではなく、これから登山を始めたいけど、できるだけ安く済ませたいという方は、
体力や運動能力に不安を感じているのなら、その考えを変えた方が安全です。自身がないのにわざわざ難易度を上げる必要はありません。
いやいや、体力に自信がある!という方は続きをご覧ください。

極端なことをいえば、基本的に登山道具は体力があればなくても補えることが大半です。
もちろん、知識がないのはNGですので、事前に基礎的なことは調べましょう。
また、登山保険をケチるのはやめましょう。
何かあったときにあの時入っていればと後悔してからでは遅いからです。

登山保険についてはこちら

登山保険

登山靴について、
3万前後を越えるものがほとんどですが、
スポーツ量販店においてある登山靴なら1万円以下もあります。
可能ならば登山用の靴下を履いて、店員か登山経験者と共にフィッティングだけでも行なってから購入すれば、
サイズが合わないという問題を避けることができます。

登山ウェアについて
他のスポーツのウェアがあれば流用可能です。
綿の服では汗が乾かず、汗冷えの危険性があるので、できればスポーツウェアが良いです。
ユニクロなどの格安な店舗で探すのも良いでしょう。

レインウェアについて
ワークマンのレインウェアが優秀です。道幅の広い軽い山であれば、折りたたみ傘でも対応できます。
但し、落雷の危険性があるときは避けましょう。

ザックについて
一般用のザックでも対応可能です。
通学カバンや通勤カバンを使用する方法もあります。
ユニクロやGUを覗いてみてください。500円~1000円前後のリュックもあります。

また、日帰り用の登山であれば、アタックザックを購入してみるのも1つの案です。
宿泊を伴う登山などで、メインザックと一緒に持っていくものなのですが、
もし登山を続けることになったら、メインザックを別に買って併用できますし、
もしやめたとしても、旅行時に非常に役に立つからです。

アタックザックについては、別記事でご紹介します。

・格安登山のデメリット
最後に、格安道具については、全て自身で経験済です。
登山靴は、最初は1万以下の靴で登っていましたが、
いつも下山時は指が痛くなっていました。
フィッティングをしていなかったので、サイズがあっていなかったのです。

レインコートについては、数回使用したことがありましたが、使用感は問題なかったです。
但し、毎回持っているので重いです。
登山用品とそれ以外の大きな違いはその重さです。重いことをトレーニングと思えないならつらい思いをします。

ザックについては、もち手部分が破損したことがあります。
山によっては山行が困難になっていたでしょう。
また、収納が豊富でなかったり、
背中部分の風通しが悪く、暑さを感じることが多くなります。

ちゃんとした道具を使わないことで様々なデメリットがありますので、
私は自身の経験から、最初から良いものを選んで入ればと思うことがありますので、
できれば良いものを選んで頂けたらと思います。
問題に気づくことになるのは、いつも山行の最中になるからです。
それらを踏まえて、自己責任でご判断ください。

登山道具に何を揃えるかはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました