ツェルトを超える究極の軽量テント泊 ストックシェルターPROとヘリテイジ トレイルシェルター(旧ストックシェルター)

道具
この記事でわかること
・ストックシェルターのメリットがわかる

・ストックシェルターって何?

ストックシェルターは、110cmnのストック2本で立てられる簡易テントです。
ツェルトよりも更に軽量で更に快適性が低いストイックなモデルと言えるでしょう。

・ストックシェルター を選ぶメリット

POINT

・とにかく軽く持ち運びしやすい
・設営が簡単で慣れれば1分で設営可能

ストックシェルターを選ぶ大きなメリットはその軽さと設営の容易さにあります。

200g以下という驚異的な軽さで宿泊ができるのです。

・ストックシェルター を選ぶデメリット

POINT

・雨にとにかく弱い
・冬場はチャックが凍結
・シームレステープで防水処理が必要

・雨にとにかく弱い。

 雨天時に壁が寝袋に張り付き濡れます。
 防水のシュラフカバーが必須。エスケープヴィヴィPRO 推奨
 生地は水を吸い、重さは倍になります。


・冬場はチャックが凍結する。
・シームレステープで防水処理が必要

created by Rinker
アライテント(ARAITENT)
¥960 (2020/09/19 08:44:43時点 Amazon調べ-詳細)

軽さの反面、専門的な知識が求められ、知識なしでの使用は危険を伴います。
雨の可能性がある場合は山小屋泊にするなど、臨機応変な対応が必要となります。

少なくともテント泊の経験がない人にはオススメできません。
おすすめできるのは、テント泊、ツェルト伯の経験が十分あり、更なる軽量化を図る方です。

どこまで軽量化をするかは永遠の課題ですが、
ストックシェルターを選択するなら何を選ぶべきか調べてみました。

・ストックシェルターとトレイルシェルターの違い

 ヘリテイジ ストックシェルターストックシェルター ・PRO
重さ280g230g
ベンチレーションありなし
耐水圧1,000mm/平方センチ1,000mm/平方センチ
透湿量8,000g/平方メートル/24hr8,000g/平方メートル/24hr

ヘリテイジストックシェルター ユニバーサルモデル

・製品の比較
ストックシェルターと呼ばれる製品は、現在は2つのみです。
どちらも110cmのストックで設営できます。

ストックシェルターproの方が軽い反面ベンチレーションがないので、ファスナーの上部をあけるなどの対策をとらねば窒息の危険性があります。

そのため、扱いやすさは圧倒的にヘリテイジのストックシェルターの方が上です。50gを許容できるならヘリテイジの方をおすすめします。ストックシェルターproを選ぶ場合は換気性の確保に注意して使いましょう。

信州トレイルマウンテン ストックシェルターPRO

ストックシェルター ・PRO

価格:19,500円
(2019/8/28 07:19時点)
感想(0件)


とにかく軽く、トレランの大会でも用いられている優秀なストックシェルターです。
但し、ベンチレーターがないので、チャックを開けておくなどの対応が必要です。
当然、雨天時は雨がバンバン入ってくるので、雨への弱さにはご注意を

ヘリテイジ トレイルシェルター


ストックシェルターの換気性の低さを解消したモデルです。
その分重さは増しているものの、それでも300g以下です。
初めてのストックシェルターにはこちらがおすすめです。

関連記事

エスケープヴィヴィ
山岳テントの比較
ツェルトとは
スリーピングマット
シュラフ(寝袋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました