期間限定

amazonで63時間のタイムセール祭り開催中

今すぐ見てみる

冬の美ヶ原のアクセスとスノーシュートレッキング

冬の美ヶ原のアクセスとスノーシュートレッキング

山域:美ヶ原
オススメコース:美ヶ原高原ホテル山本小屋宿泊~スノーシューツアー
レベル:初心者向け
歩行時間(休憩なし時):2時間半(片道)
山頂の広さ:広い
電波:あり
車でのアクセス:名古屋から4時間

・美ヶ原ってどんなところ?

美ヶ原は高原でありながら百名山に選出されている変わった場所です。夏には牛が歩き回りのんびりとした雰囲気があります。冬の美ヶ原はとても星が綺麗なので、是非宿泊したい場所です。

傾斜がほとんどないので、スノーシューハイキングにぴったりの場所です。

雪山登山の必要な装備はこちら
雪山登山を実際に揃えるのにいくらかかったかはこちら

最低気温は日によっては、氷点下(0℃以下)になります。 十分な防寒装備を用意しましょう。

ホッカイロの活用についてはこちら
使い棄てじゃないホッカイロについてはこちら

足用のカイロがあると足先が冷えずに過ごせます。
つま先の下じゃなく、上に張りましょう。

雪山登山ならハードシェルは着用しましょう。でも美ヶ原登り下りはほとんどないので、スキーウェアでも代用できます。

これから雪山登山をするなら買っておきましょう。1回きりならスキーウェアで大丈夫です。

[ホグロフス] SPITZ JACKET MEN

・ハイキングルート

スノーシューハイキングには、決まったルートはありませんが、王が頭に向けてのんびり雪の高原を歩くのが定番といえるでしょう。ツアーでは、王が頭に登り、下りは雪上車であることが多いです。

画像出典:ヤマプラ

・登山口へのアクセス

美ヶ原スカイラインとビーナスラインは通行止めです。
県道178号線への入り口は長野県小県郡長和町です。

ざっくりこの辺です↓

県道178号 は雪が多いです。スタッドレスタイヤ+タイヤチェーンを用意しましょう。

車は長和町町営駐車場に停めます。美ヶ原高原ホテル山本小屋に宿泊するならさらに奥のホテル前に停められます。

・スケジュール例

【日帰りスケジュール】 9:00 美ヶ原高原ホテル山本小屋 出発 9:30 美しの塔 10:10 塩くれ場 11:00 王が頭 11:30 王が鼻 (雪上車で帰る)

塩くれ場は、夏期に牛に塩を上げるための場所です。
長野では小学校のころは、花壇の水やり当番のことを、水くれ当番と呼んだりしていました。今ではわかりますが、方言だったんですね。

・周辺施設

美ヶ原高原ホテル山本小屋

スノーシューは、朝9時からのレンタル営業です。宿泊しない場合も事前に予約を入れた方が良いです。

ホームページはこちら
オンライン予約も可能です。

「標高2000mの大雪原を満喫・ガイド付スノーシュープラン(ご夕食鍋おまかせコース)」が特におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました