八ケ岳(天狗岳) 冬(12月-3月) 渋の湯~黒百合ヒュッテ~東天狗岳

八ケ岳(天狗岳) 冬(12月-3月) 渋の湯~黒百合ヒュッテ~東天狗岳

山域:北八ヶ岳
オススメコース:渋の湯 ~黒百合ヒュッテ (1泊)~東天狗岳~西天狗岳~唐沢鉱泉
レベル:中級者向け
歩行時間(休憩なし時):1日目:2時間半、2日目:4時間半
山頂の広さ:狭い 車でのアクセス:名古屋から3時間30分
電波:ドコモ回線は4G回線入ったり入らなかったり(山頂は入ります)4G

・八ケ岳(天狗岳)ってどんなところ?

天狗岳は標高2646 mで冬期でも山小屋(黒百合ヒュッテ)が営業していることもあり、雪山入門向けの山として人気です。

この黒百合ヒュッテの居心地が良くて、暖かい飲み物もあるので、
おすすめの山です。


2019/11/29時点 昼過ぎで-8℃、黒百合ヒュッテ付近で5cmの積雪
2020/01/25時点 昼過ぎで-5℃、早朝は-12度、
        黒百合ヒュッテは60cmの積雪(水分はあまり含んでいない)

気温目安
12月 朝: -6度、昼0度、 小屋周辺で10〜50cm
1月 朝:-10度、昼-5度、 小屋周辺で50〜60cm
2月 朝:-11度、昼-5度、 小屋周辺で1m
3月 朝:-5度、 昼0度、 小屋周辺で80cm

地図は必ず携行しましょう。

岩場はあるのと、稜線上は風もあるので、
ヘルメットとゴーグルは必須です。

防風性を供えたハードシェルもないと寒さに震えることになります。必ず用意しましょう。ハードシェルって何?という人はこちら

・登山ルート

登山口は4箇所。全て温泉があります。
この温泉だけでも入りに行く価値があると思います。
①唐沢鉱泉
②渋ノ湯
③稲子湯
④本沢温泉

今回ご紹介するのは、
①渋の湯 ~黒百合ヒュッテ (1泊)~東天狗岳~西天狗岳~唐沢鉱泉
です。

東天狗岳では滑落による救助が発生していますので、
12本アイゼンとピッケルが必須です。アイゼンの選び方なんかはこちら

こんな感じで表面が溶けて凍ってを繰り返してつるつるです。グローブを落としたりすると凄い勢いで落ちていきます。転びどころが悪いと真っ逆さまなので、ヘルメット+アイゼン+ピッケル推奨です。

黒百合ヒュッテまでの登りはチェーンスパイクだけでも登れますが、 渋の湯から登り始めは氷結しているのでアイゼン推奨です。


ブラックダイヤモンド(BlackDiamond)レイブン グレー 65cm BD31020
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)

東天狗岳~西天狗岳の稜線上は風が強いことも多いので、
暖かい飲み物とネックウォーマーやバラクラバなどの用意があると安心です。

山専用ボトルの比較はこちら

こちらの動画でも道がわかりやすいです。

全体のルートはこちら

画像出典:ヤマプラ

・登山口へのアクセス

渋の湯の駐車場は勝手に停めてはいけません。渋の湯で受付をして、案内してもらいましょう。ロープで通行できないようになっているので、外してもらって停めましょう。

こんな感じで結構広い駐車スペース×2と温泉前のスペースで50台くらいは余裕です。朝9時着でも停められました。

・スケジュール例

スケジュール


09:00 渋の湯
11:30 黒百合ヒュッテ
(宿泊) 07:00 黒百合ヒュッテ出発
08:30 東天狗岳
(休憩30分) 09:25 西天狗岳
(休憩30分) 11:25 黒百合ヒュッテ
(休憩1時間) 14:25 渋の湯

・周辺施設

黒百合ヒュッテの注意点はこちら
・テント泊の人は夕食、朝食不可。山小屋内での休憩は有料250円 or お茶付き300円
・電波がほぼ入らない。docomoなら時々入る。
・山小屋泊は、16時半ごろに部屋の案内がされます。
 夕食はハンバーグなど、朝食は栄養バランスの良い食事。
(ごはんはおかわり自由)

・軽食メニューは9~15時。コーヒーやじゃがばたー、ビーフシチューやカレーなど。有名なシチューはもちろん、牛丼もとても美味しいです。

15時以降は酒メニューのみ可能。
 サングリアやホットワインなど

温泉は、渋の湯 がおすすめ

日帰り1000円で歴史を感じる温泉に入れます。露天がないこと、脱衣所が寒いこと、ドライヤーがないことといった難点もありますが、車を停めさせてもらっているので、できれば利用したいところです。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました