本日20時よりフラッシュライトが期間限定セール

予備ライトにおすすめ

今すぐ見てみる

【使用感レビュー】激安ハンモックlenzai最新型 軽くて登山・キャンプ用に最適

【使用感レビュー】激安ハンモックlenzai 軽くて登山・キャンプ用に最適

この記事でわかること
・激安ハンモックでも実用性は十分
・難点は耐久性の低さ
・激安ハンモックの設営方法がわかる

HIKINGNAGOYAのヤマノです。ご覧いただきありがとうございます。

ハンモック泊をしたいと考える人が手を出しやすい激安ハンモックが、実用に足るのか実力を調べてきました。実際に使ってみるとダメな点、良い点見えてきましたので、これからハンモックを選ぶ方の参考になれば幸いです。

・本記事で紹介する激安ハンモック

本記事で紹介するのは約3000円という激安のハンモックです。テント泊ではなく、ハンモック泊とするなら破格の値段ですね。

蚊帳つきで夏に虫刺されにおびえる心配もありません。

収納袋が縫い付けられているので、荷物を入れることもできます。

・ハンモックの性能

ここがgood

・約800gと軽く蚊帳までついてる
・耐荷重は十分
・すぐに設営できるだけの道具がセットになっている
・設営がめちゃくちゃ楽、慣れたら1分

約800gと軽く蚊帳までついてる
lenzaiのハンモックは、安いだけでなく、軽いです。ベルトやペグなどを含めても約800g程度です。商品記載は0.78kgなので若干それより重いかなというくらいでした。

耐荷重は十分

耐荷重:ハンモック本体300㎏、ベルト700㎏、カラビナ700㎏

耐荷重もかなりの性能なので、飛び跳ねたりしなければ大丈夫でしょう。カラビナもかなり重厚な感じで信頼できそうでした。

すぐに設営できるだけの道具がセットになっている

内容品は以下の通りで、ハンモックとカラビナは接続された状態で入っています。固定ループはペグを使ってハンモックを横に広げて居住性を高めるために使います。
ハンモック*1 、
ハンモックベルト*2、
D型カラビナ*2、
固定ループ*2、
固定ペグ*2、
収納袋*1。

ここがbad

・蚊帳の耐久性が低く、破れやすい
・縫製が荒い
・ペグは軽いが曲がりやすい
・裏側使用もできるとあるが、見た目がダサくなる

蚊帳の耐久性が低く、破れやすい

耐久性は蚊帳部分は脆弱です。破れたという情報も良く聞きますので、丁寧に扱うようにしましょう。私は今のところ破れてないので、気を付けて使用すれば問題ないかなと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

縫製が荒い

縫製はかなり洗いです。大量生産品感があります。私は気になりませんでしたが、このあたりが気になる方にはおすすめできません。

ペグは軽いが曲がりやすい

ペグは軽くて良いのですが、先端が丸くて地面が硬いと曲がります。というか曲がりました。ハンモックを張るような場所は樹林帯、森林なので、地面が腐葉土ならこれでも良いのですが、必ずしもそのような地面とは限りません。

腐葉土用に最適なプラスチックペグと、硬い地面でも汎用的に使えるペグを合わせて持っておくと良さそうです。テントをもっているならテントようのペグで大丈夫です。

関連記事
テント泊のおすすめペグ 影の実力者!

裏側使用もできるとあるが、見た目がダサくなる

やっぱり表使用が通常と想定されているので、皺がよりますし見ためが悪いです。ポケットもこちら側だと使用できないので、表向きのみの使用とした方が良さそうです。

お子さんを遊ばせる用途ならこちらで良さそうです。表向きだと蚊帳が破れる危険性があるので..

・ハンモックの設営方法

付属の説明書でもわかりますが、わかりやすくはなかったので、ここでご紹介しておきます。

step1 3~5mほど離れて並ぶ木を見つける。両手でつかめるほど細い木はngです。

step2 ハンモックベルトを木に取り付ける。ベルトはループが複数ある方と1つだけループがある方がありますので、1つだけループの方に複数ループがある先端を通します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

step3ハンモックのカラビナをハンモックベルトにつなげます。複数ループがあるので、ちょうど良いテンションになるようにカラビナを繋げます。上の画像では端から2個目のループにつなげてます。

step4 ゴムループを通す。蚊帳のジッパーを開き両端を見ると、蛍光色のループがあります。埋もれていて見つけにくいので注意です。ここにゴムループをひかっけて、真ん中のループを通し、反対側の端のループに通します。

真ん中のループは、収納袋がついていない側になります。ここにゴムループを通します。

反対側のループにつなげればok

これで居住性が高くなります。なくても寝るだけなら問題はないです。

step5 固定ループをペグに固定する。固定ループをハンモック真ん中あたりに通し、ペグで固定します。

完成しました。

さらに工夫をするならハンモックの少し上に以下のようなチェーンを渡し、ヘッドランプや水など、ぶら下げておくと便利です。

チャムスやコールマンのモデルは短めですが、これは3mまで行けるのでたいていは届くのかなと思います。

ハンモックの少し上にロープを渡し、バタフライノットという結び方で輪っかを作り、カラビナを通せば代用はできますが、ちゃんとした商品より重いものを翔らなかったり、見た目は悪いです。

以上、激安ハンモックについてでした。実用には十分足りますので、これからハンモック泊を試してみたいと考えている人にはおすすめです。

他のハンモックと比較したい人はこちらもどうぞ

関連記事
登山と軽量ハンモック泊 ハンモックに揺られて星を見よう

コメント

タイトルとURLをコピーしました