06.山情報

【初めての山小屋泊】山小屋初心者にオススメの山5選 

山小屋泊では日帰りの登山よりも時間をゆったりと使うことができ、おいしい山小屋ごはんを味わうことができます。 本記事では、そんな山小屋泊におすすめな山と山小屋をピックアップしました。 ヤマノ 山小屋では、他の登山者と交...
06.山情報

登山の縦走装備とおすすめ縦走コース

登山の縦走を一度経験すると、日帰りではもったいないと感じる方が多いものです。景色の良い稜線上を歩くことができるので、日帰りの山以上に山の魅力を味わうことができるのです。皆さんも縦走の計画を立ててみませんか?
06.山情報

立山登山と黒部アルペンルート必要なものって何?

立山黒部アルペンルートは富山と長野にまたがるルートで、路線バスからトロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイで繋がっています。この乗り換えの接続があまりよくないので、どうしてもトレッキング開始地点の室堂駅まで時間がかかってしまいます。訪れるときは時間に余裕をもってアクセスしましょう。1泊して余裕を持つことも大切です。
06.山情報

3泊4日の北アルプス裏銀座縦走モデルコース

本記事では裏銀座の縦走コースの魅力と歩き方をご紹介します。主な山は、烏帽子岳、野口五郎岳、鷲羽岳、水晶岳、双六岳、槍ヶ岳です。どの山も素敵な山なので、それぞれの特徴を見てみましょう。
06.山情報

富士山登山の富士宮ルートの徹底攻略!!

富士宮ルートは急な坂を登りますが、歩く距離は他のルートに比べて短いです。登る人もそれなりに多いので、初心者でもおすすめです。
06.山情報

屋久島トレッキングの手引き (必要なものと手順)

この記事でわかること ・屋久島でのトレッキングの所要時間がわかる ・トレッキングに必要なものがわかる 初めまして、ヤマノです。昨年屋久島の縄文杉のトレッキングや宮之浦岳を歩き、トレッキングに必要なものが見えてきましたの...
06.山情報

初心者向けの富士山登山 必要なものって何?

この記事でわかること ・富士登山に必要なものがわかる ・富士山の登山ルートがわかる 本記事の内容 ・富士登山に必要なものって何? ・登山靴 ・レインウェア ・バックパック ・ヘッドライト ...
06.山情報

2泊3日の表銀座縦走 槍ヶ岳を見ながら歩く憧れのコース

この記事でわかること ・表銀座縦走に何が必要かわかる ・表銀座縦走のルートと注意点がわかる この記事を見ていただき、ありがとうございます。ヤマノです。私にとって表銀座の縦走は、登山に大きくハマるきっかけとなった縦走です。実際に歩い...
06.山情報

蝶ヶ岳のゴジラの木を見に行こう!(登山口・アクセス情報) 

蝶が岳は北アルプスの山で危険な場所も少なく、 日帰り登山も可能な初心者向けの山です。ゴジラの木が人気です。 冬には上高地から登ることができます。中の湯まで路線バスかタクシーでアクセスし、そこから先は徒歩で向います。
06.山情報

富士見台高原の登山口へのアクセスとヘブンスそのはらで見る満点の星空

富士見台高原は初心者でも楽しめるハイキングスポットです。 星空や雲海で有名な阿智村も近く、ひるがの温泉もあるので、 そういった場所と合わせて寄るのもおすすめです。 紅葉の時期も春の新緑を見るのにもオススメできる私も好きなところです。
06.山情報

栗沢山 宇多田ヒカルが歩いたルートとそのアクセス(北沢峠から行く日帰り登山)

栗沢山は、宇多田ヒカルのCMで脚光をあびた水の山です。360度の眺望が望めるアサヨ峰と共に訪れて見ましょう。サントリー天然水『水の山行ってきた 南アルプス』篇
06.山情報

甲斐駒ケ岳 日帰りルート 双児山と黒戸尾根

双児山ルート 北沢峠→(1:30)双児山→(0:50)駒津峰→(1:10)山頂→(0:35)摩利支天→(1:05) 駒津峰 →(0:40) 双児山 →(1:00) 北沢峠
06.山情報

秋の千畳敷カール(木曽駒ヶ岳) 紅葉の見頃と混雑状況

9月末に千畳敷カールの紅葉登山に行ってきましたので、紅葉の状況や混雑状況をお伝えいたします。
テント場

鳳凰三山(南御室小屋と)テント場の攻略方法(テントの受付や水場、混雑情報など)

南御室小屋は樹林帯に囲まれた窪地にあります。風があまり強くなく、平地が多いので、テントがとても張りやすく、初めてのテント泊におすすめです。
06.山情報

御嶽山(おんたけさん)の山小屋と登山ルート 噴火の歴史

御嶽山は、2019年7月1日から10月16日まで山頂部までの入山が可能になっています。 活火山である以上、どうしても噴火の危険はつきまとうので、自己責任で登れる方のみ登りましょう。御嶽山 の最高峰は 剣ヶ峰 と呼ばれています。2番目に高い峰は、 摩利支天山 と呼ばれています。山頂までは怖いと言う方は、 摩利支天山 までの登山も可能です。
タイトルとURLをコピーしました