【評判・口コミ】WAQのティピーテント「アルファTC」

1-1.テント

キャンプを始めるにあたって、「テントが欲しいけどどんなテントを選んだらいいのかわからない……。」という人は多いのではないでしょうか。

テントはキャンプには欠かせないギアで、種類も多く、選ぶのが難しいと思います。

キャンプに行く人数や行きたい季節によっても、テントを選ぶ基準は変わってきます。

ヤマノ
ヤマノ

こちらの記事でまとめているWAQのティピーテントである「アルファtc」は、発売されてすぐに完売となり、SNSでも話題となった人気の高いテントです。

ヨメノ
ヨメノ

WAQアルファtcは、デザイン性が高く、機能性も優れているよ
価格もリーズナブルなので初心者でも手に入れやすいテントなんだ!

こちらの記事を読んで、自分のキャンプスタイルに合ったテント選びの参考にしてみてください。

この記事の結論

・WAQアルファtcはデザイン性が高く機能性も高い
・設営が簡単で、価格もリーズナブルなため初心者でも手に入れやすい
・アレンジ性が高く4シーズン使えることから上級者まで楽しめる

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

WAQのティピーテント(アルファtc)の特徴

ソロ用の「Alpha TC」とファミリー用の「Alpha TC/FT」の2種類があります。商品名にもあるTC素材を使用することにより火に強い素材となっていますので焚き火の際も安心です。

また全室のサイドフラップが特徴的で様々なアレンジができます。突然の雨や風によって工夫次第で快適に過ごすことが出来ます。

前室の広さ

サイドフラップの跳ね上げが可能なため、開放的で快適な空間を作ることができます。また、フラップの跳ね上げパターンは3パターンあるので、自分好みのアレンジを楽しむことができます。

設営のしやすさ

ペグダウンしてポールを立てるだけで設営できます。

シンプルなので初心者でも簡単に設営可能です。

通常のワンポールテントと同じで、まずフライシートの四隅をペグダウンしてからセンターポールを入れます。

シンプルなので、インナーテントも吊り下げ式なので初心者でも簡単に設営出来ます。

慣れれば10分かからず設営出来ますので初心者やファミリーにもおすすめです。

WAQのアルファtcと合わせて使うべき タープ

WAQアルファtcと合わせて使うなら、WAQTCヘキサタープがおすすめです。

ソロ用はМサイズ、ファミリー用はLサイズがあります。

テントとタープのメーカーがそろっていると、色や素材に統一感が出ておしゃれさもアップしますね。

アルファTCテントとのタープの連結方法

TCヘキサタープに付属しているハンガーテープを使って、テントとタープの距離を縮めることができます。

また、ハンガーテープをテントの頂点に取り付け、もう一方の端をテント後方に設置したタープのメインポールに取り付けて設置することにより、テントをタープの下に入れることができます。

テント内の広さ

インナーテント内には、コットを置いて使用することも可能です。WAQ2WAYフォールディングコットを使用する場合、ハイスタイルだと出入りの際に窮屈になってしまいますが、ロースタイルで使うと快適に過ごすことができます。

また、テントポールを別売りの二股ポールにすることにより、テント内のデッドスペースをなくし、より快適に、自由度の高いレイアウトを楽しむことができます。

WAQテントの耐水圧と雨の日の過ごし方

WAQアルファtcの耐水圧は、300㎜~350㎜です。一般的なTC素材を使用しているテントと同様となっています。

TC素材は、濡れるとコットンが膨張し、雨が侵入しにくくなるという性質があります。

そのため、多少の雨であれば使用可能ですが、ファスナー部分は防水仕様ではないため、ファスナー部分から雨漏りしたという口コミもあります。ファスナーカバーをしっかり止めておくなどの対策が必要です。

タープと連結させて、タープの下にテントを設置して使用するのもおすすめです。

WAQアルファtcのグランドシート

WAQアルファtcは、専用のグランドシートは販売されていません。

他社製品でおすすめのものを紹介します。

ソロ用のアルファtcインナーテントのサイズは230cm×110cmです。

グランドシートは、大きめのサイズにしてしまうと、雨が降った際に雨を取り込んでしまい、テントに浸水してしまうため、ぴったりか小さめのサイズを選ぶ必要があります。

【インナーテントの下にのみ敷く場合】

・DOD(190cm×120cm)
・HIKEMAN(210cm×90cm)

【テントの全面に敷く場合】

・FIELDOOR(240cm×240cm)
・GEERTOP(260cm×210cm)
・BUNDOKバンドック(190cm×190cm)
・LOGOS(200cm×200cm)

ファミリー用のアルファtcにはCAPTAINSTAG(400cm×400cm)がぴったりです。

また、グランドシートはブルーシートで代用する方法もあります。

WAQのティピーテントを選ぶメリット・デメリット

WAQのティピーテント(アルファtc)を選ぶデメリット

  • ファスナー部分から雨漏りすることがある
  • TC素材のため重量がある
  • インナーテント内でコットを使用する際には注意が必要

ファスナー部分から雨漏りすることがある

耐水性は一般的なTC素材を使用しているテント同様に300mm~350mm程を想定。

TC生地は性質上、濡れるとコットンが膨張し雨が浸入しづらくなる効果があります。

※完全に防水をする事はできません。

Alpha TCのファスナー部分は防水仕様ではないため、雨や風の向きや量によっては雨漏りする可能性があります。ファスナーカバーをしっかり止めるなどの対策が必要です。

TC素材のため重量がある

TC素材は、ポリエステルのものと比較すると重いです。

重量6.5㎏なのでソロ用テントにしては重たいですね。インナーテント内でコットを使用する際には注意が必要となります。

ソロテント用のalpha t/cでも少し重量がありバックパックは難しいかも。

テントないの高さが低く設定されているので高身長の人は要注意。

WAQ2WAYフォールディングコットをインナーテントに設置する際は、ハイスタイルだと出入りが窮屈になります。ロースタイルで使用の場合は、快適に過ごすことができます。

WAQのティピーテント(アルファtc)を選ぶメリット

  • 火の粉に強いTC素材で作られている
  • スカート付きで4シーズンに対応している
  • 前室が3パターンにアレンジできる

火の粉に強いTC素材で作られている

テントは、コットンとポリエステルの混紡生地であるTC素材でできています。ポリエステル生地よりも遮光性と通気性が優れています。火の粉が当たっても穴が開きにくい性質のため、テントの近くで焚き火を楽しむことができます。

とにかく設営が簡単なので時間をかけたくない人にはピッタリ

TC素材で火の粉にも強く安心して焚き火を楽しめ、オールシーズン使えるのでコスパがいい

加えてサイドフラップのアレンジが多種多様で楽しい

スカート付きで4シーズンに対応している

同じ素材のスカートが標準で付属されています。スカートを取り付けることにより、冬でも快適にキャンプを楽しむことができます。スカートはトグルボタンで巻き上げることができます。スカートを巻き上げることによって通気性がよくなります。

また、出入口が前後に設けられているため、夏でも風が通って快適に過ごすことができます。

前室が3パターンにアレンジできる

サイドフラップを跳ね上げることができるため、前室のスペースを広くとることができ、快適に過ごせます。

また、フラップの跳ね上げは3パターンあるため、自分の好みに合わせたアレンジを楽しむことができます。

waqテントのグランドシート

グランドシートは付属しておりませんので別売りでの購入が必要です。

インナーテントを設置後その上で過ごしたらインナーテントの傷みに繋がりますので必ず別売りのグランドシートを購入することをおすすめします。

「WAQのアルファtc」のアルファtcの使用感・評判・クチコミ

悪い口コミ

ヤマノ
ヤマノ

どのメーカーでもあることですが、ごく稀に縫製が粗い不良品が混じるようです。
購入後は問題がないかチェックするようにしましょう。

ソロにおけるサイズ感やデザインは良いと思う。ただし作りが、縫製が雑すぎる。私が縫製されたものを扱う仕事だから気になるだけかもしれないが、いつほどけてもおかしくないほど雑と言うか、外れそうになっている箇所があった。金具に通すテープも2箇所捻れている。テントにおける堅牢性というのは非常に大事なポイントなので返品しました。

amazonレビューより引用
ヨメノ
ヨメノ

TC素材は燃えない素材ではなく燃えにくい素材です。

火の粉に強い=絶対に燃えないとか、穴が開かないということではないので、間違えないように注意しましょう。

他のTCより火の粉に弱いです。購入する方は焚き火には注意して下さい。初張りの、かなり離れた隣の焚き火から、テントの後ろに大きな穴が数カ所開きました。普通のポリエステル並みに穴が空きます。その事をメーカーに問い合わせましたが、火の粉は保証対象外、自分で修理して下さいとの事でした。火の粉に強いをうたっているなら、保証するか訂正するべきかと思います。ちなみにメーカーのレビューは反映すらされませんでした。

あと、内側の裁縫はかなり雑で糸が相当飛び出て、不安になります。夕方からずっと雨でしたが、雨漏りなどは一切なく水弾きもよかったです。その点は優秀かと思います。かなり、色も形も気に入って購入したので、火の粉に弱いのを知っていたら、隣のサイトまで注意ながら使用したり出来たと思います。非常に残念でなりません。

amazonレビューより引用

​​

良い口コミ

タープなしでも焚火料理が楽しめ、氷点下では薪ストーブをインして過ごしました。サイドフラップのバリエーションもあり、ソロのティピーテントとしてはオールシーズンこれ一つで完結します。

amazonレビューより引用

キャンプ初心者でコールマンのツーリングドームLX使用からの2幕目に購入しました!何度かキャンプをしてるうちに、 TC素材とティピーテントに憧れを持ち気づいたら衝動買いしてました。競合先にバンドックソロティピー、テンマクデザインのサーカス、パンダがありましたが、他とは被らなそうでアフターサービスも良さそうなWAQのALPHA TCに決めました。フィールドでは1回しか使用してませんが以下レビュー

良い点
なんといってもカッコいい
タンカラーが自分のサイトに合う
TCの質感がいい
アレンジが多い
近くで焚き火が出来る
設営撤収が楽で早い
風に強い

悪い点(というか気になる点)
やっぱり荷物が多いとソロでも少し狭い
フルクローズにする時低いので大変
ワンポール全般に言えることかもしれませんがファスナーサポートは必要かと思います。
インナー使用すると圧迫感がある
ポリテントに比べると多少重い
雨の中の使用はしていないので耐水性は不明ですが、気になる点を差し引いても、心から買って良かったと思えるテントでした!

amazonレビューより引用

総評

悪い口コミ

・縫製が雑

・金具に通すテープが捻れている

・火の粉で穴が開いた

良い口コミ

・デザインがかっこいい

・アレンジのパターンが多い

・設営、撤収が簡単

「WAQのアルファtc」の選び方

WAQアルファtcには、ソロ用とファミリータイプがあります。

ソロ用は、タン、ブラック、オリーブの3色から好きな色を選ぶことができます。

ソロキャンプにぴったりなサイズで、1人でも快適に贅沢な時間を過ごすことができます。

ファミリータイプは、インナーテントに大人4人が寝転ぶことができる広さになっているため、家族や友人との使用でも十分な広さです。

またシェルターとしての使用も可能なので、テントの中に1人用テントを入れることで、ゆったりとしたソロキャンプを楽しむこともできます。

おすすめのWAQのティピーテント

ソロキャンプに使うなら、ソロキャンプにちょうどいいサイズで、設営も簡単なソロ用テントがおすすめです。インナーテントも付属されており、コストパフォーマンスが高いです。

前室の3パターンのアレンジに加え、テント内のポールをセンターポールか二股ポールを使うかによって自分の好みに合ったアレンジが可能です。

初心者にも使いやすく、デザイン性だけでなく機能面も優れていて大変コストパフォーマンスのよいテントです。

WAQ:アルファTC ソロ用テント (ティピー・ ワンポールテント)

ソロ用にジャストサイズなティピーテントです。TC素材でできているため火の粉にも強く、テント近くで焚き火が楽しめるのが魅力的です。

テントと同じ素材でできたスカート付きで、4シーズン使用できます。サイドフラップは3パターンの跳ね上げ方が可能で、サイトの状況や天候、自分の好みに合わせてアレンジ可能です。

別売りの二股ポールを使うことにより、アレンジの幅が広がります。カラーはタン、オリーブ、ブラックの3色から好みのものを選ぶことができます。

収納バッグは大きめに作られており、テントのほかにもアイテムを収納する余裕があります。

ソロ用の「Alpha TC」

フライシートサイズ(外寸):W240cm × D240cm × H150cm

インナーテントサイズ:W230cm x D110cm x H135cm

収納サイズ:W57×D22×H22cm

重さ:6.5kg

WAQ:Alpha TC/FT ファミリー用テント 4~5人用 WAQ-TCTF1 TCテント TCワンポール TIPIテント ワンポールテント

ファミリー向けのティピーテントです。インナーテントは大人4人がゆったりと過ごすことができるように作られています。

ソロ用のアルファtcと同様に、TC素材でできているため、テントの近くで焚き火を楽しむことができます。

スカートも付属されているため、寒い季節にも安心です。また、ファミリー用としてだけでなく、シェルターとして利用すれば、ゆったりとしたソロキャンプを楽しむことができます。

ファミリー用の「Alpha TC/FT」

フライシートサイズ(外寸):W400×D400×H250cm

インナーテントサイズ:W380×D265×H185-190cm

収納サイズ:約75×31×31cm

重さ:16.5kg

WAQ テントのカスタムアレンジ方法

前室のサイドフラップの3パターンの跳ね上げでアレンジするほかに、テント内のセンターポールを二股ポールに代えるアレンジ方法もあります。

センターポール使用時はポールの付近にデッドスペースができてしまいますが、二股ポールを使うことによって、より自由度の高いレイアウトを楽しむことができます。また、テント内のスペースが広くなり、快適さも増します。

WAQのアルファTC(1人用テント)は二股にカスタム可能

WAQから純正の二股ポールは販売されていませんでしたが、2022年9月下旬にWAQ純正の二股ポールが入荷予定となっています。WAQの二股ポールは、ジョイント部分にフックバーが搭載されており、ランタンやインナーテントを吊り下げることができるようになっています。

BUNDOK、アマゾンオリジナル、Keepjoyから販売されている二股ポールも使用することができます。

バンドック:ソロティピーとWAQ:アルファTC 1人用のサイズが同じなので、利用できる方法です。

よくある質問

冬は薪ストーブは使用できる?

ソロ用の「Alpha TC」とファミリー用の「Alpha TC/FT」の2種類は薪ストーブを使用に向いた設計ではありませんが、前後のファスナー部分から煙突を外に出すことで、薪ストーブを使用することができます。

Alpha TC SOLO DXは煙突穴付きなので薪ストーブを使用できます。

いずれの場合でも一酸化炭素中毒や、やけどに注意して使用する必要があります。

WAQのティピーテントの張り方(設営方法)

画像出典:WAQ公式HP

1.フライシートを地面に広げます。

※WAQロゴがある方が前室側です。

画像出典:WAQ公式HP

2.フライシートの4角をペグで固定します。ベルトは最大まで緩めておいてください。

画像出典:WAQ公式HP

3.ポールを組み立てます。

画像出典:WAQ公式HP

4.センターファスナー側からテントの内側に入り、ポールを頂点に合わせながら垂直に立ち上げます。

画像出典:WAQ公式HP

5.緩めておいた4角のベルトを締め、テント全体のテンションを調整してください

6.テントに付属しているロープをペグで固定 し、ロープの長さを調整しながら全体的にたるみがなくなるよう、テントにテンションをかけてください。

画像出典:WAQ公式HP

7.サブポールを組み立てます。

画像出典:WAQ公式HP

8.前室部分のファスナーを開け、フラップ先端にあるグロメットにポールを差し込みます。

画像出典:WAQ公式HP

9.付属のロープをポールに引っ掛け、ペグで固定します。このときもサイドフラップがたるまないようにテンションをかけてください。

画像出典:WAQ公式HP

10.インナーテントを広げ、メインポール頂点付近にクリップを引っ掛けます。

※インナーは、赤いファスナーが前室側となります。

画像出典:WAQ公式HP

11.床面四角にあるバックルをフライシート側のバックルに固定します

画像出典:WAQ公式HP

12.完成!!

WAQ テントのタープ連結方法

公式では、「ヘキサタープとの連結は不可」となっていますが。サイドフラップにポールを立てて使えるので突然の雨や日除けに使うことが出来ます。

まとめ

発売開始後すぐに完売するなど、高い人気を誇るWAQアルファtc。

デザイン性だけでなく機能性にも優れているアルファtcは、価格もリーズナブルで初心者にもお勧めできるテントです。WAQの製品は1年保証がついているのもうれしいポイントですね。サイドフラップの跳ね上げや二股ポールを使用してアレンジができるため、上級者でも楽しむことができそうですね。

アレンジの利くサイドフラップは変わりやすい天気に柔軟に対応でき、オールシーズン使用可能なスカートやTC素材の使用とベテランキャンパーも納得のテントになっています。

タンカラーは女性のキャンパーも使いやすく設営も簡単なので初心者からベテランまで満足のいく仕上がりとなっていました。

ぜひWAQアルファtcを手に入れて、自分のキャンプスタイルに合ったおしゃれなサイトを作ってみてください。

ファミキャンテントのおすすめテント

選び方
おしゃれさ重視 / デイキャンプ向け / お家キャンプ向け / 夫婦キャンプ(デュオキャンプ)向け / 冬キャンプ向け

メーカー別
Lスノーピーク:アメニティドームM
Lコールマン :エクスカーションティピー

ソロキャンプのおすすめテント

選び方
オシャレさ重視 / 冬キャンプ向け / バイクキャンプ向け

メーカー別
ユージャック 

コメント

タイトルとURLをコピーしました