本日20時よりフラッシュライトが期間限定セール

予備ライトにおすすめ

今すぐ見てみる

おすすめのテント泊縦走用の登山ザック一覧(イーサー・バルトロ等人気ザック比較)

・登山用ザックの容量

50L~65Lくらいが一般的です。

最近の登山道具は軽量化、小型化が進んでいるので、そういったものを選べば35L~45Lくらいでも不可能ではありません。

ただ初心者向けではないので、最初は50L~65Lくらいのある程度重量もあるものがおすすめです。

もちろんその容量のザックではパッキング技術が必要なので、初心者向けではありません。

加えて1500g以下の軽いモデルはウルトラライトハイクと呼ばれる軽量登山におすすめです。

軽量モデルを選ぶときは、軽さのために何を犠牲にしているのか、デメリットを十分把握することがおすすめです。

・登山用ザックの機能と選び方

テント泊用のザックを選ぶのに一番重視しなければならないのは、もちろん容量です。自分のテントや寝袋、マットの大きさを考えて十分な量を用意しましょう。

大は小をかねるといっても、大きすぎるザックを買うと、空いた空間が多くなりすぎて見た目の形がかっこ悪くなってしまいます。

また背負い心地も大事です。テント泊はかなりの重さとなるので、ショルダーベルトが太い方が痛みは出にくいです。背面長の調節ができ、肩と腰、体全体で重さを支えられるものを選びましょう。

・人気ザックの比較

 グレゴリー バルトロ65L(ディバ)

オスプレー イーサー
(エーリエルAG)

容量(l)6560
重さ(g)23602340
価格
レインカバーありあり
ハイドレーションポケットありあり
雨蓋2ポケット2ポケット(サブザック)
ヒップベルト2ポケット(防水1、メッシュ1)2ポケット
サブザックありあり
サイドポケットありあり

よくどちらにしようか迷うという話を聞くバルトロとイーサーの違いについて

腰周りのサポート力が優れているのはバルトロです。
肩凝りに悩む方もこのザックなら痛みを軽減し、快適なテント泊が可能です。
(女性用はディバという名称に変わります)

オスプレーのイーサーは背面の通気性はバルトロより優れています。
価格面でもやや安く、
(女性用はエーリエルAGという名称に変わります)

詳細なデメリットや性能については、下記にまとめています。

・おすすめの登山ザック

人気が高いのは、グレゴリーのバルトロとオスプレーのイーサーあたりです。

グレゴリー バックパック バルトロ65 Lサイズ

【容量】65L(M)
【推奨積載】最大22.7kg
【重さ】2,360g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】

ヒップベルトが可動式なのが便利。
レインカバー、ハイドレーションボトルを入れるポケット、ヒップベルトにポーチ2つ 付いています。雨蓋に収納が多いので、出し入れがラクチンです。

ショルダーベルトとヒップベルトの調節で加重を分散しやすく、テント泊縦走でも疲れにくいのが特徴です。

デメリット
・サイドポケットが片方のみ
・価格が高い
・自立しないので、パッキングを気をつける必要がある。

グレゴリー ディバ60 DEVA 60 ルビーレッド
バルトロ60は、女性用はディバ60という名称になります。

グレゴリー スタウト65

【容量】65L
【推奨積載】最大22.3kg
【重さ】1,730g
【サイズ(高さ×幅×奥行)】-

バルトロの陰に隠れてますが、バルトロよりかなり安く軽量ながら十分な機能性と堅牢さを誇ります。バルトロよりポケット少なく細身なのでシンプルに使いたい、軽量化したい、岩場通過がある縦走などにはこちらのほうが良いと感じました。ちなみに前モデルのほうがサブザックが付いていたりフロントポケットがバルトロに近いスペックでしたが、こちらのニューモデルからは軽量シンプルに更に差別化したようです。

amazonレビューより

オスプレー イーサーAG 60

【容量】60L
【推奨積載】15kg~27kg
【重さ】2,340g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】83cm×39cm×31cm

Mサイズを購入しました。最初はグレゴリーのバルトロが欲しくてお店で背負ってみたのですが、
背面長の調節が2段階しか出来ず私の背中に合いませんでした。
店員さんに薦めてもらいオスプレイを背負ってみて最初に感じたのはヒップベルトのフィット感
の素晴らしさでした。
背面長の調節はマジックテープで無段階でピッタリに合わせられました。
有名ブランド品は値段も高額になりますからウエア、シューズ、ザック等は実物でフィッティングしてから
購入する事をお勧めします。
1つだけ不満点があります。ショルダーベルトのトレッキングポールアタッチメントのコードロックが
小さすぎてポールの収納がスムーズに行えません。
自分で別のコードロックに交換しないと指先に豆ができそうです。
期待していた機能の1つでしたので星4にさせていただきました。

amazonレビューより

OSPREY(オスプレー)エーリエルAG 55
イーサーAGの女性用モデルです。

カリマー クーガー 55-75

【容量】55-75L
【推奨積載】-
【重さ】2,680g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】78cm×39cm×32cm

通常の大容量ザックは、荷物が少なすぎると、見た目が残念になってしまうのですが、カリマーのこのザックは比較的違和感がないと言われています。

生地も厚めで耐久性もバッチリ。サイドポケットも大きいので、容量の拡張もしやすいモデルです。

デメリット
・レインカバー付属ではない

EXPED エクスペド ライトニング 60L メンズ ブラック

【容量】60L
【推奨積載】24kg
【重さ】1,170g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】75cm×34cm×27cm

無駄がない見た目でフレームで背面長を調節できます。肩と腰のパッドで重さを支えるので、背中がザックに接しないので通気性が良いです。

上部のポケット。下から取り出せるチャック。腰ベルトがあり、どちらかというと小柄な人向けになります。最上部は簡易デイパックになるので、アタックザックの代わりになります。

一部部品は取り外せるので、更に軽量化をはかることができます。

デメリット
・サイドのストレッチポケット以外はポケットがない

ホグロフス NEJD 65 ネイド 

【容量】41-50L
【推奨積載】24kg
【重さ】2,390g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】61cm×27cm×22cm

正面から開閉するザックがあるので、荷物の出し入れが可能なのが便利です。ポケットもたくさんあるので、収納が便利です。

サイドポケットも深めなので、ボトルなども落としにくいポケットです。背面長の調節もできますし、ストラップも肩に食い込みにくい大きさです。

雨蓋がアタックザックになるので、無駄がありません。

デメリット
・荷物をパンパンに入れると、ファスナーが開きにくい

karrimor(カリマー) ストラータ 50 タイプII 

【容量】50L
【推奨積載】24kg
【重さ】1,700g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 76cm × 37cm × 34cm

深い色味が高級感を醸し出します。
無くなる前にポチって良かったです。   これで行く来年の夏縦走を楽しみにしています。

amazonレビューより

EXPED(エクスペッド) Lightning 45 
【容量】41-50L
【推奨積載】-
【重さ】-
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 –

OSPREY(オスプレー) ケストレル 48L/38L

背面の通気性が良く、背負い心地も良いので、人気です。

【容量】48L
【推奨積載】9~16kg
【重さ】S/M:1,460g M/L:1540g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 75cm×31cm×29cm(M/L)

OSPREY(オスプレー) ケストレル38 

【容量】S/M:36L、M/L:38L
【推奨積載】9~16kg
【重さ】S/M:1,460g M/L:1540g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 75cm×31cm×29cm(M/L)

OSPREY(オスプレー) カイト 46(ケストレルの女性用モデル)

【容量】46L
【推奨積載】-
【重さ】 S/M:1,470g M/L:1540g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 –

女性専用設計のショルダー/ヒップベルトを追加したモデルです。

グレゴリー スタウト45

【容量】45L
【推奨積載】-
【重さ】 1,290g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 –

OSPREY(オスプレー) カイト 36 (ケストレルの女性用モデル)

【容量】36L
【推奨積載】-
【重さ】 –
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 –

(グラナイトギア) GRANITE GEAR クラウン2 38

【容量】38L
【推奨積載】16kg
【重さ】1,040g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 –

ザ・ノース・フェイス] リュック テルス35 L

【容量】31-40L
【推奨積載】9~16kg
【重さ】-
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 66cm×27cm×22cm

mountain dax(マウンテンダックス) フリーダム

【容量】31-40L
【推奨積載】-
【重さ】1,380g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 66cm×33cm×23cm

Hyperlite Mountain Gear:Summit 30L Backpack
【容量】30L
【推奨積載】-
【重さ】-g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 –

ハイパーライトマウンテンギア Hyperlite Mountain Gear メンズ バッグ バックパック・リュック【Summit 30L Backpack】Black

マックパック:フィヨルド40 43L 

【容量】43L
【推奨積載】-
【重さ】1,090g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 67cm×34cm×25cm

フィヨルド40はサイズ2とサイズ3が存在していて、
適応身長の目安152~178cmの「サイズ2」が容量40L
       173~193cmの「サイズ3」が容量43L になっています。

ジグザグのドローコードがサイドと正面についているので、外付けもしやすく、幅広く容量を拡張できます。

また、コードを締めて圧力をかければ、容量は30lほどの小型ザックになります。
これは荷物の移動を抑えて重心を高くすることでバランスを崩さず行動力を上げることができるそうです。

ヒップベルトには行動食も入れられるし、背中側にはハイドレーションを格納するポケットがついています。

背面パッドを取り外すと、-58g
ヒップベルトを外すと、-204g
チェスとベルトを外すと、-20g
取り外せる部品を全てあわせると、 約290g の軽量化

OMM クラシック 
32L 700g
40L 750g

【容量】40L
【推奨積載】-
【重さ】750g
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 –

かなりの軽量化モデルです。ウルトラライトのおともに検討したいですね。

モンベル:チャチャパック35L 1320g/35L

【容量】35L
【推奨積載】-
【重さ】-
【サイズ(高さ×幅×奥行き)】 –

アタックザックも合わせて持って行くと便利です

テント泊装備についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました