本日のamazonタイムセール

山ガールファッションの決定版!アパレル店員が選ぶ春夏秋冬のおすすめコーデ集

この記事はPR商品を含みますが、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に、ヤマノブログがインターネット調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

もうコレで登山ファッションに迷わない!

登山でもファッションを楽しみたい山ガールにおすすめ春夏秋冬コーデを集めました。

山ガールの基本の服装服装選びに重要なポイント最後におすすめコーデを紹介します。

服装選びをマスターして、季節に合わせた登山コーデをマスターしましょう。

この記事で分かること

・登山でもカワイク見える浮かないコーデが分かる

・季節に合わせたコーデ例が分かる

服装全般の基本は以下の投稿でも解説しています。もし良かったら合わせてフォローしてね

この記事を書いた人:ヤマノ

この記事を書いた人:ヤマノ ギアをこよなく愛する道具オタクです。

登山歴9年 |総額500万以上の道具購入 |富士山登頂サポート
メディアや雑誌監修を手掛け、自然を楽しむ仲間を募集中!
>>詳しいプロフィール | フォローして一緒に楽しむ!

X(twitter)では不定期でプレゼント企画を開催。僕がいいなと思った商品を自腹で送ってます。応募期間は短めなので、普段からツイートを見ておくと良いかも。

フォローしてチェックする

↓過去のプレゼント企画

私は低山で道迷いをしたり、雨のツェルト泊で寝袋が水没して凍えたり、濃霧の暗闇をさまよったり、危ない思いもしてきました。これは私の知識が足りず、愚かだったからです。

素人で失敗を重ねたからこそ、優秀な登山ガイドやプロ登山家に語れない体験を経て、皆さんには装備の失敗も危険な登山もしないで欲しいと強く思います。だからこそこのブログを作りました。

登山は後から始めた方が安全に楽しめるレジャーです。リアルな失敗談を読み、反面教師として活用してくださいね。

山ガールファッション基本の服装

Portrait of a female hiker looking at the landscape while carrying her backpack – outdoor lifestyle concepts

山ガールのファッションアイテムはおしゃれなアイテムが勢ぞろい。

ですが、おしゃれにまとめようとしすぎると登山に必要な機能性がおざなりになってしまいます。

まずは、基本の服装を理解し、登山に必要な機能性をおさえましょう。

インナーウェア・肌着

登山に使われる素材は天然素材の綿化学繊維のポリエステル・ナイロン素材などがあります。

中でもポリエステル素材のものは吸水速乾性に優れており、肌表面の水分を素早く外に発散させてくれます。

反対に綿素材は、吸湿性は高いのですが、保水力が高く乾きが遅いので登山用のインナーには向きません。

化学繊維のインナーを選ぶことで、汗冷えを防ぎ蒸れを抑えることができます。

下着はとにかく吸水・速乾性の高いものを選びましょう。

汗を素肌から素早く離すことで、ベースレイヤー本来の機能性を十分に発揮することができます。

また、下着は最も汗に触れるため抗菌防臭効果のあるものを選ぶと、汗をかきやすい夏場でも快適に登山を楽しむことができますよ。

選び方のコツ

・吸水性・速乾性が高いものを選んで汗冷え、低体温症のリスクを回避

・夏は涼しく、冬は暖かいものを選ぶ

・綿素材は乾きが遅いので化学繊維のものを選ぶ

速乾性のあるTシャツや長袖

登山用のTシャツや長袖に求められる機能性は、汗冷えを防ぐ吸水速乾性運動を邪魔しないストレッチ性です。

加えると街用と登山用で兼用できるタイプのTシャツがおすすめです。

マイカーで登山をするのであれば気にしなくてOKですが、兼用でもっておけば登山用のTシャツと下山後のTシャツを別々に持つ必要がないので荷物を減らすことができます。

街中でも使えるシンプルなデザインのTシャツを予備で一枚バッグに入れておけば、下山後にそのまま街で使えますよ。

下記リンクに街中でも使えるおしゃれなTシャツを紹介していますので、参考にしてみて下さい。

>>レディースのおしゃれな登山用Tシャツ特集

選び方のコツ

・吸水速乾性の高い素材を選ぶ

・ストレッチ性の高い素材を選ぶ

・街中でも浮かないシンプルなデザインのものを選ぶ

防寒着にも兼用できるレインウェア

登山用のレインウェア選びで最も重視する点は「防水・透湿性」です。

外側からの水分を内側に通さず、汗など内側から発生した水分を逃がす性能がなければ、体を冷やしてしまい、低体温症を引き起こしやすくなるため注意しましょう。

また、レインウェアはアウターとしても使えます。

汗をかき冷えた身体を守る役目もありますので、ベンチレーションの位置のチェックも必要です。

例えば脇下や手首まで、ジッパータイプのベンチレーションがついていれば効率的に汗を逃がすことができますよね。

レインウェアにもアウターとしても着れるようにシンプルなものを持っておくと、無駄なく使うことができます。

選び方のコツ

・防水透湿性に優れたものを選ぶ

・ベンチレーションの位置を確認する(汗をかきやすいところについているか)

・レインウェアだけでなくアウターとしても使えるデザインを選ぶ(街中でも着れるシンプルなもの)

ストレッチ性があり動きやすいハーフパンツ・ロングパンツ

登山用のパンツはストレッチ性の高いものを選びましょう。

登山では大きく膝を曲げて岩をよじ登るような道もありますので、運動性の高いものを選ぶことで登山を快適に行えます。

ナイロン&ポリウレタン素材のものであれば、乾きやすくストレッチ性も期待できます。

汗をかきやすい夏場はショートパンツスタイルもおすすめです。

ただし、転倒時に怪我をするリスクもありますので、タイツと合わせて着用することで肌を守ることができます。

また、シチュエーションによって切り替えができるコンバーチブルタイプも便利ですよ。

選び方のコツ

・膝を曲げ伸ばししやすいストレッチ性の高いものを選ぶ

・吸水速乾性のある素材を選ぶ(メッシュ付きだと通気性も期待できる)

・ショートパンツを選ぶ際はタイツとあわせて履く(コンバーチブルもおすすめ)

靴下・タイツ

靴下は登山のパフォーマンスを上げるうえで必須アイテムです。

靴下のタイプや厚さによって機能性が変わります。

靴下は足元を保護するものでもあるので、登山道によって変えるのがおすすめです。

厚手のものだとクッション性により、長時間歩行のストレスを和らげることができます。

薄手のものだと通気性に優れ、足元のムレから守り、快適に登山ができます。

ウェアやボトムなどに目が行きがちですが、靴下選びで登山での快適さが大きく変わるんです。

選び方のコツ

・厚手の靴下はクッション性や足の保護に役立つ

・薄手の靴下は通気性がよく、蒸れから足を守る

・足裏感覚重視なら5本指や足袋タイプを選ぶ

帽子

標高が高くなると、受ける紫外線の量が多くなりますので、登山用の帽子は必須です。

帽子をかぶることで以下のようなメリットがあります。

頭皮を紫外線から守り、肌の日焼けを防ぐことができる

頭の怪我防止になる

日焼け対策には、ツバが広いハットタイプだと、陰になる部分が大きく日焼けしにくくなります。

ハットタイプ(あご紐あり)はナイロン素材だと風で飛んでいかず、コンパクトにまとめることができますよ。

選び方のコツ

・日焼け防止にはツバ広のハットタイプがおすすめ

・あご紐付きだと風で飛ぶ心配がない

・ナイロン素材だと軽量で持ち運びがしやすい

登山の服装はおしゃれと機能性の両立が大事

インナーは綿100%は避けて、速乾性の素材を選ぶ

登山には、化学繊維のポリエステルやナイロン素材が適していると言われています。

化学繊維の素材は、吸水・速乾性に優れているからです。

雨や汗で濡れてしまったとしても、すぐ乾く素材なので、身体を冷やすことなく登山を楽しむことができます。

また、ポリエステル・ナイロン素材は軽量で持ち運びがしやすいので、予備Tシャツとしてバッグに入れておくのにもおすすめです。

標高による寒暖差に対応するため重ね着が基本

登山の服装では「重ね着」が基本です。

登山では運動による体温の変化や、雨風による気温の変化がともないます。

重ね着をすることで、シチュエーションに合わせて脱ぎ着がしやすくこまめに体調管理をすることが可能です。

雨対策にレインウェアを持つ

山の天気は変わりやすいため、レインウェアを持つことが重要です。

レインウェアがなければ雨に濡れて体温が奪われることで、低体温症のリスクを高めます。

気温が低くなる山では、低体温症は夏場でも起こりうることなので雨風をしのぎ、体温を管理するためにもレインウェアが必要になります。

虫を避ける

登山では人名に危害を及ぼすスズメバチや吸血するヒルなど危険な害虫が存在します。

そのため登山用の虫よけスプレーが必須です。

他にも、ザックに吊り下げるタイプの携帯防虫器などもおすすめ。

虫は人の汗のにおいを好みますので、登山服の機能性も重要になります。

長袖のインナーを選ぶ、インナーは吸水速乾性に優れたものを選ぶことで素早くかいた汗を発散し、肌を守ることにつながります。

虫対策はスプレーや防虫器以外にも服装に気を遣うことも大事ですよ。

夏の山ガールファッションはUV対策が重要

夏になると特に気になる紫外線対策。

標高が高くなると紫外線はさらに増加します。

帽子をかぶる、あえて長袖を選ぶことなど服装の工夫で肌のシミやシワを防ぐだけではなく、虫さされの対策にもなります。

夏のコーデは紫外線や虫除けのためにあえて長袖を選ぶのもアリ

(画像出展:WEAR:tbさん)

夏の登山コーデは帽子やショートパンツなどの小物でアクセントをつけて、かわいらしくトーンアップしましょう。

小物とパンツのトーンをしっかり合わせることで、女性らしいポップキュートなコーデになりますよ。

秋の山ガールファッションは寒暖差に備えた服装選びを

10月~11月にかけては気温の変化が激しく、服装には十分気をつけなければなりません。

風が強くなったり、雨が降って気温が下がったりするのに備えて重ね着が必要です。

標高の高い山は街よりも気温がさらに低くなるので、保温性の高いインナーやアウターを選びましょう。

長袖のインナーを合わせておくと、気温に合わせてまくったり、上から羽織っても着膨れしにくいので快適に登山を楽しめます。

秋は登山中の脱ぎ着が多いので、重ね着しやすい服装を選ぶ

(画像出展:WEAR:吉野香織さん)

秋の登山コーデは、女性らしさをアピールすることができる「ピンク」のミドルレイヤーがおすすめです。
ショートパンツにタイツをレイヤードすると、足もほっそりと見えて美脚効果が期待できますよ。
ボトムや小物類は落ち着いたカラーを選ぶことで、バランスの取れたおしゃれコーデに♪

冬の山ガールファッションは防寒対策が必須

冬山は寒さがより厳しくなりますので、防寒性・防水性に優れた服を選ぶことが大切です。

寒さが厳しい冬場は、登山時の服装を間違えると、凍傷や低体温症といったトラブルが発生することもあります。

そのまま怪我で動けなくなったり遭難したりすると、命に関わります。
冬の登山においては、寒さを防ぐ防寒性や雨や雪に耐える防水性のある服装を選ぶことが重要です。

冬コーデは手袋やネックウォーマーで防寒しよう

(画像出展:WEAR:pachiさん)

冬の登山は低体温症や凍傷の危険がありますので、より一層防寒対策に力を入れなければなりません。

ネックウォーマーや手袋を付けることで、寒さの厳しい冬山でもコンディションをキープしながら登山が楽しめます。

アウターはブラックやネイビーだと、重い印象になりがちですが、白を選ぶことで軽くて明るい印象に。

全体的に白や黒の2色でまとめることで、色が散らからずにコーデが綺麗に見えますよね♪

春の山ガールファッションは気温差と汚れに注意

3月~4月にかけての低山ではほとんど雪は解けており、日中は動いていると少し汗ばむ程度の登山を楽しめます。

冬型の気圧配置が弱まり、気温が上昇して登りやすくなるのが春山ですが、昼夜の気温差や日ごとの気温差も大きい時期でもあります。

なので気温の変化に対応できるよう、アウターは常備しておきましょう。

また早朝に登る際は、日中との気温差を考慮して、薄手のソフトシェルやウインドブレーカーを羽織って、日中は脱いで歩くという対策をしておくと◎。

春は雪解け水で足元のぬかるみやすいので、スパッツでパンツの汚れを防ぐ

春は地面がぬかるんでいることが多く歩く旅に泥がはね上げられ、パンツが汚れてしまいます。

写真を撮る時に後悔することも多いので、スパッツ(登山用ゲイター)を利用することで跳ね上げを防げるので利用するようにしましょう。

>>登山におすすめのゲイター(スパッツ) 10選 富士山や雨登山・雪山登山に

まとめ

登山の服装選びで気を付けることは、体を冷やさないようにすることです。

なるべく体を濡らさないために、ウェアの素材や機能性(吸水・速乾性など)にこだわり登山を楽しんでください。

おしゃれなコーデ選びのポイントは、小物にアクセントカラーを取り入れることです。

ウェアに明るいカラーを取り入れるのが苦手な方は、ザックや登山靴、帽子などの小物に赤や黄色、ピンクなどの女性らしいキュートなカラーを合わせてみましょう。

最近では、街中で着ても十分おしゃれなうえに動きやすく軽くさらに丈夫なものが多くあります。

登山服に必要な機能性をおさえて、山ガールファッションを楽しみましょう!

1-5.服装
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました