【評判・口コミ】TOGO POWERのおすすめポータブル電源

近年、キャンプや災害時の電源確保を目的にポータブル電源が注目を集めています。

ただ、ポータブル電源を提供している会社は非常に多く、また、その会社でも様々なモデルをラインナップしているため、初心者の方はどれを買えばいいか分からない状況になっています。

この記事ではtogo powerのポータブル電源の仕様や良い点、悪い点を紹介しますので、ぜひ参考にしてください

この記事の結論

・ポータブル電源デビューの方や、1泊2日程度のキャンプをメインに考えられている方は、出力の大きさと価格のバランスが取れたBALDR ポータブル電源500Wがおすすめです。

・防災目的をメインに考える方は、Togo POWER ポータブル電源大容量1000Wモデルがおすすめです。災害時はソーラーパネルと合わせて使用することで電源が確保できない状況でも充電し、殆どの電化製品を動かすことが可能です。

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

TOGO POWERってどんなメーカー

どこの国?

TOGOPOWERは2019年にロサンゼルスを本社に設立された企業です。翌年の2020年に埼玉でポータブル電源の支社を設立しました。他のメーカーに比べて、比較的新しいメーカーになります。

TOGO POWERのポータブル電源の特徴

シリーズ種類

TOGO POWERの製品は大きく分けてBALDR PioneerとTogoPower Advanceの2つのラインナップに分かれています。

BALDR Pioneer シリーズ

こちらのシリーズは初心者の方も手が出しやすい価格帯となっています。定格出力が500Wもある大きいモデルもあるので、コストパフォーマンスに優れたラインナップと言えます。

とりあえずポータブル電源を使ってみたい方や、デイキャンプや一泊程度のキャンプをメインに考えられている方はこちらのシリーズから検討してみては如何でしょうか。

TogoPower Advance シリーズ

こちらのシリーズは高出力、大容量のモデルをラインナップしています。1番低い出力のモデルで200W、最大出力のモデルになると1500Wもあり、ここまでくると電気ケトルなども動かせるので電化製品を使用した快適なキャンプをしたい方におすすめです。

また災害に対して備えたい方もこちらのモデルの方が、容量が多いためおススメです

「TOGO POWERのポータブル電源」を選ぶメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • ハンドル付きで持ち運びしやすい形状
  • 出力端子にカバーが付いているモデルが多い
  • 小容量から大容量モデルまでラインナップされている
  • 初めてポータブル電源を買う方は、自分の使用状況に合わせて、適切なモデルを見極める必要がある
  • 比較的新しいメーカーなので、長期使用レビューが無い
  • デザインは無骨な雰囲気のため好みが分かれる

「TOGO POWERのポータブル電源」のデメリット

「TOGO POWERのポータブル電源」のデメリットは以下となります。

 ・初めてポータブル電源を買う方は、自分の使用状況に合わせて、適切なモデルを見極める必要がある

 ・比較的新しいメーカーなので、長期使用レビューが無い

 ・デザインは無骨な雰囲気のため好みが分かれる

「TOGO POWERのポータブル電源」のメリット

 ・ハンドル付きで持ち運びしやすい形状

 ・出力端子にカバーが付いているモデルが多い

 ・小容量から大容量モデルまでラインナップされている

TOGO POWERのポータブル電源の使用感・評判・クチコミ

悪い口コミ

充電速度が、遅すぎて、冬場の窓越しは、使いものに、ならない。

amazonレビューより引用

基本的には問題がなく、Pass through充電も可能な所が良い。ただしDCで120W入力とあるが本体裏面の印字表記やマニュアルには100W入力とあり、現時点では100W以上のDC入力を確認したことがない。よってどうも性能を正確に表示されていない過剰上記になっているので、低めの評価を付けさせて頂きます。

amazonレビューより引用

良い口コミ

自分の使用目的は家庭菜園の灌水を電気ポンプで行うために購入しました。ポンプの消費電力が300Wでしたので、少し余裕のあるこちらの商品で問題なく使えております。畑の灌水に使うので防塵防水蓋が付いているのが良い点です。また、キャンプなどでも使えるので重宝しています。

amazonレビューより引用

静かなため、本当に作動しているか近づいて確認をしました。女性が持つには軽い!とは言えませんが、無理なく持てます。気に入ってます。

amazonレビューより引用

総評

Togo POWERは小容量モデルから大容量モデルまで幅広くラインナップされています。

デイキャンプや持ち運びをメインに考えるとBALDR ポータブル電源500Wがお勧めで、災害時の緊急電源として活用したいのであれば、数日分の電気を賄うことができるTogo POWER ポータブル電源大容量1000Wがお勧めです。

以下の記事では、人気順ベースで各機種の良い点と悪い点を紹介しています。読み進めていただき一度購入について検討してみてはいかがでしょうか

「TOGO POWERのポータブル電源」の選び方

おすすめのTOGO POWERのポータブル電源

【461Wh 】BALDR ポータブル電源500W 大容量 124600mAh

電池容量       :461Wh

ACポートの定格出力  :AC100V ×2口

出力波形        :純正弦波

ソーラーパネル充電対応:〇

防水機能       :カバーを採用

カーチャージ機能   :あり

パススルー充電機能  :あり

ライト機能      :あり

使用可能温度     :−10~40℃

保証期間       :12ヶ月

重量         :約6.1kg

サイズ        :290 × 201× 200mm

入力ポートの種類・数 :DC充電,ソーラー充電,カーチャージ

出力ポートの種類・数 :AC×2,USB Type-A×3,USB Type-C×1,DC シガーソケット×1DC×2,ワイヤレスチャージャー×1

良い点
悪い点
  • 比較的手頃な価格ながら、定格出力が500Wあるため、60Wの車載冷蔵庫が7〜8時間動作可能。夏の暑いキャンプでも冷えた飲み物を飲むことができる。
  • 端子カバーが付いているため、他のポータブル電源よりも水回りや埃っぽいところでも使いやすい。
  • PD60Wのポートを備えているため、機器に急速充電が可能。
  • 省エネ機能のため意図的に長時間使いたくても、使用できない。
  • 500Wを超える電化製品には使用できないので、電子レンジや電気ケトルには使えない。使いたい電化製品が使用可能か見極める必要がある。

【288Wh】BALDR ポータブル電源 330W 2022改良型 大容量 82500mAh

電池容量       :288Wh

ACポートの定格出力  :AC100V ×1口

出力波形        :純正弦波

ソーラーパネル充電対応:〇

防水機能       :カバーを採用

カーチャージ機能   :有

パススルー充電機能  :有

ライト機能      :有

使用可能温度     :-10~40℃

保証期間       :12ヶ月

重量         :3.9kg

サイズ        :230×168×178mm

入力ポートの種類・数 :DC充電,ソーラー充電,カーチャージ

出力ポートの種類・数 :AC×1,USB Type-A×3,USB Type-C×1,DC シガーソケット×1,DC×2,ワイヤレスチャージャー×1

良い点
悪い点
  • 比較的手頃な価格ながら、定格出力が330Wあり容量も大きいため、60Wの車載冷蔵庫が3〜4.5時間動作可能。
  • 端子カバーが付いているため、他のポータブル電源よりも水回りや埃っぽいところでも使いやすい。
  • 省エネ機能を搭載していて、ACは6時間、DCは12時間経過でオフになるので電源の切り忘れによる余計な電力消費を抑えられる。
  • 省エネ機能のため意図的に長時間使いたくても、使用できない。
  • 330Wを超える電化製品には使用できないので、電子レンジや電気ケトルには使えない。使いたい電化製品が使用可能か見極める必要がある。

【1000Wh】 Togo POWER ポータブル電源 ソーラーパネル セット

大容量モデルとソーラーパネルのセットの商品となります。ソーラーパネルを使用することで、電源がないような場面でも充電可能で災害時にも活躍すること間違いなしです。

また、セット購入することで単体同士を別々に買うよりもお得に購入することができます。

【1000Wh】Togo POWER ポータブル電源 大容量1000W

電池容量       :933Wh

ACポートの定格出力  :AC100V×2口

出力波形        :純正弦波

ソーラーパネル充電対応:〇

防水機能       :カバーを採用

カーチャージ機能   :有

パススルー充電機能  :有

ライト機能      :有

使用可能温度     :-10~40℃

保証期間       :12ヶ月

重量         :8.6kg

サイズ        :200×290×200mm

入力ポートの種類・数 :DC充電,ソーラー充電,カーチャージ,発電機

出力ポートの種類・数 :AC×2,USB Type-A×3,USB Type-C×1,DC シガーソケット×1,ワイヤレスチャージャー ×1

良い点
悪い点
  • ポータブル電源としては珍しく、発電機からも充電が可能。
  • 1000W(瞬間2000W)の定格出力があり、ヘアアイロンや電気ケトル等ほとんどの電化製品を動作させることができる。
  • 大容量モデルではあるが他メーカーのポータブル電源に比べるとコンパクトで持ち運びも可能。
  • 高出力&大容量モデルのため、初心者がいきなり手を出すには勇気のいる価格。

【634Wh】Togo POWER ポータブル電源 500W 大容量 176000mAh

電池容量       :400Wh
ACポートの定格出力  :AC100V ×1口
出力波形        :純正弦波
ソーラーパネル充電対応:〇
防水機能       :カバーを採用
カーチャージ機能   :有
パススルー充電機能  :有
ライト機能      :有
使用可能温度     :-10~40℃
保証期間       :1年
重量         :4.27kg
サイズ        :230×168×178mm
入力ポートの種類・数 :DC充電,ソーラー充電,カーチャージ,発電機
出力ポートの種類・数 :AC×1,USB Type-A×3,USB Type-C×1,DC シガーソケット×1,ワイヤレスチャージャー ×1

良い点
悪い点
  • 省エネ機能を搭載しているが、OFF設定が可能となり長時間使用もできるようになった。(BALDRモデルはOFF設定ができない)
  • PD60Wポートがあり、対応機器であれば急速充電が可能。
  • 4.2kgと軽量でハンドル形状のため、女性の方でも簡単に持ち運べる。
  • シガーソケットのポートにのみ、端子カバーが無い
  • 500Wを超える電化製品には使用できないので、電子レンジや電気ケトルには使えない。使いたい電化製品が使用可能か見極める必要がある

【933Wh】BALDR ポータブル電源 大容量 1000W 家庭アウトドア蓄電池

電池容量       :933Wh

ACポートの定格出力  :AC100V ×2口

出力波形        :純正弦波

ソーラーパネル充電対応:〇

防水機能       :無

カーチャージ機能   :有

パススルー充電機能  :有

ライト機能      :有

使用可能温度     :-10~40℃

保証期間       :12ヶ月

重量         :8.6kg

サイズ        :290×201×200mm

入力ポートの種類・数 :DC充電,ソーラー充電,カーチャージ

出力ポートの種類・数 :AC×2,USB Type-A×3,USB Type-C×1,DC シガーソケット×1

良い点
悪い点
  • 1000W(瞬間2000W)の定格出力を持ちながらも10万円代前半と低価格で、初心者の方も比較的手を出しやすい。
  • 600Wのドライヤーであれば1.5時間使用可能で、ほとんどの電化製品が使用可能。
  • 1000Wの大出力モデルでありながら、重量は8.6kgと比較的軽量で持ち運びするような使用場面でも活躍できる。
  • 端子カバーは無いため、水回りや埃っぽい場所での使用は注意が必要

まとめ

TogoPowerのポータブル電源について、良い点と悪い点を交えながら実際に使用できる機器をイメージしながら紹介しました。初めてポータブル電源を購入するような方は値段と使える電化製品のバランスが取れているBALDR ポータブル電源500Wがお勧めです。

災害時の非常電源としての活用を考えている方は大容量モデルのTogo POWER ポータブル電源大容量1000Wがお勧めです。これ一台あれば、数日分の電力を確保できるので非常時でも安心して過ごすことができます。

あなたにとって最適な一台に出会えることを願っています。

01.登山道具
ローレンジバナー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました