登山にも街着にもソフトシェルがおすすめな理由とおすすめモデル

登山用のレインウェアは必ず必要な登山道具です。でも晴れた日なら「ソフトシェル」というウェアの方が快適です。

もしあなたが「レインウェアしか持っていない」なら道具選択を楽しむ機会を失っています。

登山は限られた装備を使って歩くレジャーなので、天候や山行によって装備を選択することは登山者としての実力を育てる機会になります。

ソフトシェルを購入すると、レインウェアとの使い分けができるようになるので、ぜひ最後まで御覧ください。

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

ソフトシェルとは?

ソフトシェルとは、防寒性・保温性を持ちながら、通気性・透湿性・ストレッチ性を兼ね備えているウェアのことを言います。

アウトドアシーンでは、アウター・ミドルレイヤー・べースレイヤーなど、複数のウェアを
重ね着をすることで悪天候から体を守ったり、内側から発生する汗を外に放出したりして快適性を維持しなければなりません。

一番外側に羽織るアウターは、悪天候時の強風や雨、雪などから体を守る役割を担います。

本格的なものとなると、完全防水のゴアテックスなどの素材を採用していて、防水性・防風性は抜群です。

しかし、ウェア内が蒸れたり、突っ張って着心地が悪かったりとデメリットも存在します。

現在アウターは大きく分けると「ハードシェル」と「ソフトシェル」に2種類に分類され、上記の特徴を持つのは前者のウェアとなります。

ソフトシェルは、防水・防風の機能性を少し犠牲にしていますが、その分着心地の良さなど快適性を重視したもので、近年注目を集めている新しいアウターなのです。

ヨメノ
ヨメノ

メーカーによってはソフトシェル兼レインウェアとなるようなモデルもあるので、
表現が難しいウェアだね。

単純にソフトシェルと呼ぶ時は防水性は低いけど防風性はある軽量な防寒着と理解しておけばいいよ

ソフトシェルが役立つのはどんな場面?

通気性がありストレッチが利いていて、着心地の良いソフトシェルは、春から秋にかけての登山にとても役立ちます。

天気が変わりやすい登山時は、雨対策が必須です。

春から秋の手前にかけての山行時、ハードシェルでも雨は防ぐことができますが、どうしてもその生地の厚さから蒸れてしまったり、汗でウェアがペタペタくっついたりと快適性を維持することができません。

とは言っても、防水・防風機能をもったウェアを持っていかないわけにも行きません。

そんなときは、薄手で軽量なソフトシェルがあると便利です。(レインウェアとは別で携行します)

ソフトシェルは、大雨に対応する防水性はありませんが、多少の雨を防ぐ撥水性を持っています。

さらに高い通気性や透湿性、そしてストレッチ性を兼ね備えているため着心地の良さは抜群です。

高温多湿な時期の登山やトレランなど、春から秋にかけて様々なアウトドアシーンで役立つことでしょう。

ウインドシェルやレインウェア、ハードシェルとはどう違う?

ソフトシェルとウィンドシェル・レインウェア・ハードシェルの違いは「完全防水・完全防風」であるか否かです。

ウィンドシェルやレインウェア・ハードシェルは、ゴアテックスなどの素材を採用し、完全防水や完全防風を実現しています。

しかし、その高性能はメリットだけではなく、素材の固さや、ストレッチ性のなさから動きにくくなり、またウェア内の蒸れを放出しずらくもしています。

一方、ソフトシェルは、完全防水や完全防風ではなく、機能性は劣るものの透湿性や通気性・ストレッチ性に優れ着心地が良いのが特徴です。

まとめると、ウィンドシェル・レインウェア・ハードシェルは機能性を重視した一芸に秀でたスペシャリスト。

一方、ソフトシェルは何でもこなすマルチプレイヤーといったところです。

また、ハードシェルは、防風や防水など機能性を重視した素材や仕様を採用しているため、デザインの制限を受けてしまいます。

しかし、ソフトシェルはそのような制限が少ないため、デザイン性に優れ、おしゃれな街着としても使うことができます。

おすすめのソフトシェル

マムートのおすすめのソフトシェル

マムート:グラナイト ソフトシェル フーデッド ジャケット

グラナイト ソフトシェル フーデッド ジャケットは通気性の高いソフトシェルです。

とても薄い生地ですが、二重になっているため耐久性も心配ありません。

高い防風性を維持しながらも、ファスナーを下からも開けられたり、ポケット内部がメッシュになっていたりと通気性も優れているので、汗をたくさんかくようなスピードハイクやトレランに適しています。

また、シルエットもタイトでファスナーなどもフラップで隠していているので、見た目はとてもスタイリッシュです。

ミレーのおすすめのソフトシェル

ティフォン50000ストレッチジャケット

ミレーのソフトシェルは「Kシールドフーディ」や「ブリーズバリヤーワイルダーライトジャケット」といったソフトシェルジャケットがありますが、実はあまり人気がありません。

なぜかというとソフトシェルで着心地が良い上に防水透湿性性能も高いレインウェアにもなる「ティフォン50000ストレッチジャケット」が存在しているからです。

ヤマノ
ヤマノ

1着でレインウェアと防風ジャケットを兼用できるので、
ミレーのソフトシェルを探す人からも人気が高いのです。

ノースフェイスのおすすめのソフトシェル

マウンテンソフトシェルフーディ

ノースフェイスのマウンテンソフトシェルフーディは、ストレッチ性が高く着心地が抜群なソフトシェルです。

摩擦に強いナイロンと、ゴムに似た伸縮性をもつポリウレタンを混ぜ合わせた生地と人間工学に基づいた立体裁断がそれを実現させています。

また、撥水加工も施されているので、多少の雨なら問題になりません。

デザイン性も高いのでアウトドアシーンだけではなく、街着としても活躍できるソフトシェルです。

コロンビアのおすすめのソフトシェル

コロンビア:アセンダー ソフトシェル

コロンビアのアセンダーソフトシェルは、一年中使用できるソフトシェルです。

防風性と撥水性を兼ね備えているため、春から秋はしっかりとソフトシェルとして活躍できます。

また、厚手で保温性も高く、耐久性の高い素材を使用しているため、冬には中間着としての使用もできるでしょう。

シンプルなデザインですが、袖口や裾が調節できたり、胸ポケットの収納があったり、細かい機能も充実している使い勝手の良いソフトシェルです。

(取寄)コロンビア メンズ アセンダー ソフトシェル ジャケット Columbia Men’s Ascender Softshell Jacket Collegiate Navy

アークテリクスのおすすめのソフトシェル

アークテリクス:ガンマLTフーディ

アークテリクスのガンマLTフーディはデザイン性に優れ、とてもかっこいいソフトシェルです。

ソフトシェルとしての機能性も、様々なアウトドアシーンに対応できる素材を使用していて、高い耐久性と通気性、ストレッチ性を兼ね備えています。

さらに、保温性・透湿性にも優れ、常に気持ちよい着用感を維持できます。

サイズ感は、大きめなのが特徴です。

個人差はありますが、ジャストサイズで考えてるのであれば1サイズ、細身の方であれば2サイズ小さいものを選ぶといいでしょう。

冬に重ね着をすることを検討しているのであれば、いつものサイズで良いと思います。

機能性はもちろん、シンプルなデザインとシルエットもとても美しいので、普段着として愛用している方も非常に多いソフトシェルです。

ホグロフスのおすすめのソフトシェル

ホグロフス:ソフトシェルジャケット トーカイフード

ホグロフスのトーカイフードは、ストレッチ性に優れたソフトシェルジャケットです。

滑らかな着心地の良さがありながら、撥水加工も施されています。

裏地はフリース素材となっていますので、冬でも保温性があるところも魅力の一つです。

また、重ね着の際、袖も通しやすく、動きにくいこともありません。

デザイン性に関しても非常にシンプルなため、アウトドアシーンから街着にもおすすめできるベーシックな1着です。

モンベルのおすすめのソフトシェル

モンベル:ライトシェルジャケット

中でも一番のおすすめは、モンベルのライトシェルシリーズです。

その理由は、圧倒的なコストパフォーマンスにあります。

ライトシェルシリーズはメンズ用・ウィメンズ用があり、さらにパーカタイプとジャケットタイプに分かれています。

その中で、一番高い価格のメンズ用のパーカでも¥9,000+税と1万円以下と高コスパ。

使用時期も、春から秋にかけてはアウターとして、冬は中間着として一年中使用することができます。

優秀なソフトシェルは数あれど、モンベルのライトシェルシリーズほどコスパの良いものはなかなか見当たりません。

もちろん、ソフトシェルとしての性能も抜群です。

表地は、防風性のあるナイロンに世界最高レベルの撥水性能を持つ「ポルカテックス」を施していて、ウィンドシェルのような側面を持ちながら多少の雨も問題なく弾きます。

裏地には、保温性と通気性を兼ね備えたクリマプラスメッシュという素材を使用。

このクリマプラスメッシュは、起毛素材なので素肌でもひんやりしたり、べたついたりせず心地よく羽織れます。

また、ストレッチ性も備えているためとても動きやすくなっています。

高い汎用性を持ち、1万円以下という圧倒的なコスパのモンベルのライトシェルシリーズは、アウトドアシーンとしても街着としても使用することができるので、どなたが選んでも満足できる一着となるでしょう。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました