ベネクスのリカバリーウェアの評判は本当?効果を調べてみた!!

ベネクスのリカバリーウェアの評判と効果を調べてみた!!

・リカバリーウェアって何?

帰宅後もしくは山小屋、テント場での滞在中に着用することで疲労が蓄積しないようにすることができます。

効果の感想を見ると、着心地は良いが効果は感じられなかったという方と
使い続けることで効果が感じられたという方の両方が存在していることがわかりました。

雑誌peaksで取り上げられたり、好日山荘で販売されたりなど、様々な媒体で取り上げられるようになったのは、その効果が高いからだと思います。

関係ないですが、私は山雑誌はamazon unlimitedで読み放題で読んでいます。
何冊も読むなら月額980円なのでお得です。

amazon unlimitedで読み放題の山雑誌を探す

必ず効果が実感できるという商品ではありませんが、高い評価も多いということもあるので、疲労に悩まされているようなら検討してみてください。

もちろん道具なしでできる疲労回復についても合わせて試してみることが必要です。

下山後のアイシングや栄養補給を十分にとることなども合わせて実施してみましょう。

・おすすめのリカバリーウェア

定番  VENEX (ベネクス)  リチャージ+ ロングタイツ

ベネクスはもう10年くらい前から就寝時に着用している。これを着ることでぐっすりと寝ることができる。またトレーニングの後に着ると、疲れの回復が普通の服を来た時と比較して明らかに早いことを体感できる。

amazonレビューより

VENEX (ベネクス) リカバリーウェア レッグコンフォート ユニセックス

あまり嵩張らないことから、山小屋泊等に持っていく人も多いようです。

評判を探すとほとんどの人が効果を実感しているようですが、
よくわからなかったという感想を持つ人も1割ほどいらっしゃいますので、
効果には差があるようです。

以前にスポーツジムでTシャツとパンツを買ったことがあったのですが実はあまりピンとこなくて、今ではどこにあるのかわかりません。年末に膝を傷めて本当に辛くて歩くのも不自然。ふくらはぎと膝上の太ももがパンパンになっていて何かないかとアマゾンで探したところ出会いました。シャツやパンツよりは安いし、ともかく歩くのも辛いので買ってみました。日中もつけて、朝起きたところ、普通に歩けました。本当に驚いた。膝をかばってこわばっていた足全体が緩んだのでしょうか?膝の痛みだと思っていたのですが。人体は不思議です。特に不調がなければ分かりにくいのかもしれませんが、今回の効果に驚くばかり。何よりたった1日で生活に困らなくなったことが本当にありがたいです。どこかで眠っているパンツとシャツも探してきて着用します。これ、本当に良い商品です。

amazonレビューより

VENEX (ベネクス) リカバリーウェア ネックコンフォート ユニセックス

使用初日に体感できる熟睡感!睡眠の質が圧倒的に良くなります!
睡眠不足、睡眠時間が短めの方は是非使用して欲しい商品ですね。
首元を温める事による自律神経の改善が睡眠に良い効果があるのでは?!と考えています。
10年間毎日4時間しか寝れない友達にもプレゼントしましたが、とても喜んでもらいました!
睡眠時間は延びなかったようですが、質が良くなった事により昼間の眠気が減ったそうです。 睡眠にお悩みの方は是非試してください。

amazonレビューより

VENEX (ベネクス) リカバリーウェア リフレッシュTシャツ

[利点]
・着ると身体がぽかぽかする
・着心地良し
・寝つきが良くなります

[欠点]
・高い

日常的にウェイトトレーニングを行っていますが、30も後半になってくると、どうしても回復が遅くなってきます。少しでも回復の助けになればと思い購入しました。
疲労回復については、よく分かりませんが、血行が良くなり、眠くなるのは体感できました。面白いウェアだと思います。

問題は値段のみ。三割くらい安ければ良いのですが。

amazonレビューより

VENEX (ベネクス) リカバリーウェア リフレッシュ ロングスリーブ

ネックウォーマーを持っていたのでTシャツがあれば欲しいなぁ〜と思っていたのです。amazonで見つけました🤗早速送っていただき着てみてもらったところ、ふんわり暖かいそうなんです。自分のものが欲しかったのですが、レディースようはSしかなく…旦那さまに買いました、ツルツル素材なので肌触りが冷たいのかと思いきやじんわりと暖かく気持ちが良いそうです。私も益々欲しくてたまりません。レディースのXLの再販をお願いします💦

amazonレビューより

レディースのみですが、こちらの着圧ソックスもある程度の回復効果は感じられるそうです。メンズがないのが残念。

この記事の続き

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました