コスパで選ぶオルトボックス(Ortovox)のおすすめビーコン

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

オルトボックスのビーコンの特徴

オルトボックスのビーコンを選択する最大のメリットは、コスパの高さです。

3本アンテナで受信、探索も十分に行うことができ、矢印で埋没者の位置を示すので操作もわかりやすいです。

探知性能に関しては、マムートのバリーボックスには劣りますが、救助を日常的に行う人以外であれば問題となることはないでしょう。

ヤマノ
ヤマノ

ビーコンの選び方

ビーコン関連用語の説明

探知性能

探知性能を重視:アンテナ本数が多いほど探索の性能が上がります

アンテナが3本のものがおすすめです。本記事では、性能が最高なものとコスパに優れたものをそれぞれご紹介します。

操作のしやすさ・わかりやすさ

アナログ/デジタル:操作が難しいアナログ方式と操作が簡単なデジタル方式があります。初めてのビーコンはデジタル方式を選びましょう。どちらを選らんだとしても十分な練習は必要です。

本記事で紹介するのは、全てデジタル方式です。

といっても古いものを選ばない限り、最近のものはだいたいデジタルです。中にはスマホのように、アップデートできるものもあります。

オルトボックスのビーコンを徹底比較

メーカー Ortovox Ortovox Ortovox
商品名 3+ zoom+ アバランチ ビーコン S1+
アンテナ 3 3 3
捜索帯域幅 40m 40m 50m
重さ 189g 180g 230g
バッテリー(送信時) 250時間 250時間 250時間
バッテリー(探索時) 15時間 15時間 10時間
操作性
楽天価格(2021/3/5時点) 65000円前後 37000円前後 出品なし
周波数 457khz 457khz 457khz

オルトボックスのビーコンで雪崩救助を仕事にしている人以外は、ZOOM+を選べば間違いありません。

最新モデルは「3+」になりますが、通常使用の範囲では機能の違いを感じることはほとんどないためです。

細かい仕様についてはマジックマウンテン社が公開している以下のページが参考になります。

ZOOM+
3+

ORTOVOX(オルトボックス)アウトドアZOOM+

ZOOM+は3本アンテナでありながら、3万円代で手に入れることができるコスパの高いビーコンです。

難点としては、複数埋没者がいるときの探索で役立つ、マーキング機能がないことがあります。

ただ実際に使うことは少なく、10m以内に複数の埋没者がいる場合もそのことを示すマルチシグナルが点灯するので、機能の不足を感じることは少ないでしょう。

ORTVOX(オルトボックス) 3+(スリープラス)

雪崩講習で使い方を練習する際に、「3+」ではマーキング機能があり、複数の埋没者をスムーズに探索することができます。

ORTOVOX(オルトボックス) アバランチ ビーコン S1+

オルトボックスのS1+は、旧モデルで現在は手に入りにくいので、候補対象外と考えてよいでしょう。

たまにアマゾンや楽天では見かけますが、変に高かったりするので、避けた方が無難です。

ZOOM+や3+の方がおすすめ

スコップやプローブもまとめて購入する場合

まとめて購入したい場合、セット品もあります。

メーカーで揃えたい人にはおすすめです。私も初めてビーコンを購入するときはセット品でした。

使用回数が少ないならレンタルも価格が安くおすすめ

雪崩対策の3種の神器を揃えると、安くても4万は超えるでしょう。

アウトドアギアレンタルで5000円くらいほどでレンタルできるので、数回しか登山をしないような方は、レンタルも選択肢に上がります。

レンタルはこちら

まとめ

オルトボックスのビーコンを買うなら、「ZOOM+」が価格も安く最もおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました