オリンパスOM-D E-M5 Mark IIIが凄い!小型軽量で登山に携行しやすいミラーレス

オリンパスOM-D E-M5 Mark IIIが凄い!小型軽量で登山に携行しやすいミラーレス

オリンパスの OM-D E-M5 Mark III が2019年11月に発売されます。
OM-Dシリーズは防水防塵があったり、軽量だったりするので、登山に持っていくモデルとして注目していました。

今回はどんなカメラなのか調べてみました。

オリンパス社のムービーはこちら

・OM-D E-M5 Mark IIIの特徴

なんと言っても一番重要なのが「 防塵・防滴・-10℃耐低温 」ではないでしょうか。自然を撮る場合、どうしても塵や水滴などが付着することは避けられないので、耐性があるのはありがたいですね。屋外でのレンズ交換も安心です。

続いて「小型化」であることです。結局のところ、性能が高くても持ち運ぶのに大変な重さだと、どうしても出番は減ってしまうと思います。
カメラ本体だけでなく、小型レンズも多数あるのが M.ZUIKO です。

風景写真としては、ボケ表現が楽しめる以下のレンズも魅力的です。
・ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
・M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

USBケーブルでの充電も可能なので、携帯用のモバイルバッテリーと共有で充電できます。山奥に持ってくときに嬉しいです。

高性能AFも魅力です。タイムラグを感じず、ピントがスムーズに合うことをうたっています。こちらについてはオリンパスのホームページ参照です。

また、撮影機能としプロキャプチャーモードが凄いです。
半押ししておいて撮影すれば、過去にさかのぼって14コマ記録できます。
決定的瞬間を逃さないおすすめの機能です。

特徴については、この方の説明も非常に分かりやすいので、ぜひ見てみてください。

Mark IIとの違いはUSB端子がオリジナル規格から標準規格「Micro USB-B」に変わったことがあります。これは地味に嬉しいです。ケーブル故障時に代用品を探すのに手間だったんですよね。

・OM-D E-M5 Mark IIIにおすすめのレンズ

プロキャプチャーモード を活かすなら、幅広い焦点距離をカバーできるレンズや望遠で野生動物を狙うのもおすすめです。

・ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

低価格帯のレンズならこちら

以上、オリンパスOM-D E-M5 Mark IIIのご紹介でした。

登山に持っていくカメラを手に入れたらどんな山に行こう?
山情報や登山記録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました