【評判・口コミ】マムートのおすすめヘルメット

登山を趣味にされている方で、ふとした時に躓いて頭を打ちそうになったりして、ヒヤリとした方は多いのではないでしょうか。

安全に登山をする上でヘルメットは必需品となってきています。入山時にヘルメットの着用を義務付ける山もありますが、そういった山以外でも安全の為にヘルメットを着用した方がいいと思います。

本記事で紹介するマムートはEN認証やUIAA認証を取得していながらコストパフォーマンスに優れるヘルメットとして注目されています。

マムートのヘルメットを、使用することでより安全に登山を楽しめるようになりますので、その魅力をぜひ最後までご覧ください。

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

マムートのヘルメットの特徴

マムートと言えばほとんどの登山者は高級で手が出しにくいという印象を持っていますが、ヘルメットに関してはそうとも言い切れません。

人気モデルの「スカイウォーカー3.0」を始めとして1万円以下でカッコ良いヘルメットが人気なので、高見えするおしゃれなヘルメットを選ぶならマムートがおすすめです。

マムートはもともとクライミングギアに強いメーカーなので、安全性には定評があり、信頼して使用できることも強みですね。

認証はどのヘルメットもEN(CE)とUIAAも取得済で安全性が高い

登山用ヘルメットの安全規格には大きくEN(CE)(欧州欧州統一規格)とUIAA(国際山岳連盟)の二つがあります。

UIAAのほうが厳しい規格になっていますが、登山用ヘルメットは両方の基準を満たしているものが多いです。

マムートのヘルメットのサイズ感

マムートはスイス・アールガウ州ゼオンに本社を置く登山用品ブランドです。

海外の方に合わせたサイズになっているので、日本人が被ると大きかったり、締め付けがきつい場合もあるので可能であれば試着をしてからの購入をおすすめします。

マムートのヘルメットを選ぶメリット・デメリット

マムートのヘルメットを選ぶデメリット

  • 高価格帯のモデルも多い
  • 海外製品の為、頭の形に合わない場合がある
  • 保護性能を重視しているので開口部が狭いモデルもある

マムートのヘルメットを選ぶメリット

  • スタイリッシュでおしゃれ
  • 独自の技術で保護性能を高めたモデルがある
  • 入門向けから上級者向けまで幅広いラインナップ

マムートのヘルメットの使用感・評判・クチコミ

悪い口コミ

300g越すとチョット重い感じです。滅多に装着しないので余計に感じます。又、首元の固定バンドにパットがないので首元締めるのは抵抗がある。マムートでは安価なタイプなので望むのは無理か?ブラックダイヤモンドにすればよかったです。

楽天市場レビューより引用
ヤマノ
ヤマノ

マムートのヘルメットは軽さについては最強とはいえないので、注意しましょう。
軽さを重視したいならペツルのシロッコがおすすめ

サイズが思ったより小さい。52〜57cm はサイズがかなり小さく、上のサイズを試すことになった。

Amazonレビューより引用

良い口コミ

普通サイズの登山ヘルメット全般、頭に乗っかってる様に見え不格好でしたがこれはこども、頭の小さな人には違和感なくスッキリとした見栄えになるのでオススメです!通気孔周りにバリなのか分からないが、少し鋭利になっているので、こどもに被らせる前にはヤスリで削ると良いかもです。

Amazonレビューより引用

北アルプスの一部地域では、ヘルメットの装着が推奨されています。命に係るものですし、信頼できる有名ブランドでは低価格のマムートのヘルメットを購入しました。本格的なロッククライミングではなく、槍ヶ岳や穂高での一般登山で使用しました。 私の頭の大きさは60cmの帽子だと少しきついのですが、このヘルメットでは楽にかぶれます。もう少し頭の大きい方でもかぶれそうです。 重量も軽いので邪魔に感じません。槍ヶ岳の穂先を登っているときに、上を見上げた瞬間にヘルメットが岩に当り、かぶっていて良かったと実感しました。実際に滑落や大きな落石を受けたわけではないので実性能は不明なため☆一つ引きました。北アルプスでのヘルメット使用割合は2~3割程度でしょうが、高齢者ほどヘルメット装着率は低いように感じます。

Amazonレビューより引用

総評

マムートには軽さを追求したモデルや、堅牢性を重視したモデル、独自技術MIPSを搭載したモデルなど様々な用途に合わせたヘルメットがラインナップされています。

以下の選び方を一読いただき、一度購入について検討してみてはいかがでしょうか。

マムートのヘルメットの選び方

 ここからはマムートのヘルメットの選び方について、様々なモデルを紹介しながら、基本仕様を確認しつつ良い点と悪い点を述べていきます。

ヘルメットを選ぶ際に重要な事は、自分の用途に合致しているかをしっかり確認することです。ヘルメットによってはロッククライミング専用品のような特定のシチュエーションに特化したモデルもあり、 違う用途のモデルを買ってしまうと無駄な出費となってしまいます。

皆さんのヘルメット選びの一助になれば幸いです。

おすすめのマムートのヘルメット

マムート:スカイウォーカー3.0ヘルメット

マムートのSKYWALKER3.0HELMETは頑丈でクライミングのタイプを選ばずに幅広く使えるオールラウンダーなヘルメットです。

耐久性と堅牢性に優れ、ストラップを内側に収納できるコンパクト設計でありながら、妥協のない高いパフォーマンスとハイレベルのプロテクションを実現。

重さ:334g

サイズ:頭囲 約53-61cm

認証(EN):適合

認証(UIAA):適合

素材     :シェル/発泡スチロール、ライナー/ビーズ法発泡スチロール

通気性   :普通

カラー展開 :TITANIUM

良い点
悪い点
  • 頑丈でクライミングタイプを選ばずに幅広く使える
  • ストラップを内側に収納できるコンパクト仕様
  • 大きな通気口を搭載していて快適な使い心地
  • 前モデルよりも軽量にはなっているものの、重量が少し重い
  • ワンサイズなのでサイズが合わない方は使用できない

マムート:スカイウォーカー2.0ヘルメット

マムートのSkywalker2.0は人間工学に基づいて作られたクライマーヘルメットです。

サムホイールで素早く片手で調整可能、強化されたインナー素材を使用しているので耐久性にも優れています。

重さ:380g

サイズ:頭囲 約53-61cm

認証(EN):適合

認証(UIAA):適合

素材     :シェル/発泡スチロール、ライナー/ビーズ法発泡スチロール

通気性   :普通

カラー展開 :ホワイト

良い点
悪い点
  • サムホイールを搭載し片手で調整可能
  • 頑丈で耐久性が高い
  • 最初のヘルメットとして手の出しやすい価格設定
  • 大きなベンチレーションはないので、頭が蒸れる可能性がある
  • 重量が380gと少し重め

スカイウォーカー3.0との違い

スカイウォーカー3.0との違いを良いてん、悪い点を交えて紹介します。

良い点
悪い点
  • スカイウォーカー3.0よりも価格が安い
  • 保護性能は必要十分
  • 重さは46g違うので少し気になる
  • ベンチレーションの大きさは3.0の方が大きい

マムート:クラッグセンダー (カラー:titanium/サイズ:56cm-61cm

マムートのクラッグセンダーは通気性の高いクライミングヘルメットで超軽量。それでいてトップクラスの保護力を発揮している。

さらに特別な形状によって頭部の広い範囲をカバーする。開口部が大きいため快適な通気性を実現しています。

重さ:199g

サイズ:頭囲 56-61cm

認証(EN):適合

認証(UIAA):適合

素材     :シェル/発泡スチロール、ライナー/ビーズ法発泡スチロール

通気性   :普通

カラー展開 :Titanium

良い点
悪い点
  • 200gを切る軽い重量
  • ベンチレーションが多く頭が蒸れにくい
  • 特別な形状によって、頭を広範囲に保護
  • ワンサイズのため、合わない人は使用できない
  • MIPSが非搭載のモデルになる為、斜めからの衝撃にはMIPS搭載モデルに劣る

マムート:ウォールライダーMIPS ホワイト 52cm-57cm

特許技術のMIPSを搭載した初のクライミング用ヘルメットで、MIPSとは簡単にいうと斜めからの衝撃に対して保護力を高める機構です。

重量も225gで軽量、人間工学に基づいた快適なフィット感とクッション性で着け心地も抜群です。

重さ:225g

サイズ:頭囲 52-57cm

認証(EN):適合

認証(UIAA):適合

素材     :シェル/ポリプロピレン、ライナー/

通気性   :普通

カラー展開 :ホワイト

良い点
悪い点
  • 人間工学に基づいた快適な着け心地とフィット感
  • MIPS機能搭載でより高い安全性を確保
  • 225gでヘルメットとしては比較的軽量
  • 高機能な為、高価格帯の値段設定
  • サイズが合わない人は使用できない

※MIPSとはマムート独自の特許技術で、簡単に言うと斜めからの衝撃に対してスライドして動き、脳を保護する技術

マムート:El Cap  52-57cm

マムートのElCapは日除けを搭載していて他のヘルメットとは違った新しい外観をしています。

頑丈な外装に衝撃吸収に優れたインナーを組み合わせることによって、最高の衝撃吸収と考えられる限り最高の安全性を確保しています。多くの通気口と完全なフィット感により極めて快適な装着感を得られます。

良い点
悪い点
  • 開口部が多く通気性を確保している
  • 控えめではあるが日除けがあり少し陽を和らげることができる
  • ヘッドバンドで高さとサイズ調整が可能
  • 重量が315gある為長時間使用すると疲れる人もいる
  • サイズが合わない人は使用できない

【ヘルメット固定の道具】マムート:ヘルメット ホルダー プロ

ヘルメットの持ち運びの時はリュックの中に入れるのが、良いですが容量の問題等で入らない場合があります。そういった場合は手で運ぶのではなく、ホルダーを使用した方が安全に持ち運ぶことができます。

マムートのヘルメットホルダープロはザックに外付け可能で、リュックの容量に影響を与えずに持ち運ぶことが可能です。ヘルメットの出し入れはファスナー式で簡単に行えます。

ヘルメットを長持ちさせるためにヘルメットと同時に購入することをおすすめします。

まとめ

ここまでマムートのヘルメットについて良い点と悪い点を交えながら紹介しました。

どのモデルも認証を取得していて安心して使用することができます。中には独自の特許技術を採用しより安全性を高めたヘルメットもあります。

初めての登山用ヘルメットを探している方にはコストパフォーマンスに優れたSKYWALKER3.0がおすすめで、大きめの頭の方はサイズにゆとりがあるクラッグセンダーがおすすめです。

あなたが最適なヘルメットに出会えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました