【遭難してからでは遅い】登山におすすめのホイッスル比較

ホイッスルの選択は、性能の高さで選ぶか軽さで選ぶかのどちらかになります。

持っておくことで熊よけに使ったり、非常時に場所を知らせるものになるので、ぜひ性能重視で選んでおきたいものです。

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

登山用ホイッスルの使い方

ホイッスルは緊急時に大声を出すよりも体力の消耗を抑えて、救助者に場所を伝えるために必要です。

いざというときに生存率を上げる道具なので、持っておきたい道具です。

すぐに吹けるようにザックからぶら下げておけるものを選びましょう。

登山ホイッスルの比較

ホイッスルは様々なメーカーから出ています。

比較する指標としては、常に携帯するため、重さが軽いこと

音がはっきりと届くことが重量になります。

軽さだけなら、SOLのホイッスルが5gと最も軽く、音の質では、ハイマウントのホイッスルが最も優れています。

登山におすすめのホイッスル

FOX40ホイッスル

110dbで音が拡散せず、遠くに届くことからどこに救助者がいるか見つけてもらいやすいホイッスルです。

ハイマウント:idホイッスル

キーリング付きでカラビナでザックに着けておきやすいモデルです。

軽く吹くだけで大きな音が出ることから、特に評価の高いホイッスルです。迷ったらこちらで間違いなしです。

1つ5gという驚異の軽さ SOL:レスキューホーラーホイッスル

しっかりした音を出すには力を込めて吹き込む必要があるので、緊急用としてはおすすめ度は低いです。

但し、大きく吹き込めば、多少の音量は出るので、軽さから選択するならありです。

A&F オリジナルIDホイッスル

キャプテンスタッグのストレッチライト ホイッスル

Riao-Tech:ホイッスル

polysky:ホイッスル

冒険倶楽部:ホイッスル

もしもの遭難に備えてどんな準備が必要でしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました