ヘルメットは禿げるは嘘?薄毛を防ぐヘルメットの被り方

ヘルメットは頭部を保護するために、締め付けがあり、頭皮や髪の毛が摩擦を受けるので、禿げやすい傾向があります。

ヘルメットは薄毛や抜け毛の要因になりますが、遺伝的な要因、睡眠不足、栄養不足、ストレスなど別の要因があることが多いです。

遺伝的に薄毛になりやすかったり、病気が隠れている可能性があります。

ヘルメットだけが禿げる原因でないので、薄毛や抜け毛を改善するためのアドバイスを致しました。

ヤマノ
ヤマノ

実際にAGA治療を続けている私も

登山中に被るヘルメットの蒸れが原因かもと悩んでいました

被らないわけにはならないので、正しい被り方と根本的な薄毛対策の仕方を実体験を交えて説明します。

・仕休憩中はヘルメットを脱ぐように心掛ける

・ヘルメット用インナーを装着して頭皮を保護する

・ヘルメットを外した後は育毛効果の高い商品でヘアケア

ヤマノ
ヤマノ

もっと早く検査しておけばよかったと後悔しているので、

少しでも薄毛が気になるなら家で簡単にできる検査だけでも受けておくことをおすすめします

>>自宅でできる薄毛リスクが分かるAGA検査キット

  • 薄毛がきになるなら少しでも早く原因を調べよう
この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

ヘルメットを被ると禿げる理由

私の場合は登山中、危険地帯がある山や火山帯ではヘルメットを利用します。

泊りの場合は何日もの間、お風呂に入れずにヘルメットを被って行動することになります。

もちろんドライシャンプーで簡単な洗髪は可能ですが、普段と同じようにケアはできません。

登山趣味がなくても、工事現場や食品工場などでは、ヘルメットを長時間着用している人がほとんどです。

ヘルメットは頭部を守る役割をしているので、通気が良くなく、固くて頑丈に作られているので汗をかいて蒸れやすい傾向があります。

汗をかいて蒸れると頭皮環境が悪くなり、雑菌が増殖して炎症を起こしたり、脂漏性皮膚炎などに罹りやすくなります。

頭皮の環境が悪くなると、薄毛や抜け毛の原因になり禿げやすいです。

摩擦で頭皮にダメージが蓄積する

ヘルメットは頭部を守る役割をしているので、締め付けが強い傾向があります。

工事現場や食品工場で働いていたり、通勤や通学でバイクを利用している人は、ヘルメットは日常的に装着することが多いです。

ヘルメットを外したり、被る時に頭皮や髪の毛に摩擦を受けやすいので、頭皮環境が悪くなったり、髪の毛が抜けやすくなり、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

蒸れで雑菌が増えやすい頭皮になる

ヘルメットは頭部を守るという役割をしているので、通気が悪いという欠点があります。

暑い時期はもちろんですが、寒い時期も汗をかきやすく、ヘルメットの内部が高温多湿になってしまい、蒸れやすいです。

汗をかくと蒸れやすくなり、雑菌が増殖をするので頭部の痒み、炎症などの原因になってしまいます。

雑菌が増殖すると頭皮環境が悪くなり、禿げやすくなります。

締め付けで血行が悪くなる

バイクに乗って通勤や通学をしていたり、工事現場などの危険な仕事をしている時は、頭部にフィットしたヘルメットを被らないと、衝撃を受けた時にヘルメットが外れてしまいます。

ヘルメットは頭部を保護するために、しっかりとフィットする形状になっており、外れにくく作られています。

ヘルメットを装着すると頭部が締め付けられるので、血行が悪くなり、抜け毛や薄毛の原因になるので覚えておきましょう。

薄毛を防ぐためのヘルメットの被り方

ヘルメットを被ると、頭皮や髪の毛が摩擦を受けやすいので、ヘルメット用インナ―キャップを装着するのがお勧めです。

インターネット通販の専門店、店舗などで購入できます。

休憩中はなるべく外すなどの工夫が必要です。

休憩時にはヘルメットを脱いで血行・通気性を良くする

薄毛や抜け毛を予防するためには、仕事の休憩の時はヘルメットを脱いでおくことが大事です。

ヘルメットを脱ぐことで締め付けや蒸れを防げるので、頭皮の血流が良くなり、通気が良くなります。

使用後にヘルメットを良く洗い、雑菌の繁殖を防ぐ

食品工場などでは、衛生面を配慮してヘルメットの除菌をしている所が多いですが、工事現場などでは洗わずにそのまま、装着している人が少なくありません。

薄毛や抜け毛を予防するためには、ヘルメットの使用後は良く洗っておくことで、雑菌の増殖を抑えて頭皮環境を良くすることが出来ます。

頭皮の摩擦を防ぐためにヘルメット用インナーキャップを使用する

ヘルメットを装着すると、頭皮や髪の毛が摩擦を受けてしまうので、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

市販のヘルメット用インナーキャップは、通気性に優れており、頭皮や髪の毛の摩擦を防ぐ効果があります。

帰宅後にはシャンプーで十分洗浄する

ヘルメットを長時間装着をしていると、頭皮の血流が悪くなったり、雑菌が増殖して炎症を起こしやすくなっています。

弱酸性でアミノ酸系の育毛シャンプーを使って、指の腹を使って優しく丁寧に洗うようにしましょう。

シャンプー剤が残っていると、フケや痒みの原因になるので、しっかりとシャワーで洗い流すのがポイントです。

頭皮の保湿を行う

シャンプー後は頭皮の血流が良くなっているので、育毛剤を使って保湿を心掛けることが大事です。

植物由来成分、海藻由来成分、抗炎症作用のある育毛剤などを使うことで、頭皮に潤いを与えて血流を促進する効果があります。

優しく指の腹を使ってマッサージをしましょう。

育毛剤で髪に栄養を補給する

男性と女性では薄毛の原因は違っていますが、ヘルメットを使用した後は髪の毛や頭皮が摩擦を受けやすく、禿げやすい傾向があります。

雑菌の増殖を抑えたり、頭皮を清潔に保つためにシャンプーをした後は、保湿効果の高い育毛剤を使ってヘアケアをすることで、薄毛や抜け毛を予防出来ます。

ヘルメットで禿げを感じた人・そうでない人の体験談

ヘルメットが禿げの原因であると感じた人

​​私は工事現場で働いているので、頭部を衝撃から守るために、ヘルメットを長時間装着をしています。

ヘルメットは頭部を保護する役割をしているので、締め付けを感じるため、頭皮の血流が悪くなってしまいます。

ヘルメットを被ると内部が高温多湿になってしまい、汗をかいて蒸れてしまうので頭皮の痒み、フケなどで悩んでいました。

ヘルメットを被っていると脂漏性皮膚炎に罹ってしまい、短くて細い毛が抜けやすくなり、枕や排水口に抜け毛が溜まっているので、禿げるのではないかと恐怖を感じました。

ヘルメットを外した後は、育毛効果の高いシャンプー剤、育毛剤でお手入れをしていると、頭皮の環境が整ってきたので良かったです。

髪の毛は増えていませんが、皮膚科の治療で脂漏性皮膚炎が良くなってきて、抜け毛が減ってきたように感じています。

引用元:AGA治療薄毛ナビ

ヘルメットが原因でなかったと感じている人

私はヘルメットを装着しているので、ヘルメットを洗うようにしたり、ヘアケア続けていますが、薄毛が進行してきたので悩んでいます。

男性型脱毛症は少しずつ進行してきたので、ヘルメットだけが原因ではないと実感しています。

私は肉類や揚げ物が好きで、お酒を飲む機会が多いので、肝臓に負担が掛かってしまい、薄毛の原因になっていると思っています。

深酒をしないようにしたり、食生活を改善したり、ストレス解消をする努力が必要だと感じました。

専門クリニックで頭皮の検査をしてもらい、治療を受けることも大事です。

引用元:AGA治療薄毛ナビ

総評:薄毛の原因がヘルメットであるケースとそうでないケースがある

ヘルメットは頭部を守るために、大切な役割をしているので、頭皮や髪の毛が摩擦を受けやすく、禿げやすい傾向があります。

正しいヘアケアを実践したり、摩擦を防ぐための対策をしていても、抜け毛が改善しない場合は別の原因の可能性が高いです。

祖父や父親が薄毛だった場合は、遺伝的な要因もありますし、生活習慣、食生活の乱れなどが原因の可能性があります。

過度なストレスを受けており、頭皮の血流が悪くなると禿げやすくなります。

よくある質問

ヘルメットを被ると髪の毛がぺちゃんこになります。対策ってありますか?

食生活が乱れていたり、ストレスや飲酒などの習慣があると、髪の毛が細くなったり、短い毛が抜けやすくなります。

ヘルメットを被ると髪の毛がぺちゃんこになるので、悩んでいる人が少なくありません。

ヘルメットを外した後は、育毛効果の高いシャンプー剤を使って頭皮を清潔に保ちましょう。

入浴後は育毛剤を使って、マッサージや保湿を心掛けることが大事です。

良質なタンパク質、ビタミン、ミネラル成分を多く含んでいる食事を心掛けましょう。

まとめ:ヘルメットは薄毛対策をした上で対策をすることが大事

ヘルメットは頭部を保護するために、頭部にフィットする形状になっており、通気が良くないので内部が汗で蒸れやすい傾向があります。

薄毛や抜け毛を予防するためには、正しいヘアケアを実践したり、食生活、生活習慣、睡眠などを改善する努力が必要です。

ヘルメットは使用後は、丁寧に洗うことで雑菌の増殖を抑えることが出来ます。

脂漏性皮膚炎などの病気は、薄毛や抜け毛の原因になるので早めに治療をしましょう。

少しでも薄毛を感じたら遺伝子調査キットで原因を調べること

仕事や通勤、通学などで日常的にヘルメットを装着している人は、禿げやすい傾向があります。

生活習慣、食生活を改善したり、正しいヘアケアを実践しても、薄毛や抜け毛が改善しない場合は別の原因が隠れています。

遺伝子調査キットは、数本髪の毛を送って検査を受けることで、薄毛や抜け毛の原因がわかりやすいです。

>>自宅でできる薄毛リスクが分かるAGA検査キット

  • 薄毛がきになるなら少しでも早く原因を調べよう
1-7.ヘルメット
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました