12/1までのチャンス! amazon大規模セール中

損しないために、タイムセール登山道具をまとめました

今すぐ見てみる
 

登山用サングラスのおすすめ(オークリー・SWANS・レイバンなど)

道具
この記事でわかること
・サングラスの必要性がわかる
・おすすめのサングラスがわかる

登山にサングラスって必要?


私がサングラスは不要だと考えていました。
ですが、なくて困ることがたびたびあり、購入を決めました。

必要と感じたのは以下のようなときです。
・残雪期谷川岳登山。ゴーグルをつけていると暑すぎるが、
 サングラスがないと目の日焼け(雪目)で苦しんだ。
・夏期の唐松岳、山頂で暴風が吹き、砂埃が目に入って苦しむ
・夏期の雲ノ平縦走、4日連続の快晴で目の日焼けで苦しむ。

こんな何回も苦しむ前にサングラス買えよってことなんですが、
ようやく重要性に気がつきました
標高が高くなると紫外線が強くなる( 1,000m高くなると約10%増加 )ので、日焼け対策と共に考える必要があります。

サングラスを取り入れるメリット
・山の上の強い紫外線を防ぐことができる
・強風時の砂ぼこりを防ぐことができる
・カッコイイ

登山用のサングラスの選び方

色によって見え方が異なります


色によって見え方が異なります。
暗すぎるカラーは見えづらいので、登山には不向きです。
グレー:光を全体的にカットするため、疲れにくい
ブラウン:明暗のコントラストがはっきりします
ブラック:これぞサングラスというカラーで、強い光を抑えてくれます。その分薄暗い樹林帯では見えにくくなります。
グリーン:緑がくっきりします。緑豊かな景色でおすすめ。

このように場所によって向き不向きがありますので、調光レンズ機能がついているものが人気です。 可視光線透過率 が高いものを選ぶようにしましょう。安いサングラスでは紫外線が防げなかったり、暗くなって足元が見えにくくなったりしますので、良いものが必要だとわかりました。

調光レンズ機能がついているものは、値段が高いので、現実激には、 可視光線透過率 が高いくフィットしそうなものを選ぶことが多いと思います。

紫外線のカット率


目の日焼け対策に探しているので、紫外線をカットできないおしゃれ重視のサングラスは、登山には不向きです。
紫外線はその波長によってUVA,UVB,UBCに大きく分類されます。雪山にも登るならUVAカットができるものを選択しましょう。

おすすめのサングラス

オークリーのサングラスは、100%のUVA、UVB、UVC光線と、
有害な青色光を400nmまでブロックします。紫外線の防御という点では最高です。

オークリー: CLIFDEN


厳しい環境下に耐えられるサングラスです。透過率6%と少ないので雪山向けのモデルとなります。
・可視光線透過率 6%(晴天向き・雪山向け)
・コントラスト:最大
・レンズ: TUNGSTEN POLARIZED

オークリー: SPLIT SHOT

人気のオークリーのサングラスです。
FLAK 2.0の換気性能を高めたようなイメージです。その分価格も高いことが難点です。

換気性が高く、曇りにくいサングラスです。
・可視光線透過率 12%(晴天向き)
・コントラスト:最大
・レンズ:  DEEP WATER POLARIZED

オークリー: FLAK 2.0

偏向プリズムレンズのサングラスです。正確に、コントラストを最大化し、
視認性を向上させています。
・可視光線透過率 15%(晴天向き)
・コントラスト:最大
・登山向けモデル
・レンズ: BLACK IRIDIUM

オークリー:HALF JACKET


耐衝撃保護性能がついていて軽度の落下物にも耐えられます。
・レンズカラー: Prizm Field
・可視光線透過率 10%(晴天向き)
・コントラスト:普通
・登山向けモデル
・レンズ: POLARIZED

オークリー:TARGET LINE

シンプルなデザインで夏でも冬でも街中でも使いやすいモデル
・可視光線透過率 11%(晴天向き)
・コントラスト:最大

オークリー:M2 Frame


・ レンズカラー: Grey
・可視光線透過率 16%(晴天向き)
・コントラスト:普通

レイバン: ライトハバナ

スワンズ:エアレスウェイブ[15g]


・可視光線透過率 13%(晴天向き)
・紫外線透過率 0.1%以下(UVカット99.9%以上)

スワンズ:エアレス リーフ フィット[16g]


・可視光線透過率 43%(晴れ〜曇天向き)
・紫外線透過率 0.1%以下(UVカット99.9%以上)

スワンズ:ルナ[21g]


・可視光線透過率:22%(晴天~曇天向き/偏光度97%以上)
・紫外線透過率 0.1%(UVカット99.9%以上)

スワンズの女性向けモデルです。

スワンズ:スプリングボック


・可視光線透過率 45%(曇天、雨天向き)
・紫外線透過率 0.1%以下(UVカット99.9%以上)

スワンズ:AMZ-G01 アマゾン限定モデル[25g]


・可視光線透過率:18%(晴天向き)
・紫外線透過率:0.1%以下(UVカット 99.9%以上)

グダー :Ogs サングラス

グダーのサングラスは低価格でありながら、紫外線をしっかりカットできるので、街中での使用を中心に人気があります。

スポーツ用のサングラスではないので、汗に対する耐性が高いわけではないので、ご注意ください。

レンズ:ミラー加工なし
フレーム:マットな黒+シルバーのライン
レンズカラー:黒に近い濃いグレー
見える色味:濃いグレー
■可視光線透過率:8.1~27.8%(グラデーション)

FLOAT フロート アーバンギャラクシー  26g

登山用サングラスの人気モデルです。

(イーエスエス) ESS CROSSBOW  34g

サングラスを紛失したので、購入してみました。偏光レンズと調光レンズを迷ったのですが、今回は偏光レンズを選びました。以前使っていたものより、軽く・ズレもありません。耐久性は、しばらく使用してみないとわかりませんが、反射による眩しさ等はなく、視界はとてもクリアです。2019/10/08追記野外に丸一日いることになり、一日つけてみました。さすがに、丸一日かけていると、ツルの耳あたりが痛くなってきました。晴れ→曇り→晴れと天候が動いても目の疲れは、裸眼より軽減されているように感じました。

amazonレビューより

スミス:オプティクス

関連記事
冬期雪山登山で使うおすすめゴーグル(オークリー・POC・SMITH)
雪山登山の始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました