【2021】コロナ禍の父の日プレゼントはアマゾン・楽天が人気「ウォーキンググッズ」と「おつまみセット」どっちがいい?

皆さん、今年の父に日の準備していますか?

2021年の父の日は、6月20日(日)になります。母の日と同様に毎年日にちが変わるので、注意しましょう。

この記事でわかること
・父の日のプレゼント選びがわかる
あすか
あすか

お父さん、喜ぶかなあ

さとし
さとし

息子に父の日を気にしてもらえると、やっぱり嬉しいですね。
私も親にもっといろいろしておけば良かったと感じます。

あなたは父の日のプレゼントを用意していますか?

もしまだなら健康改善の役に立つウォーキンググッズかおつまみセットがおすすめです。

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

父の日のプレゼントにウォーキンググッズがおすすめな理由

特に2021年はまだコロナの蔓延が続きますので、運動で免疫力を高めておきたいと考える方も多いです。

普段から散歩や街歩き・ウォーキングが趣味の方にも非常に喜ばれます

理由と選び方について、お伝えします。

ウォーキングの健康効果

まず始めに皆さんのお父さんは、普段運動をされていますでしょうか?

全く運動をしていない人は死亡リスクが高まることが研究により明らかになっています。

例えば、米国がん学会が実施しているコホート研究「がん予防研究-3」(CPS-3)に参加している13万9,255人(男性 6万2,178人、女性 7万7,077人)を対象とした研究の成果を見てみます。

ウォーキングは乳がん、結腸がん、心臓病、および糖尿病などの死亡リスクの低下に繋がることが発表されています。

原文を見てもらえばいいのですが、英語だけで図もなく分かりにくかったので、ちょっとまとめてみました。(参考:American Journal of Preventive Medicine 2017年10月11日)

参加者約14万人の平均年齢は69歳でデータ数が多いのである程度信頼して良いでしょう。

こういった理由から、大切なお父さんに健康で長生きしてもらうために、ウォーキングを進めたいという方はかなり多いのです。

年をとるほど、健康欲が高まる

山を登っている人はわかると思いますが、年をとると体力の低下や若い頃と比べて健康への不安を感じる人が多くなります。

山を登って自分の父の年代の方と話すと、やはり健康への不安を抱えている方が多いです。

ヤマノ
ヤマノ

歩ける喜びを語る言葉はとても重たく感じます

私自身、膝を壊して歩行困難になった時は、歩けることってこんなにも幸せだったんだと感じました。

健康欲を満たすウォーキンググッズは、こうした歩ける喜びを与えてくれるので、とても喜ばれるのです。

おすすめのウォーキンググッズ

楽天では刺繍で名前が入れられるウォーキングセットがあります。

①キャップ
②ウォークバック
③ウォーキングスタートブック
④リストバンド

ウォーキングステッキが付いていないので、がっつり歩かれるお父さんなら登山用のストックも合わせて贈っても良いでしょう。

簡単な散歩から始めるなら、なくても大丈夫です。

ウォーキングをサポートする時計

ウォーキングが楽しくなるランニングウォッチは、ウォーキングのモチベーションが上がるので、喜ばれます。

登山用の高価なものは5万前後のものも多いですが、ウォーキング用であれば、そんなに高いものは選ぶ必要もありません。

最近はスマートウォッチも人気です。時計の時刻も大き目の文字で表示されるので、見やすいです。

父の日のプレゼントにおつまみがおすすめな理由

誰もが歩くことができるわけではありません。2021年はコロナ禍で余計に外出が困難になっている方もいます。

そういった方がおうちでも楽しめるといったら、特別なおつまみなのです。

お父さんが外出好きでないのなら、楽しめる食べ物がおすすめです。

お酒好きでないならおつまみセットの代わりに、コーヒーギフトお茶も良いでしょう。

自宅でできる焼き鳥セット

中でも私がおすすめするのは、自宅でできる焼き鳥セットです。

私の父はかなりのお酒好きなので、もう間違いないと思いました。

10個セットであれば、中身はバリエーション豊かな串と、調味料、焼き台がセットになっています。

画像出典:東京レストランツファクトリー株式会社

家でこんな焼き鳥ができるなんて驚きですよね。

画像出典:東京レストランツファクトリー株式会社

もっといろいろ検討したい方は、amazonの父の日特集楽天の父の日特集を見るのも参考になります。

もしお父さんが山好きなら、以下の記事も参考にしてみても良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました