「フェアリーノヴァ2」8000万円もの先行予約を集めた最強防寒ジャケット【登山ブログ使用感レビュー】

フェアリーノヴァ2はこの1着だけあれば冬の様々な場面で快適に過ごすことができる最強防寒ジャケットです。

その理由は最新の宇宙服素材を使用していることにあり、軽量でありながら雨にも風にも強く、高い保温性を持っているのです。

ヤマノ
ヤマノ

編集部でも男性目線、女性目線で使用感を検証しました。

暖かさ最強で着回しのしやすさもとても良かったです。

その上ダウンのように水鳥の羽毛を使用しないので、動物にも優しく社会のためになることも注目されています。

  • もう寒さに震えなくて良い!最強の防寒ジャケット
今だけ30%OFFのセール中
ヨメノ
ヨメノ

氷点下でも暖かく行動できる最強の防寒ジャケット

それなのに1円玉ほどの厚みで着ぶくれしないからスマートだよ

【ご提供品】
本記事は商品を提供いただき、レビューしています。

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

Rasical(ラシカル)のフェアリーノヴァ2:梱包・同封品の確認

フェアリーノヴァ2は開封するとビニールのようなものに入っています。

環境に配慮した商品であるため、パッケージまでトウモロコシ由来で自然に優しいものを選択するというのが珍しく感じました。

開封するとフェアリーノヴァ本体と小さな封筒型パッケージが出てきます。

封筒型パッケージの中身にはラシカルのステッカーとキャラクターシールが出てきました。

ジャケットがスタイリッシュなデザインなので意外でしたが、かわいいキャラクターですね。

タグを見るとヒートエーテルが詰物として利用されていることが記載されています。

ポリエステル素材なので耐久性に優れ、速乾性能も高く快適に過ごせます。

早速外観についても見てみましょう

フェアリーノヴァ2のデザイン・外観

厚さ1円玉程の薄さでスマートなデザイン。ボリュームを抑えた、動きやすくスタイリッシュな印象です。

ヤマノ
ヤマノ

オタク目線で見ると、

アークテリクスのアトムLTをイメージするシンプルなデザイン

ヨメノ
ヨメノ

ただ中綿ジャケットの中には胸位置のファスナーはないものも多いので、

フェアリーノヴァは利便性も重視しているように見えますね

首回りのフード収納、袖口のサムホールにより冷気の侵入を防ぐため雨の日、雪の日にも対応できます。

ザックを背負っても胸ポケットはアクセスしやすいので、私はスマホを入れて使用しています。

袖口のサムホイール

防寒ジャケットとしては珍しい特徴として袖口部分にサムホイールがあります。

手のひらの半分ほどを覆ってくれるので寒さを感じにくくなります。

気温1桁になると手袋がないと寒くなってくるので、少しでもカバーできるのはありがたいものです。

ヨメノ
ヨメノ

下に着るウェアなら
ミレー キャスター ウールⅡとかにはあるけど、ジャケットに搭載されているのは珍しい!

編集部でも特に女性メンバーからの評価が高いポイントでした
指先の冷えって悩みがちなんだよね

ヤマノ
ヤマノ

雪山登山ではグローブが必須ですが、グローブとの隙間がなくなり、
不快感を感じにくくなります。

実用的な機能性で見てもありがたい機能です

フードはドローコードで調節でき、ヘルメットにも対応

フェアリーノヴァ2のフードはかなり大きめです。登山ではヘルメットを着用する場面も多くなりますが、そのようなケースでもフィット感を調節して着用できます。

フィット感は左右のドローコードでフィット感を調節できます。

登山やバイクでヘルメットの上から着用する場合も便利な使用感になっています。

最強防寒着の特殊素材 Heat Ether®(ヒートエーテル)とは?

フェアリーノヴァ2には「ヒートエーテル」と呼ばれる素材が使用されています。

「ヒートエーテル」はNASAが宇宙服で扱う断熱素材で-196℃の液体窒素を噴射しても冷気を遮断します。

「ヒートエーテル」自体には熱を生み出す機能はなく、適度な空間を作ることで外の気温と中の温度の差を遮断。

これにより人の体温を一定に保つことが出来るため、外気温に影響されず、対応気温が幅広くなっています。

ヤマノ
ヤマノ

断熱することで外部の冷気を侵入させない素材です。
素材自体には発熱機能はありませんが、
フェアリーノヴァ2は発熱する機能を追加した最新モデルになっています

フェアリーノヴァ2の特徴

フェアリーノヴァ2は「断熱×発熱」のダブルテクノロジーを取り入れたハイテク万能ジャケットです。

厚さ1円玉ほどで、薄手ながらも過酷な環境に対応できる様々な機能をもちます。

ヨメノ
ヨメノ

各機能別に見てみよう

基本性能
【素材構成】
表生地:ポリエステル100%、詰め物:ヒートエーテル、裏地:ポリエステル100%

【性能】
耐水圧55,318mm、透湿性39,192g/㎡/24h以上、20回洗っても撥水性持続

【カラー展開】
ブラック、ネイビー

【サイズ展開】
S、M、L、2L、3L

【重さ】
Sサイズ約555g

雨・雪への強さ(耐水圧)

全てのファスナーが止水ジッパーで雨が侵入しない加工がされています。

蒸れにくさ(透湿性)

画像出展:ラシカル公式サイト

「フェアリーノヴァ2」は暖かさを保ちながらも蒸れにくい。

39,192g/㎡の透湿機能をもち、表地の裏側から熱を吸収して外に熱を放出する「蒸気を逃がす生地構造」になっています。

運動のないバイクやキャンプ、ハイキングのような軽めのアウトドアまで蒸れなく快適に過ごせますよ。

ヤマノ
ヤマノ

多少の汗なら蒸れを軽減してくれます。
大量の汗はさすがに放出が間に合わないので、なるべく汗をかかないレイアリングにすることも重要です。
※レイアリング(機能性を高める重ね着のこと)

保温効果・断熱性

服の内側に「熱反射シート」を採用しており、背中の一部のみ素材を使用することでオールシーズン着用することができます。

断熱材には「ヒートエーテル」を採用。

-170℃~110℃の寒暖差280℃の環境下で活躍する宇宙服に使われている素材ですので、気温差の激しい標高の高い山などでも服の中を安定して暖かく保ちます。

上の写真を見て分かるように首元は寒さを感じやすい部分なので、首回りは裏起毛で暖かさが強化されています。

着用時の服装
アウター:フェアリーノヴァ2
インナー:モンベル ジオライン
パンツ :マムート トレッカー2
外気温 :9度

ヤマノ
ヤマノ

実際に初冬の低山で検証してみたところ、

フェアリーノヴァは確かに暖かく、また動きやすく感じました

外気温1桁では行動するとむしろ暑すぎるくらいだったので、
行動中に使うなら真冬の好天時になりそうです。

ヨメノ
ヨメノ

冬であまり動かない時にちょうど良い暖かさだよ
同じ気温でもキャンプでは丁度良く感じました

ヤマノ
ヤマノ

ポリエステル素材は火の粉が飛んだら穴が開きそうなので、

さすがに焚き火台は止めて薪ストーブを使いました。

発熱機能

フェアリーノヴァ2はバッテリー式の発熱機能があります。

ボタンを押すことで、4段階の温度調節が可能。

USBケーブル接続のモバイルバッテリーに対応しており、38℃で最大16時間使用可能です。

登山では、体温調節の為に衣服の着脱を繰り返すことでコンディションをキープします。

フェアリーノヴァ2なら暑かったら切る、寒くなったら付けるなどボタン1つで簡単に温度調節ができるので、より快適に登山に臨めますね。

ヤマノ
ヤマノ

注意点としてモバイルバッテリーは付属していません。
加えてUSB-A式の接続端子で珍しいタイプです。

動作が保証されている以下のモバイルバッテリーがおすすめとなるので、
もし使えそうなバッテリーがないなら合わせて用意しておきましょう

軽さ

フェアリーノヴァ2はSサイズで重さ555gです。

ヤマノ
ヤマノ

雪山用のハードシェルとしておすすめで紹介している
「ファイントラック:エバーブレスアクロジャケット」も555gなので、
一般的なハードシェルジャケットと同じくらいの重さです。

タウンユースで使うような冬のアウターは中綿が入ったダウンなどは重さ700g~900gなので、街着として使うならかなり軽い方ですね。

さらに厚さ1ミリの極薄なので冬でもかさばることはありません。

リュックの中に入れても圧縮して収納できるので荷物にならないところも嬉しいポイントです。

フェアリーノヴァ2の使用感・感想レビュー

ヤマノ
ヤマノ

暖かすぎるので、行動着として使用できるのは氷点下になると体感しました。

一方で休憩着として使うなら夏の高山から冬の低山まで活用できますし、強い風が吹いている状況なら気温が高めでもありがたさを感じるでしょう。

使用いただく状況に合わせて考えてみよう!

チェックポイント

・ひとことで言うとフェアリーノヴァは高性能な化繊防寒ジャケット。雨や雪にも強く蒸れにくいので、様々な場面で活躍する。ただし登山用としてはやや重いので、重量が許容できるかがポイント。

・冬の低山で行動着として使うと暑すぎるので、休憩時に羽織るジャケットとして使用したい。
 休憩時に本体が発熱できるのはとても快適。
 (バックカントリーやアイスクライミングでも利用場面はある)

  一方でスマホや撮影機材の充電にもモバイルバッテリーを使うなら、持ち歩くバッテリーの量を考えておく必要がある。
 →(登山で選ぶモバイルバッテリー

・厳冬期であれば行動着としても使用できる。
 ベンチレーションがないので、暑すぎないレイアリングで運用しよう!

・登山でのはグローブなどの他の防寒も必要となる。いくらジャケットの保温機能が高くても小物類の準備を怠るのは止めた方が良い
 →(雪山登山のおすすめグローブ

  • もう寒さに震えなくて良い!最強の防寒ジャケット
今だけ20%OFFのセール中

使って分かったフェアリーノヴァ2を選ぶメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 薄いのに暖かく着ぶくれしない
  • 雨への耐性が強く、蒸れにくい
  • ストレッチ性はないため、行動着として使いにくい
  • 暖かすぎて寒くない時には使いにくい

フェアリーノヴァ2を選ぶメリット

ヤマノ
ヤマノ

特に注目すべきメリットは3点

それぞれ見てみよう

  • 薄いのに暖かく着ぶくれしない
  • 街着でもアウトドアでも着回ししやすい
  • 雨への耐性が強く、蒸れにくい

薄いのに暖かく着ぶくれしない

薄いのに暖かく着ぶくれしないのが、フェアリーノヴァ2の最大の魅力でしょう。

防寒機能は以下3つ。

・4段階のバッテリー式発熱機能

・ヒートエールによる断熱性

・熱反射シートにより背中部分の保温性

この機能により冬のアウトドアシーンでも安定した暖かさを保つことができます。

中でも気温に合わせて38℃/43℃/48℃/53℃と切り替えができるのは嬉しいですよね。

38℃であれば16時間持続できますので秋冬のキャンプでは大活躍間違いなしです。

フェアリーノヴァ2は上記の防寒機能を持ちながら薄手でスマートなシルエットです。

冬期では寒さをしのぐために厚手のダウンやフリースを着こむ方が多く、どうしても見た目にボリュームが出て野暮ったい印象になってしまいます。

フェアリーノヴァ2であれば、ダウンに負けない防寒機能を持ちながらシルエットはかなり細めなので、ボリュームを抑えてスマートに着ることができます。

雨への耐性が強く、蒸れにくい

画像出展:ラシカル公式サイト

防寒ジャケットというのは、撥水性はあっても耐水圧があるとまでうたっているモデルはほとんどありません。

冬に使用するとなるとハードシェルジャケットや防寒ジャケットが比較対象となるでしょう。

ヤマノ
ヤマノ

他社でも人気のモデルと比較すると、
耐水圧・透湿性が優れており、20回選択しても撥水性が持続するという高い性能があります。

一方で重さは登山用と考えると少し重め。価格はパタゴニアのナノパフジャケットが優位です。
軽さよりも高性能である安全性を重視する人におすすめ

商品名フェアリー
ノヴァ2
エバー
ブレス
アクロ
ナノパフ
ジャケット
ウェア種類防寒着ハード
シェル
防寒着
耐水圧55318
mm/cm
20000
mm/cm
記載なし
透湿性39192
g/m/24h
10000
g/m/24h
記載なし
価格目安約5万円約5万円約2万8千円
重さ555g540g337g
保温性能高いなしやや高い
発熱機能ありなしなし
悪天候への
強さ
やや弱い強いやや弱い
詳細リンク詳細詳細詳細

フェアリーノヴァ2を選ぶデメリット(気になる点)

ヨメノ
ヨメノ

フェアリーノヴァを選ぶなら以下も気にしておこう

・ベンチレーション(換気用のファスナー)がない
・暖かすぎて寒くない時には使いにくい

ベンチレーション(換気用のファスナー)がない

フェアリーノヴァはベンチレーションがないので、換気が難しいという弱点があります。

ベンチレーションというのはジャケットの横についている換気用のファスナーのことです。

これがあると一瞬で通気性が良くなるので、あると便利な機能です。

他社のベンチレーション搭載モデルの例
ヤマノ
ヤマノ

フェアリーノヴァは透湿性が「透湿性35,000g/㎡/24h以上」とかなり高いので、
蒸れにくいのですが、さすがに直接ファスナーを開けるほどの換気性能はありません。

登山で行動時に使う場合は少し寒いと感じるくらいの着回しにすると良いでしょう

暖かすぎて寒くない時には使いにくい

登山で外気温9度の状況で登っていると、特に背中のリフレクターの効果が高く、冬でも暑くなってしまうのです。

登山はザックを背中に背負うので、特に熱がこもりやすく、蒸れにくい透湿性(35000g/m/24h)を持っていても暑さは感じることもあるでしょう。

暖かさが必要にならない程度の寒さなら過剰性能となってしまうので、休憩時や山小屋・山頂で防寒用に使用するのが賢い使用方法に感じました。

また、好天の雪山登山やスキー・スノーボードなどのウィンタースポーツであればソフトシェルであるフェアリーノヴァ2は快適に着用できます。

寒い時にこそフェアリーノヴァ2をお試しください。

フェアリーノヴァ2の使用感・評判・クチコミ

悪い口コミはサイズ関連、いい口コミは履き心地が目立ちます。

良い口コミ
悪い口コミ
  • 通気性が優れていて蒸れにくい
  • フィット感が良い
  • ジャケットとして羽織ることを考えてワンサイズ上を選べば良かったという声が多い

良い口コミ

ヤマノ
ヤマノ

使ってみて分かったのは保温性が本当に高いこと

良い口コミでも期待通りの暖かさが感じられたという口コミが非常に多く見られました

サムホールもついてて、とても暖かくこの時期には重宝します。

(楽天より引用)

11月下旬12度~15度で下には長袖シャツなのでバイクに乗ってみたのですが、全く寒く無く、発熱させると暑いくらいです。この薄さ、軽さ、でもこの防寒性能は凄いと思います。バイク用では無いので、プロテクターの類が無い為工夫は必要ですが、防寒性能は確かに素晴らしいと思います。

(楽天より引用)

交換に関してはしっかりした対応が行われていることが分かります。

悪い口コミ

サイズ選びは重ね着を考えている人とそうでない人で見え方が異なる印象を受けました。

ヤマノ
ヤマノ

私自身は特別サイズが小さいとは感じませんでした。
薄いニットの上に着るくらいならぴったりサイズで十分です。

一方でフリースの上から羽織りたいとか、スキー場いくから下にパーカー着るという人は、
ワンサイズ上の方が快適だと思います。
サイズ選ぶは自分が「何の上に着ることが多くなりそうか」考えて選ぶのがおすすめですよ

軽くて、暖かく非常に満足しています。サイズはフィットしていますが、もうワンサイズ上げれば良かったかなと思います。

楽天の口コミより

妻に朝夕の犬の散歩に着る為購入しましたが、うたい文句どおりかさばらず、即時発熱の効果に満足しているようです。ただサイズはサイズ表より1サイズ大を選ぶのをお勧めします。

楽天の口コミより

総評

口コミをまとめると、

悪い点では

「サイズが小さめ」

という声が多かったです。

いつものサイズ感で購入すると、デザインが細めのため小さく感じる方もいるようです。

中にニットやベストなどを着こむ方はワンサイズ上を購入することをおすすめします。

良い点では

「薄くて軽い、なのに暖かい!」

という声が非常に多かったです。

冬でもシルエットがスマートでかさばらない、中は4段階の発熱機能によりバイクの運転でも暖かく感じるほどの発熱・保温性があるようです。

「フェアリーノヴァ2」は発熱・保温性に優れたスタイリッシュなジャケットだということがわかりました。

日常生活や街との気温差が激しいアウトドアシーンに活躍すること間違いなしですね。

フェアリーノヴァ2は登山でも使える最強ジャケット

いかがでしたか?

今回はたった1着で様々なシーンで活躍する最強ジャケット「フェアリーノヴァ2」を紹介しました。

宇宙服にも使用されている断熱素材「ヒートエーテル」を使用し、4段階の発熱機能をもつ防寒機能をもちながら、薄くて軽いという全く新しい近未来なジャケット。

氷点下だけではなく、15度前後まで対応可能の「フェアリーノヴァ2」さえあれば、オールシーズン着用できるため、いちいち冬用ジャケットを用意する必要もありません。

ヨメノ
ヨメノ

富士山の山頂の気温は8月でも最高気温12度くらい
登山の防寒着としてはオールシーズン使えるといっても良いことが分かるよ

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

フェアリーノヴァ2

・フェアリーノヴァ2は雨への強さと蒸れにくさを備えた最強防寒ジャケット

・登山用として選ぶ場合は軽さより快適性を優先したい方におすすめ

・スキーやスノーボードでも活躍できる保温性能があり、サムホールでグローブとの隙間も防ぐことができる

・普段使いでは一般的なダウンジャケットよりも軽く暖かくてカッコイイ

ヤマノ
ヤマノ

最大の魅力は登山で使えるし、
タウンユースでも使えるという利用できるシーンの多さ

これがあれば冬も快適に過ごせそうです!

  • もう寒さに震えなくて良い!最強の防寒ジャケット
今だけ30%OFFのセール中

どうしても決めきれない人は防寒着総集編もチェック!!

>>登山用のおすすめ 最強防寒着(インサレーション)

防寒着
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました