登山の山メシにおすすめのまな板はこれ!!軽さと価格など選ぶポイントを比較してみました

登山の山メシにおすすめのまな板はこれ!!軽さと価格を比較してみました

この記事でわかること
・登山におすすめなまな板がわかる

・山ご飯にまな板があると便利

皆さんは山ご飯作ってみたことはありますか?またはこれから作りたいと思っていますか?

登山で本格的な山ご飯を作ろうと思うと、思った以上に野菜を切る場所がないことに気づくはずです。そういった場面で必要となるのがまな板です。軽量なモデルが多いですので、登山に持ち運ぶにも苦になりません。

また、使うことで見栄えを大幅にグレードアップさせることができます。木目のカッティングボードに綺麗に盛り付けるとおいしそうに見えます。

登山のまな板は、「快適な山ご飯のため」、「おいしそうな山ご飯を作るため」に活躍できます。

・登山でまな板に求められる性能

大きく分けて2種類の方がいると思います。

性能重視(軽さ・耐熱性・抗菌性)の実用的な方と、見栄え重視のスタイリッシュな方です。

・軽さ

登山において軽さは重要です。限られた荷物しか持てないので、なるべく軽いものが求められます。但し、カッコよさを優先する場合は多少の重さには目をつぶった方が良いデザインが多いです。

・耐熱性

ゆでた後に食材を切るといった場面や熱湯で消毒する場合に耐熱性があると便利です。帰宅後に食洗器で洗うということも可能です。

必ず必要な性能とは言えないので、参考程度に考えておきましょう。

・省スペース性

こちらはサイズ感を示しています。大きいほど使いやすいですが、大きいほど場所はとりますし、重さも増します。収納は畳めるタイプもありますので、上手く活用しましょう。

人によって必要だと思うサイズが異なりますので、実際の大きさをイメージしてみましょう。

みじん切りをするにはかなり大きめのまな板でないと難しいですが、ざく切りなど簡単な切り方ならサイズが小さくても何とかなるものです。

・カッコよさ

カッコよさは重要です。私個人の意見としてはどうせまな板を持っていくならカッコイイものを選んで欲しいです。

山ご飯を盛りつけたら周りから驚かれることになるでしょう。何より自分が満足できるデザインのものを選びたいですね。

・登山におすすめのまな板

 MSR:アルパインDXカッティングボードGSI ウルトラライト カッティングボード LLIGHT MY FIRE カッティングボードプラスユニフレーム (UNIFLAME) UFカッティングボード(2枚組)キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)カッティングボード 
重さ178g215g45g88g*2g236g 
サイズ記載なし400×230×24mm158×148×3mm 285×165×2㎜290×130×12mm 
収納サイズ1/2に畳める同上同上同上同上 
価格 
耐熱90℃120℃120℃ 
抗菌 

結論から言うと、
軽さ重視なら、LIGHT MY FIRE カッティングボードプラス
使いやすさ重視なら、ユニフレーム UFカッティングボード(2枚組)
カッコ良さ重視なら、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)カッティングボードです。

価格はどれも大差ないので、他の要素で決めることになります。

それぞれを簡単に説明すると、LIGHT MY FIRE カッティングボードプラスは45gと軽量なので、長期縦走などに持って行っても苦にならない重さです。難点は、サイズが小さすぎて食材が切りやすいとは言えないこと。

サイズが気になるなら、ワンサイズ大きいユニフレーム UFカッティングボード(2枚組)にしましょう。2枚組なので、テープでくっつければ折りたためるまな板の完成です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)カッティングボードは、まな板にもなるし、お皿になるという万能なカッティングボードです。この形状で200g台という軽さもなかなかないです。

その他商品を見てみたい方は以下商品一覧も見てみてください。

MSR:アルパインDXカッティングボード

重さ:178g

GSI ウルトラライト カッティングボード L

重さ:215g
サイズ:400×230×24mm
耐熱:90℃

大きさ、重さが屋外で使うのに丁度いいと思います。テントと水場との間を往復するときなど実感します。

amazonレビューより

LIGHT MY FIRE カッティングボードプラス 

重量:45g
サイズ:約158×148×3mm
耐熱:120℃

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) まな板 カッティングボード 

重さ:141g
サイズ:(約)365×257×厚さ2mm(B4サイズ)
収納サイズ:(約)180×257×厚さ4mm(B5サイズ)
耐熱温度:110度

ユニフレーム (UNIFLAME) UFカッティングボード(2枚組) 

1枚あたり88g*2
サイズ/約285×165×2㎜
耐熱温度:120℃

2枚セットでお得です。包丁で傷がつきやすいといった難点もありますので、ご注意ください。

キャンプにはコンパクトことの利点が大きいです。

薄いプラスチックの板と言えばそれまでですが

まな板として最小限機能すればOKです。

amazonレビューより

Joseph Joseph (ジョセフ ジョセフ) 折り曲がるまな板

重さ:349g
サイズ:38×22cm

KEVNHAUN ケヴンハウン カッティングボード 

重さ:499g
サイズ:18.8×35×2cm

かなりサイズが大きいので、ステーキ皿や料理盛りつけをするとかなり綺麗に見えます。難点は重いことなので、見栄えを優先できる人におすすめ

とても丈夫そうで、手入れも簡単です。もう少し大きいかと思っていましたが、使いやすい大きさでした。ココットにジャーマンポテトを入れてサラダやホットサンドを置いて、☕に来たみたいです。ユーチューブのソロキャンパーが使っていたので買ってみたら本当に良かった🙌Lサイズも一つ買ってみようと思います。探してみます。

amazonレビューより

キャプテンスタッグ:抗菌 PC.マナ板3点セット

スノーピーク(snow peak) マナイタセット
重さ:470g
サイズ:256×100×34(h)mm

デザインもシンプルでカッコイイです!写真映りも映えます!

包丁はあまり切れ味が良くありませんがコンパクトに持ち運べるので満足しています!

悪い点?は木製なのでシミが着くのとカビないか不安なので手入れを細かくしないといけないという事くらいです!(当たり前ですね笑)

竹で出来ていれば最高だったかなと思いました!

amazonレビューより

カッティングボードは205g、ナイフやピーラー、コークスクリューなどセット品で購入できます。カッティングボードだけを探している人には向きませんが、セット品を探している人におすすめ

重さ:120g
サイズ:幅30cm×奥21cm×高0.2cm

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)カッティングボード

重さ:236g
サイズ:290×130×12mm

見栄えも良く、比較的軽いカッティングボードです。料理が映えるまな板として、山に持っていきたいモデルです。 

登山用に購入しました。サイズ的に携帯性もよく
で出来ていることもあって軽くて丈夫です。

1人でご飯を食べるのに食べ物を置く場所として
皿やプレート代わりに 大きすぎず良いです◎

何かを少し切るまな板としてもサンドイッチを一つか二つ置くのに
とってもちょうど良いサイズ感です。

買ってよかった。裏面の鹿の刻印カッコイイ。

amazonレビューより

いかがでしたでしょうか。皆さんがおいしい山メシに出会えますように。

おすすめの山メシがあれば教えてくださいね。

関連記事
・登山のクッカー 何が最適?メスティンなどのおすすめのクッカー
登山に彩りを! 山ご飯のススメ(ラーメン・パスタ・缶詰ごはん・燻製など)

コメント

タイトルとURLをコピーしました