【使用感レビュー】VSGO:AIRGO 1台4役のハンディクリーナー

1.キャンプ道具

キャンプの片付けではテントの中に砂が入ったり、車の中が汚れたり、掃除が大変な場面がどうしても出てきます。

これを見ているあなたも困った経験があるのではないでしょうか?

今回はそんな片付けのストレスを解消するだけでなく、キャンプの様々な場面で活躍するAIRGOのハンディクリーナーを見てみましょう!

ヤマノ
ヤマノ

楽しいキャンプにはめんどくさい片付けがつきものです。
ハンディクリーナーがあるとどう変わるのかぜひ最後まで御覧ください

makuake 掃除機・ブロアー・空気入れ・ライト AIRGO 1台4役のハンディクリーナー

【ご提供品】
本記事は商品を提供いただき、レビューしています。

VSGO:AIRGOのハンディクリーナーの魅力

開封時の様子
AIRGOのハンディクリーナーの魅力

・テントや車内に入り込んだ小枝やゴミを掃除機機能で掃除できる
・ブロワー機能は火吹き棒と組み合わせて効率的に送風できる
・テントマットの空気入れを素早く行える
・キャンプ以外でもデスク周りや狭い場所の掃除に活用できる
・簡易ライトとして使うことができる

テントや車内に入り込んだ小枝やゴミを掃除機機能で掃除できる

VSGOのハンディクリーナーはコンパクトで取り回しがしやすいので、テント内や車内の隅々まで簡単に掃除ができます。

ヤマノ
ヤマノ

通常モードとハイパワーモードがあり、
通常モードは比較的静かに作動します。

ハイパワーモードで使用時の様子は上の動画をご覧ください。

ブロワー機能は火吹き棒と組み合わせて効率的に送風できる

ヤマノ
ヤマノ

市販の火吹き棒をブロワーの空気口に押し当てると、
離れた距離からピンポイントに送風できます。

ヨメノ
ヨメノ

うちわを使ったり、火吹き棒で風を送るよりも圧倒的に早いし楽だよ。

公式サイトでは車に積もった落ち葉を吹き飛ばしたり、カメラレンズに付着した埃を取り除いたりするのに使っています。

キャンプのシーンでは、ビーチや川沿いキャンプで道具についてた砂粒を吹き飛ばせるのがとても便利です。

ヤマノ
ヤマノ

VSGOはカメラメンテナンス用品ブランドなので、
もともとブロワー機能の研究は強いのでしょう。
かなり使い易く感じました。

テントマットの空気入れを素早く行える

ブロワー機能を使えばテントマットもあっという間に膨らませることができます。

ヤマノ
ヤマノ

特にファミリーキャンプ用のダブルサイズのマットは、
かなりの大きさなので、ブロワーがないととても膨らませられないです。

ヨメノ
ヨメノ

ハイパワーで効率的に空気を送れるブロワーがあるとやっぱり早いよね

実際にシングルマットを膨らませている様子です。

動画7秒頃からモーター強のハリケーンモードを使用していますが、膨らむ早さが分かりますね。

キャンプ以外でもデスク周りや狭い場所の掃除に活用できる

ヤマノ
ヤマノ

VSGOのハンディクリーナーは落ち着いた色合いでデスク脇に置いてもおしゃれです。

一方で掃除機部分のアダプターはゴミが溜まったままだと不潔感が出るのでこまめに捨てて綺麗に保ちましょう!

あっという間に綺麗にできるので、勉強・作業がしやすい環境が作れます。

高級感あるデザインなので、デスクの片隅に合っても違和感がありません。

画像出展:makuake

簡易ライトとして使うことができる

VSGOには簡易ライトが2つついているので、暗い場所の掃除をしたり、キャンプでトイレに行く際に持ち歩くような使い方もできます。

ヤマノ
ヤマノ

少し指向性がある柔らかな光なので、
写真を撮る時のライティングにも使いやすいです。


本来の用途ではないかもしれませんが、使っていて便利に感じました。

VSGO:AIRGOのハンディクリーナー使用時の注意点

気になるところ

・重さは500mlペットボトルよりちょっと重いくらい
・エアーマットの空気入れにフィットするアダプタはない

重さは500mlペットボトルよりちょっと重いくらい

VSGO:AIRGOのハンディクリーナーは530gくらいの重さがあります。

徒歩キャンプや軽さ重視のキャンプスタイルの方はやや重さは気になるかもしれません。

オートキャンプであれば気にならない重さです。

ヤマノ
ヤマノ

付属の袋に本体がすっぽり入るものの掃除機のアタッチメント部分は入らないので、注意が必要です。

VSGOのハンディクリーナーは実は車のドリンクホルダーに収まる大きさです。

キャンプにわざわざ持っていくのではなく、車のドリンクホルダーに入れておくようにすれば、車内の掃除がいつでもできて、忘れることがないので安心です。

画像出展:makuake

エアーマットの空気入れにフィットするアダプタはない

ヤマノ
ヤマノ

VSGOのハンディクリーナーは、
エアーマットを膨らませることに使えますが、ブロワーの空気口は四角形でマットレスの空気口にフィットするような形状ではありません。

これはマット側の空気口がメーカーによって異なるので仕方ないのですが、フィットしないので手で押さえながら作動させることになります。

ヨメノ
ヨメノ

ハイパワーだから短時間で空気注入できるけど、注意点として押さえておこうね

VSGO:AIRGO:ハンディクリーナーの使い方

ヤマノ
ヤマノ

VSGO:AIRGOのハンディクリーナーは、
2つのボタンで構成されたシンプルな作りです。

事前にチェックしておけば迷うことはないので、確認しておきましょう

各モードの切り替え方法

ライトモードのボタンは1回押すとフラッシュライトが点灯し、
もう一度押すとブロワー送風口のライトが点灯します。
さらにもう1回押すと消灯します。

ブロワー&掃除機ボタンはライトモードと違って長押しで切り替わります。

軽く押すだけだと反応しないので、誤って作動させて驚くこともないでしょう。

ヨメノ
ヨメノ

掃除機機能で吸い込んだ空気はブロワー通気口から排出されるよ
同時に作動するから無駄がない仕組みだよね

1回押すと通常モード、2回押すとハイパワーモードで起動します。

ハイパワーだと少し音は大きいので、注意しましょう。

掃除機モードで吸い込んだゴミの捨て方

画像出展:makuake

掃除機アタッチメントは反時計回りにひねりながら引っ張ると取り外すことができます。

その上でダストケースを引っ張り出して軽く振ればごみを捨てることができます。

ヤマノ
ヤマノ

特に難しいことはなく、簡単に捨てることができます
分かりやすい操作感も嬉しい点ですね

VSGO: AIRGO ハンディクリーナーの仕様

画像出展:makuakeより

VSGO:AIRGO ハンディクリーナーのまとめ

・VSGOのハンディクリーナーは高級感のあるデザインでキャンプだけでなく、
 車内やデスク周りでも活躍する便利グッズ
・1つで4役(掃除機・ブロワー・空気入れ・ライト)ができる優れもの

今回紹介したVSGOのハンディクリーナーは1台あればいろんな場面で活躍する高性能ガジェットです。

ヨメノ
ヨメノ

我が家ではキャンプだけでなく、家でも使える万能さが高評価だったよ

ヤマノ
ヤマノ

AIRGO:ハンディクリーナーはキャンプはもちろん、車内やデスク周りでも活躍する最新ガジェットなので、あなたの生活でも活躍するはず。
期間限定の販売なのでぜひ検討してみてください。

makuake 掃除機・ブロアー・空気入れ・ライト AIRGO 1台4役のハンディクリーナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました