【登山スタイル別】ブラックダイヤモンドのおすすめアイゼン

ヤマノ
ヤマノ

ブラックダイヤモンドのアイゼンにはこんなメリットがあるよ
・幅広い登山靴に適合しやすい
・見た目がカッコイイ
・高所向きの10本爪アイゼンが他メーカーより優れている

ブラックダイヤモンドのアイゼンはグリベルほどではありませんが、根強い人気のあるモデルがたくさんあります。

それでは早速「ブラックダイヤモンドのアイゼン」の実力を見て見ましょう!

初めてのアイゼンは、「10本爪のコンタクトストラップ」か「12本爪のセラッククリップ」をおすすめします。

その理由や詳細は記事をご覧ください。

この記事を書いた人

登山歴7年。夏の長期縦走から-10度以下の厳冬期テント泊まで、季節を問わず山を駆けまわっています。

ヤマノをフォローする

ブラックダイヤモンドのアイゼンを選ぶメリット・デメリット

そんな「ブラックダイヤモンドのアイゼン」ですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。

デメリット

・人気No1のメーカーではないので、情報量が少ない
・雪の付着しにくさはグリベルのアコーディオンを使った方が効果が高い

メリット

・幅広い登山靴と相性が良い傾向がある
・デザインがカッコイイ
・登山やアクティビティに合わせてアイゼン選択がしやすい

ブラックダイヤモンドのアイゼンの使用感・クチコミ

全般的なクチコミをまとめてみました。

悪いクチコミ

・取り扱ってる店舗がちょっと少ない
・鋼鉄に比べて爪が削れやすい

良いクチコミ

・初めてのアイゼンだったが残雪期の燕岳で使い易かった
・グリベルほど有名ではないが、デザインがカッコイイ
・ステンレススチール製で錆びにくい。
・補修部品が豊富。

登山靴の相性

モンブランプロGTXとの相性が良かった。アイゼンを付けていることを意識しないくらいフィット感があります。
・セラックプロを使っていますが、スカルパのモンブランプロ GTXと相性が良い。
 登山中に外れたことは一度もない。

ヤマノ
ヤマノ

やたらモンブランプロGTXを推す声が多かったです。スカルパ愛用者は必見です。

総評

アイゼンは靴との相性が一番ですが、それ以外はある程度見た目で決める要素もあります。

ブラックダイヤモンドのアイゼンは、自分の登山スタイルに合わせて選びやすいアイゼンです。

特に10本爪のアイゼンは高所使えるので、靴サイズが小さい方には特におすすめです。

ブラックダイヤモンドのアイゼンの種類

ヤマノ
ヤマノ

初めての雪山登山なら「セラック」か「コンタクト」という名がつくものがおすすめ
足サイズが24cm以上なら迷わず「セラック」が良い。24cm未満なら「コンタクト」

しんご
しんご

バックカントリー用は氷結したところを歩くことは少ないので、
「ネーベ」がいい。アイスクライミングは好みだけど1本爪の「スティンガー」が使い易い

コンタクトやセラックには返しがついていて、下山時も安定感があります。

ネーベはスノーブーツや山スキーの靴にも着用できる他プです。

ブラックダイヤモンドアイゼンの付け方の違い

ヤマノ
ヤマノ

どのアイゼンが使えるかは、お使いの登山靴によって変わります。
コバと呼ばれるでっぱりがあるか確認してみましょう

あすか
あすか

コバがないならストラップタイプなんだね。

ゆうや
ゆうや

セミワンタッチとワンタッチは装着が簡単だから、
使えるならそっちの方が便利だよ

【雪山登山用10本爪】ブラックダイヤモンド「コンタクト」

特徴

  • 靴サイズが24cm未満で高山に登るけど敢えて10本爪を選択したい人に強くおすすめ
  • 靴サイズが24cm以上なら1つ下の「セラック」の方がおすすめ
  • 返しが付いており、安定感がある

【ストラップタイプ】ブラックダイヤモンド:コンタクトストラップ

ヤマノ
ヤマノ

ブラックダイヤモンドのコンタクトは、
10本爪でありながら返しが付いた鋭利な爪先で
靴サイズが24cm未満の方なら間違いない選択となります

ゆうや
ゆうや

足サイズが小さいなら12本爪の「セラック」よりもおすすめだね

【セミワンタッチタイプ】ブラックダイヤモンド:コンタクトクリップ

コンタクトストラップのセミワンタッチタイプが「コンタクトクリップ」です。

装着がしやすく歩きやすいので、コンタクトストラップと同様に初めての方がよく選ぶモデルです。

【雪山登山用12本爪】ブラックダイヤモンド「セラック」

特徴

  • 登山靴に合うタイプを選ぶこと

ヤマノブログに寄せられたクチコミ(Hさんより)

・これまでは紐を何箇所も通すタイプのアイゼンを使って脱着にとても時間がかかっていました。

このセラックのセミワンタッチタイプのアイゼンを使ってみたら、脱着がとても楽になりました。

雪山でも登山口付近は地面が露呈している場所も多いです。

また山小屋の玄関中に入るときはアイゼンを取らなければいけないです。
そんな場所の状況に合わせてすぐに脱着できるようになりました。

【ストラップタイプ】ブラックダイヤモンド:セラックストラップ

【セミワンタッチタイプ】ブラックダイヤモンド:セラッククリップ

【セミワンタッチタイプ】ブラックダイヤモンド:セラックプロ

【バリエーションルート向け】ブラックダイヤモンド:セイバートゥース

【ワンタッチタイプ】ブラックダイヤモンド:セイバートゥース プロ

ゆうや
ゆうや

このシリーズは上級者向けのバリエーションルートに向いてるよ。
冬にしか登れないバリエーションルートは楽しいよ

【バックカントリー向け】ブラックダイヤモンド:「ネーベ」

【ストラップタイプ】ブラックダイヤモンド:ネーベストラップ

ヤマノ
ヤマノ

踵部分の締めで隙間ができやすいので注意

【ワンタッチタイプ】ブラックダイヤモンド:ネーベプロ

【アイスクライミング専用】「スティンガー」&「サイボーグ」&「スナッグル」

【ワンタッチタイプ】ブラックダイヤモンド:スティンガー

悪いクチコミ

・爪の長さが短いので、下りの安心感は「G12ニュークラシック」の方があった

良いクチコミ

・爪の長さも長過ぎず丁度良かった
・アンチスノーが優秀で団子にならず、比較的歩きやすい

【ワンタッチタイプ】ブラックダイヤモンド:サイボーグプロ

【ワンタッチタイプ】ブラックダイヤモンド:スナッグルトゥース

ヤマノ
ヤマノ

スナッグルは岩場とのミックスした状況に便利です。
前爪が1本なので、正確な足運びができます。

合わせて選びたいブラックダイヤモンドのアイゼンケース

深い雪の環境を歩くならワカン・スノーシューも必要となる

ブラックダイヤモンドのアイゼンのまとめ

本日ご紹介した「ブラックダイヤモンドのアイゼン」

雪山登山に挑戦される方はぜひチェックしてみてください。

その他メーカーのアイゼンも合わせてみたい方は以下をご覧ください。

アイゼン全般が見たい方は以下になります。

【2022年】登山用アイゼン(クランポン)の選び方やおすすめモデル
軽アイゼンやチェーンスパイクから本格的な12本アイゼンなどの種類と用途、どんなものを選んだら良いか紹介します。アイゼンがあればどんな景色が見えるようになるのか、見てみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました