【2022年】パタゴニアのバギーズショーツはダサい!? 人気の理由と選び方

暑い季節が近づいてきています。

服装も軽めになりハーフパンツの活躍する時期ですね。

海や山、アウトドアシーンのみでなく、日常生活もハーフパンツで過ごすことが多い季節。

使う頻度が高いだけに、コスパももちろんだけど

デザインもおしゃれで気に入って履けるものが

ほしいよね〜。

そこで今回は、海や山はもちろん、日常のタウンユースにも最適なパタゴニア・バギーズショーツの解説です。

「一着で遊びも日常も済ませたい!」という私と同じ欲張りな方、機能性のみでなくデザイン性も重視で選びたい方もぜひ最後までご覧ください。

この記事の結論
・アウトドアシーンから日常タウンユースまで一着でこなせるコスパの高さで財布にも優しい
・優れたデザイン性はスタイルを気にするオシャレさんや若い世代も満足できる品質
・タフで頑丈な作りでハードなアウトドア・アクティビティも心配なし
・普遍的なデザインと丈夫な作りで何年でも履き続けられる

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

パタゴニアのバギーズショーツは夏に人気な定番ショーツ(短パン)

1982年の誕生以来、暑い季節の定番として数多くのユーザーから愛され続けているアイテム。

毎年夏前には人気カラーやサイズが売り切れてしまうこともあります。

ロングセラーと人気の理由は

  • 速乾性や頑丈さなど優れた機能でアウトドアシーンでガンガン使い倒せるタフさ
  • 優れたデザイン性でアウトドアシーンのみでなくタウンユースにもハマる汎用性の高さ

バギーズショーツにはアウトドアシーンでタフに使用するための工夫がなされています。

特に速乾性能は抜群で、水に濡れても履きっぱなしですぐに乾きます。またインナーはメッシュライナーになっているので下着なしでもOK。

水着代わりに「ドボン」と使っちゃえます。

バーギーズショーツが水陸両用パンツと呼ばれる

由縁ですね。

お子さんを連れて水辺に遊びに出かけても、いろいろ気にせず一緒にはしゃぎまくれるのも利点ですね。

また着替えの枚数も減らせます。汗かいて水に「ドボン」して、その後履きっぱなしで乾かしてそのまま帰宅という荒技も可能。

そこまでしなくても速乾性のあるバギーズは、着替えの枚数を確実に減らしてくれます。

バギーズショーツは下記のような特徴からアウトドアシーン以外でも

使い勝手が良いアイテムです。

  • ナイロン素材ながらコットンに近い質感でタウンユースにも違和感がない。
  • 様々なカラーバリエーションがあり手持ちのアイテムと合わせやすい
  • デザイン性も優れている

実際、アウトドア遊びはほとんどしない層にもバギーズショーツは夏の定番として定着しています。

街を歩いていて注意してみていると結構バギーズショーツを見かけますね。

速乾性能のおかげで汗をかいてもすぐ乾き、不快感なく、涼しく、肌触りが良いということでついついバギーズばかりヘビーローテーションになってしまう。そんな履きごごちです。

パタゴニアのバギーズショーツは一部でダサいという声もある

1982年の誕生以来愛され続けているバギーズショーツですが、一部で「もう古い」「ダサい」と言う声も耳にします。

今は様々なブランドからショーツが販売されてますからね。

新しもの好きにはダサく感じられるのかも。

ただ、バギーズショーツのデザインには時代を超えた普遍性があると思います。

下はコーディネートの一例。

引用:wear.jp

いかがでしょうか。若い世代が着ても決して「ダサく」はないですね。

長く、いつでも、何にでも」使えるのがバギーズショーツの魅力。

ただバギーズショーツの5インチ丈は、太ももまで見えるぐらいの丈なので、人によっては「太ももまで見えるのはちょっと・・」

と思う方もいるかと。

そう言った場合は、「バギーズロング」という7インチ丈のラインナップがあります。

引用:wear.jp

こちらならちょうど膝上までの丈になるので、「太ももちょっと派」も気後れなく履けるかと思います。

どちらを選んでもバギーズは決してダサくなくコーディネートの要となってくれますよ。

長年履き続けられているにはそれなりの理由と価値があるからですね。

2022年のパタゴニアのバギーズショーツ

2022年の変更点

2022年のバギーズショーツは以下の3点が旧モデル

からの変更となっています。

①素材変更 廃材の漁網を利用したリサイクルナイロンへの素材変更。パタゴニアは環境保護の観点から「ネットプラス」と言う取り組みによりリサイクル素材をバギーズに限らず使用しています。有害なプラスチックが海へ流れ出ないようにする取り組みの一環。

②価格変更 素材変更に伴い、旧モデル「7,150円」から「7,920円」へ数百円値上げ。

③デザインロゴの追加 ロゴパッチが通常のP6ロゴではなくデザインパッチになっているカラーが2種類あり。(下記2カラー)

patagonia公式サイト
patagonia公式サイト

展開カラー

patagonia公式サイト

:展開カラー全12種類
:重量204g
:リサイクルナイロン素材

展開カラーは全12種類。

前項でも述べたとおりデザインパッチ

のカラーが2種類あります。

バギーズショーツ(5インチ)のサイズ感

バギーズショーツのサイズ感ですが、シルエットは比較的「ゆったり」め。そのおかげで素材自体に伸縮性はないものの、動きにくさやつっぱり感はありません。

ただ、パタゴニアはUSサイズなので、ワンサイズ小さなものを選んだ方がジャストサイズになる場合があります。例えば普段MがジャストならSサイズを選ぶということ。

履くぶんには、ドローコードでウエストを調節しますので大きめでも問題ないですが、裾幅は広くなってしまいますね。裾幅が広すぎると「ダボ」っとして野暮ったく見えてしまします。

選ぶ際にはウエストのサイズをよく確認するのがコツです。

 XSSMLXLXXL
ウエスト333639434751
股上292930323435
股下131313131313
patagonia公式サイト バギーズショーツサイズ表

股下5インチのバギーズショーツは結構短めなので人によっては

  • 太ももまで出るのは恥ずかしい
  • 街中で使いずらい

と感じる方もいるかと思います。

そう言った方にはバギーズロングと言う少し長め

の7インチ丈のモデルがあります。

引用 wear.jp

バギーズロングの7インチ丈はまっすぐ立ってちょうど膝の上あたり。長さ以外のサイズ感は5インチと同じ。

こちらなら太ももまで見えるのに抵抗のある人も問題ないかと思います。

もう一つの選択肢としてバギーズライトが

あります。

バギーズライトの丈は6インチ。バギーズショーツとロングの中間の長さです。

patagonia公式サイト

バギーズライトは、バギーズショーツを「軽量化」して「細身」にしたアイテム。

シルエットも「シュッ」としてますね。重量はバギーズショーツ204gに対し173g。

よりシャープなシルエットを好む方はバギーズライトがおすすめかもです。

また軽量なのでトレランやロングハイクなど、よりアクティブな使い方がしたい方にもおすすめ。

3パターンどれを選んでも速乾性や使い勝手は

変わらないので自分の好みにあわせてチョイス

してみてください。

バギーズショーツは公式オンライン通販で購入するのが良い理由

セール・アウトレット価格で入手できる

パタゴニアの公式サイトでは現行モデルのみでなく、旧モデルやアウトレットのアイテムも手に入れることができます。

例えばバギーズショーツも、アウトレットなら旧モデルが7150円→5005円で手に入ったりします。公式サイトでこれだけアウトレットアイテムを販売してくれるのはユーザーとしては嬉しい限り。

環境問題に敏感なパタゴニアですから、廃棄をなるべく出さない取り組みなのでしょうね。

類似品・コピー製品の心配がない

パタゴニアは非常に人気のあるアウトドアブランドです。したがって残念ながら類似品・コピー製品も出回ってしまっています。

悪質なサイトなどでは、偽物を本物と称して販売している場合もありますから注意が必要。

パタゴニアは公式サイトおよび正規取扱店以外での製品の販売を認めていません。

アマゾンなどに出回っているパタゴニア

製品は並行輸入品や、悪質な場合は偽物

の場合もありえます。

公式サイトを利用して購入することでそういった類似品・コピー製品を購入してしまう危険も回避することができます。

製品保証や修理サービスがしっかりしている

公式サイトや正規取扱店で購入した製品についてパタゴニアはしっかりとした製品保証をしています。

何か製品に不備があったり、問題点があった場合「交換」「修理」などしっかりと対応。

また通常の修理サービスもしっかりとしていますので、愛用のアイテムが破れたり故障した場合も安心して修理を任せられます。

パタゴニアは環境保護のため売上の1%を

を活動に利用しています。パタゴニアの公式

サイトや正規店で買い物をすれば自然とそう

いった活動に寄与できるのも良いところですね。

パタゴニアのバギーズショーツ&バギーズライト

メンズ

:バギーズショーツ

様々なアイテムと合わせやすい濃色ブルーカラー。一着持っていればどんな時にも使えるので便利ですね。

カラー:Tidepool blue
サイズ:XS / S / M / L / XL / XXL
重さ:204g

:バギーズライト

鮮やかな明るいブルーカラーは、天気の良い休日に思いっきりアクティブに使ってみたいですね。

カラー:Byou Blue
サイズ:XS / S / M / L / XL / XXL
重さ:173g

レディース

:バギーズショーツ

スタンダードで使い勝手の良いブラックカラーは、合わせるアイテムも選ばずどんなシチュエーションにもハマります。

カラー:Black
サイズ:XXS / XS / S / M / L / XL /XXL
重さ:142g

ボーイズ

:バギーズショーツ

ボーイズはサイズによって股下の丈が違います。

下にサイズ表を載せておきます。

 XSSMLXLXXL
ウエスト272830323437
股上212326272931
股下131518192022
patagonia公式サイト

男の子らしい濃いブルー。汚れも若干目立ちにくい?かも。遊び盛りの男の子の使用し耐えるタフさは頼もしい限り。

カラー:New Navy
サイズ:XS / S / M / L / XL / XXL
重さ:130g

ガールズ

:バギーズショーツ

鮮やかなカラーは活動的な女の子によく似合います。タフでカワイイアイテムで夏を彩ってみましょう。

カラー:Coral
サイズ:XS / S / M / L / XL / XXL
重さ:94g

まとめ

1982年の発売から多くの人々に愛されてきたバギーズショーツ。

機能的で、水着代わりにもなり、日常もこなせる。

まさに、「水・陸・街」3用の頼もしい相棒ですね。

あなたもこの夏ぜひバギーズショーツを手にしてみてください。気がつけば

「最近バギーズしか履いてなかったわ」となるかも。

この記事の結論
・アウトドアシーンから日常タウンユースまで一着でこなせるコスパの高さで財布にも優しい
・優れたデザイン性はスタイルを気にするオシャレさんや若い世代も満足できる品質
・タフで頑丈な作りでハードなアウトドア・アクティビティも心配なし
・普遍的なデザインと丈夫な作りで何年でも履き続けられる

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました