【口コミ・評判】アンカーのおすすめポータブル電源

近年、キャンプや災害時の電源確保を目的にポータブル電源が注目を集めています。

ただ、ポータブル電源を提供している会社は非常に多く、また、その会社でも様々なモデルをラインナップしているため、初心者の方はどれを買えばいいか分からない状況になっています。

この記事ではアンカーのポータブル電源の仕様や良い点、悪い点を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

画像出展:anker公式サイト

この記事の結論
・ankerはモバイルバッテリーなどの電化製品に強く、大容量のポータブル電源も品質が高い

とりあえずポータブル電源を試してみたい方は人気第1位のAnker PowerHouse II 400[389Wh]

人と違うものが好きな方は、アルミ筐体の美しい「Anker PowerHouse 434 」がおすすめ

この記事を書いた人

ギアをこよなく愛する道具オタクです。

アウトドア情報発信
月間1300万PVの大手メディア記事監修
2021年企業依頼受注実績22件
YouTube収益化済 | 登山歴8年
総執筆記事2000件以上
みんラン公認登山マイスター|pippin公認プロ

ヤマノをフォローする

アンカー(Anker)とは?

どこの国?どんなブランド?

Ankerの本社は中華人民共和国深圳市にあり、世界No.1のモバイル充電ブランドです。取り扱っている製品はコンパクトなモバイルバッテリーから大容量のポータブル電源、充電器、ケーブル等様々な製品を販売しています

アンカーのポータブル電源の特徴

次にアンカーのポータブル電源の特徴について紹介します。まず、ポータブル電源はコンパクトな電池容量から大容量なモデルまでフルラインナップとなっています。

どのモデルも色々な情報がポータブル電源に搭載されたディスプレイに表示されるので、とても見やすく、すぐに内容を把握することができます。

もう一つの特徴としては、基本的にAC出力が110Vになっていることです。日本の家電製品は基本的に100Vイメージですが、電気用品安全法によると90〜110Vまで対応するように定められているので、安心して使用できます。

シリーズ種類は「Portable Power Station」と「Anker PowerHouse」の2種類

Portable Power Stationはその名の通り電池容量が多いモデルとなっていて、その分値段も高価になります。Anker PowerHouseは電池容量が少ないモデルとなっていますが、比較的値段も安く、初心者でも手に入れやすい価格帯となっています。

ポータブル電源は自分の用途にあったモデルを選択することが大切ですので、ポータブル電源を使って何がしたいかを考えながらモデルを選ぶといいと思います。

電池容量(大容量 or 小容量)

アンカーでは大きい電池容量から小さい電池容量まで幅広くラインナップされており、用途に合わせたモデルを選択することができます。

容量は最小で97.2wh、最大で1229Whの物もあります。接続する電化製品の機種や消費電力によって異なる部分はありますが、おおよその目安としては日帰り等のデイキャンプであれば、200wh〜400wh、1泊のキャンプ用途であれば400wh〜700wh、防災目的であれば1000wh以上となります。

容量が大きくなるにつれて購入価格も増加していくので、使用したい電化製品や用途に合わせて適切な容量を選択する事が必要です。

定格出力

まず定格出力とは、ポータブル電源が指定された条件下で安全に達成できる最大の出力のことを指します。

アンカーでは1500Wもの定格出力を誇るモデルもあり、使用する電化製品にもよりますが、電気毛布や冷蔵庫、テレビ、ドライヤーなど様々な家電製品を動かすことができます。

ここまで様々な電化製品を動かすことができれば、1台で防災時も活躍間違いなしですし、電気毛布や、電気ケトル等を使った快適なキャンプ時間を過ごすことができるでしょう。

ソーラー充電

アンカーのポータブル電源はソーラー充電に対応しています。

付属のACアダプターからの充電以外に、ソーラーパネル (別売り) を用いて屋外で充電することができますので、ソーラーパネルを持っていれば災害時でも電源を確保することができます。

走行充電

付属のケーブル内蔵カーチャージャーを用いて車内のカーソケットから充電することができます。通常の充電よりも時間がかかるので、注意が必要です。

防水機能

アンカーのポータブル電源には基本的に防水機能はありませんが、モデルによってはACポートやDCポートにカバーがついている機種もあります。全くカバーがないよりも安心できますが、水辺での使用については注意しましょう。

寿命・耐久性

アンカーのポータブル電源は安全性の高さと電池寿命の長さが特徴のリン酸鉄リチウムイオン電池の中でも特に高品質なセルを採用し、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命バッテリーを実現しています。

「アンカーのポータブル電源」を選ぶメリット・デメリット

「アンカーのポータブル電源」のデメリット

「アンカーのポータブル電源」のデメリットは以下となります。

  • 防水仕様ではないため、水周りでの使用は注意が必要
  • ラインナップが多く、自分に合ったモデルをしっかり吟味する必要がある
  • 人気ブランドの為、キャンプ場で同じ機種を使っている人と出会う可能性が高い

「アンカーのポータブル電源」のメリット

  • 長寿命で長い間安心して使用することができる
  • コンパクトでスタイリッシュな形状
  • 大容量モデルでも比較的お求めやすいお値段

アンカーのポータブル電源の使用感・評判・クチコミ

悪い口コミ

AC 100W も出力していない状態なのに、何かの拍子に出力 OFF になる。初期不良か?

Amazonレビューより引用

充電差し込み端子があるグラグラで充電できなくなった、使ってるうちにゆるゆるになる。ただの鉄くずと化した

Amazonレビューより引用

良い口コミ

これ以上大きいと持ち運びしたくないな、でも容量はそこそこないと困る!という望みをかなえてくれる一品。デザインも丸みを帯びてて、インテリアとしても邪魔をしません。たけるくんでご飯も炊けましたよ!自然放電もあまりしないので、ずっと充電してなくてもモチがいいのも高評価です。

Anker公式サイトより引用

前に1500wの他社の製品を使用していたが、古くなり、長寿命ポタ電なりAnkerを使用して、コスパ、長寿命を実感したいです。

Anker公式サイトより引用

総評

アンカーは小容量モデルから大容量モデルまで幅広くラインナップされています。

デイキャンプや持ち運びをメインに考えるとPowerHouse200がお勧めで、災害時の緊急電源として活用したいのであれば、数日分の電気を賄うことができる757PotablePowerStationがお勧めです。

以下の記事では、人気順ベースで各機種の良い点と悪い点を紹介しています。読み進めていただき購入について検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのアンカーのポータブル電源

アンカーは人気ブランドのジャクリーのポータブル電源と比較されることが多いので、合わせて検討しましょう。

人気1位:Anker PowerHouse II 400[389Wh]

ACポートの定格出力  :AC 110V
出力波形        :純正弦波
ソーラーパネル充電対応:◯
防水機能       :無
カーチャージ機能   :有
パススルー充電機能  :有
ライト機能      :有
使用可能温度     :0〜40℃
保証期間       :18カ月
重量         :4.62kg
サイズ        :255×148×139mm
入力ポートの種類・数 :USB Type-C 1口,DC 1口(充電器、ソーラー充電、シガー充電)
出力ポートの種類・数 :AC 110V 1口,USB Type-A 3口,USB Type-C 1口,DC 3口

ヤマノ
ヤマノ

Anker PowerHouse II 400[389Wh]は、高出力な家電製品には対応していません。

しかし、定格出力が300Wあるので扇風機や小型冷蔵庫を動かすことができます。価格についてもバランスが取れていて、最初の一台として向いているからです。

良い点

・高い強度と耐久性を持っていて、アウトドアでも安心して使用可能

・大容量のバッテリーを搭載しつつ、取手形状で持ち運びやすい

・純正弦波なので安心して電化製品を使用することができる

悪い点

・定格出力が350Wのため、ドライヤーのような高出力な電化製品は動かせない

・防水仕様ではないため、水周りでの使用は注意が必要

人気2位:Anker PowerHouse 434 [434Wh]

ACポートの定格出力  :AC 110V

出力波形        :純正弦波

ソーラーパネル充電対応:◯

防水機能       :無

カーチャージ機能   :有

パススルー充電機能  :有

ライト機能      :無

使用可能温度     :0〜40℃

保証期間       :18カ月

重量         :4.2kg

サイズ        :200×145×165mm

入力ポートの種類・数 :DC 1口(充電器、ソーラー充電、シガー充電)

出力ポートの種類・数 :AC 110V 1口,USB Type-A 4口,DC 1口

ヨメノ
ヨメノ

「Anker PowerHouse 434 」は他の機種は黒色なのですが、このモデルのみシルバーの外板をしていて一目見て格好良さを感じた方は購入してはいかがでしょうか。
もちろん出力ポートも揃えていてポータブル電源としての性能は問題なくキャンプや災害時に使用できます。

良い点し

・必要にして十分な容量。小型冷蔵庫であれば7時間稼働可能なためキャンプで活躍。

・地方自治体でも非常時の電源供給用で採用されている安心感

・外装がアルミニウムのため高級感がある

悪い点

・USB Type-Aポートしかない

・ドライヤーのような高出力の電化製品には対応していない

・防水仕様ではないため、水周りでの使用は注意が必要

人気3位:Anker PowerHouse II 800 [778Wh]

ACポートの定格出力  :AC 110V 2口

出力波形        :純正弦波

ソーラーパネル充電対応:◯

防水機能       :無

カーチャージ機能   :有

パススルー充電機能  :有

ライト機能      :有

使用可能温度     :0〜40℃

保証期間       :18ヶ月

重量         :8.3kg

サイズ        :300×185×204mm

入力ポートの種類・数 :USB Type-C 1口,DC 1口(充電器、ソーラー充電、シガー充電)

出力ポートの種類・数 :AC 2口,USB Type-C 2口,USB Type-A 4口,DC 3口

良い点

・長期保管でもすぐ使用可能な安心感

・ディスプレイ表示で情報が見やすい

・30Wの扇風機を約19時間稼働可能な大容量電池で夏キャンプで活躍間違いなし

悪い点

・他のモデルに比べると電池容量が大きいため少し重量が重い

・ドライヤーのような高出力の電化製品には対応していない為、使いたい電化製品を見極めて購入する必要がある。

・防水仕様ではないため、水周りでの使用は注意が必要

人気4位:Anker 521 Portable Power Station[256Wh]

ACポートの定格出力  : AC 110V 2口

出力波形        : 純正弦波

ソーラーパネル充電対応:◯

防水機能       :無

カーチャージ機能   :有

パススルー充電機能  :有

ライト機能      :有

使用可能温度     :0〜40℃

保証期間       :18ヶ月

重量         :3.7kg

サイズ        :216×211×144mm

入力ポートの種類・数 :USB Type-C 1口,DC 1口(充電器、ソーラー充電、シガー充電)

出力ポートの種類・数 :AC 2口,USB Type-C 1口,USB Type-A 2口,DC 1口

良い点

・軽量で持ち運びやしやすい形状

・55Wの電気毛布であれば、約3時間使用可能で少し冷える秋キャンプでも使用可能

・ソーラー充電に対応していてクリーンなエネルギーを使える

悪い点

・防水機能がないため、水周りでの使用は注意が必要

・定格出力が200Wを超える機器には対応していない為、使いたい電化製品を決めてから購入検討した方が良い

>>Abker 521 portable power station

人気5位:Anker PowerHouse 200  [出力213Wh]

ACポートの定格出力  :AC 110V 1口

出力波形        :純正弦波

ソーラーパネル充電対応:◯

防水機能       :無

カーチャージ機能   :有

パススルー充電機能  :有

ライト機能      :無

使用可能温度     :0〜40℃

保証期間       :18ヶ月

重量         :2.7kg

サイズ        :190×138×118mm

入力ポートの種類・数 :USB Type-C 1口,DC 1口(充電器、ソーラー充電、シガー充電)

出力ポートの種類・数 :AC 1口,USB Type-C 1口,USB Type-A 2口,DC 1口

良い点

・非常に小型軽量で、デイキャンプ等でスマホの充電やミニ扇風機等を使うには十分な性能

・USB PD充電対応で高速に充電可能

・純正弦波で安心して使用可能

悪い点

・防水機能がないため、水周りでの使用は注意が必要

・軽量モデルではあるが使える電化製品が限られるので、使いたい電化製品に対応しているかチェックが必要

人気6位:Anker 535 Portable Power Station[512Wh]

ACポートの定格出力  :AC 110V 4口

出力波形        :純正弦波

ソーラーパネル充電対応:◯

防水機能       :無

カーチャージ機能   :有

パススルー充電機能  :有

ライト機能      :有

使用可能温度     :0〜40℃

保証期間       :18ヶ月

重量         :7.6kg

サイズ        :292×251×188mm

入力ポートの種類・数 :USB Type-C 1口,DC 1口(充電器、ソーラー充電、シガー充電)

出力ポートの種類・数 :AC 4口,USB Type-C 1口,USB Type-A 3口,DC 1口

良い点

・省電力モードを搭載し不要なバッテリー消費を未然に防げる

・USB Type-Cと充電器の同時充電でわずか2時間30分で80%まで充電可能

・55Wの電気毛布であれば、約6時間使用可能で冬キャンプでも使用可能

悪い点

・防水機能がないため、水周りでの使用は注意が必要

・定格出力が500Wあるため殆どの家電製品に対応しているが、大出力が必要なドライヤー等には対応していない

人気7位:Anker 757 Portable Power Station[1229Wh]

ACポートの定格出力  :AC 110V 6口

出力波形        :純正弦波

ソーラーパネル充電対応:◯

防水機能       :無

カーチャージ機能   :有

パススルー充電機能  :有

ライト機能      :有

使用可能温度     :0〜40℃

保証期間       :18ヶ月

重量         :19.9kg

サイズ        :463×288×237mm

入力ポートの種類・数 :AC 1口,DC 1口(充電器、ソーラー充電、シガー充電)

出力ポートの種類・数 :AC 6口,USB Type-C 2口,USB Type-A 4口,DC 1口

良い点

・大容量モデルにも関わらず、独自の超急速充電技術により1時間で80%まで充電可能。1時間30分で満充電まで完了する。

・2人で運びやすいダブルグリップ形状

・UPS(無停電電源装置)搭載で安心

悪い点

・重量が重く持ち運びには不向き

・防水仕様ではないため、水周りでの使用は注意が必要

・アンカーを代表する大容量モデルのため、価格が高く、初心者がいきなり買うには覚悟が必要

まとめ

アンカーのポータブル電源について、人気順に沿って良い点と悪い点を交えながら紹介しました。初めてポータブル電源を購入するような方は値段と使える電化製品のバランスが取れているAnker PowerHouseⅡがお勧めです。

災害時の非常電源としての活用を考えている方は大容量モデルの757PotablePowerStationがお勧めです。これ一台あれば、数日分の電力を確保できるので非常時でも安心して過ごすことができます。

あなたにとって最適な一台に出会えることを願っています。

キャンプ
ローレンジバナー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
ヤマノをフォローする
ヤマノブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました